So-net無料ブログ作成
検索選択

ようこそ! 倶生山(ぐしょうさん)なごみ庵HPへ!

なごみ庵は2006年に開所した、ちいさな新しいお寺です

〜定例行事予定〜
・2月 6日(第1金):長いきの会 14時
・2月13日(第2金):法話会   13時・19時
・2月20日(第3金):写経会   10時半・14時
・2月の笑いヨガはお休みです m(_ _)m (3月は27日です)
※いずれの会も1時間ほど、その後茶話会(参加自由)があります
※いずれの会も参加費500円ほどお願いしています
(写経初回と夜法話会のみ1000円ほどお願いします)
※宗教・宗派を気にせずおいで下さい
※初回来場者には腕輪念珠プレゼント

〜課外活動予定〜
盆おどり部 2月6日(金)17時 平川町内会館にて 参加費無料
・写経会in神之木地区センター(横浜線大口駅 東口より徒歩4分)
 毎月第1・3(火)18時半〜
前の10件 | -

「本日のお坊さん」出演しました〜 [その他色々]

2015年1月28日、恵比寿の寺子屋ブッダ・ラボで開催された「本日のお坊さん 〜こだわり説法コレクション〜」でお話しするご縁を頂きました。

寺子屋ブッダ

通常の法話とは違い、最初にコンシェルジュの大來さんと対話をします。大來さんはハーバード大学に留学経験を持つ異色の僧侶で、テレビ朝日の「ぶっちゃけ寺」にご出演されています。
大來さん曰く「お坊さん版『徹子の部屋』にしたい」との企画です。
10951385_776775395736813_1476707993_n.jpg

対話が終わると、慣れ親しんだ単独の法話になります。
とは言っても場所の雰囲気も違いますし、聴衆の層も違います。直前には久々に感じるレベルの緊張感が去来し、法話の時もテンション高め、口調も早めになった気がします。
…が、終わった後に聞いてみると、落ち着いてゆっくり話していたそうです (^_^;) 
10957486_776844159063270_849431848_n.jpg

法話のテーマに選んだのは、尊敬する師の座右である「遠く宿縁を慶べ」。
10933121_776844379063248_434178127_n.jpg
どれだけお伝えできたかわかりませんが、いつもと違う雰囲気の中、緊張しつつも楽しい時間を過ごしました。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

生協「ゆきげ」さんのHPでご紹介 [死の体験旅行]

2015年最初の「死の体験旅行」ワークショップは、横浜市緑区の十日市場地区センターさんからのご依頼。珍しいことに公共施設での開催でした。

その時に受けて頂いたのが、生協(コープ)の葬祭部門の方。
しかも、会社内に遺族のグリーフケア(喪失による悲嘆のケア)部門があり、そこの担当の方なのだそうです。本来、葬儀前後の期間でのみ遺族と関わるであろう葬儀社さんに、葬儀後に長くケアをする部門が出来ていることに驚きました。

で、後日その方が会社のブログに体験談を掲載して下さいました。
よろしければリンク先をご覧下さい (^_^)

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

講演予定いろいろ [その他色々]

ちょこちょことお話させて頂く機会がございます (^_^)

まずは2015年1月28日(水)19時30分より
寺子屋ブッダ(恵比寿)
「本日のお坊さん〜こだわり説法コレクション〜」

ハーバード大学に留学経験を持つ大來尚順さんがコンシェルジュとなって、ゲストの僧侶とトークライブを繰り広げます。途中にソロで法話をする時間もあり、いつもの法話会とは全く違う雰囲気・距離感ですので、今からちょっと緊張しています (^_^;) 

詳細情報
お申し込みはコチラ


お次は2月14日(土)18時より
ねっと99夢フォーラム(千葉県大網白里市)

金子みすゞ ひとり舞台


そして翌日2月15日(日)12時30分
大和つくし断酒会 結成45周年記念大会

ちょっと珍しい講演のご縁です。
どんなお話をしようか考え中です (。・・。) 

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2015年1月号 [和庵だより]

◇ 学・錬・發 ◇

 毎年末に清水寺の貫首さまが、その年を表す一文字を書かれます。昨年は「税」でしたが、私はいまいちピンと来ませんでした。
 さて、昨年私が心がけたのは「錬」という文字でした。詳しく説明すると、一昨年は私にとって様々なことを「学ぶ」年でした。その学んだことを自分の中でじっくりと錬りあげるのが昨年でした。
 今年の目標は、学び、錬りあげたことを発していくことです。でも、どの年も学びがあり、錬る過程があり、発していく場があります。全てが密接に絡み合って、私を形づくる縁となっています。
 つい、良いことが起きた時だけ「ご縁」と喜ぶ私たちですが、実は良いことも悪いことも、すべて「縁」で成り立っています。また「人間万事塞翁が馬」という言葉がある通り、目先の良いこと・悪いことは、後々に逆転する場合もあります。落ち着いて物事を見る目を養いたいと念じていますが、きっと今年も慌ただしく過ごすことと思います。

 話は変わって、ご案内です。知人で写経を専門とする書家さんがいます。昨年「法隆寺管長賞」を受賞し、横浜で開催される展示会でも展示されます。様々な作品の中に、珍しく写経作品も十点ほど展示されるそうです。なごみ庵でも第三金曜日に写経会をしているので、私も観に参ります。皆さんもぜひ足をお運び下さい。

平成二十七年 第六十四回 學會展 横浜特別巡回展
 平成二十七年一月二十日(火)〜二十六日(月)
 十一時〜十九時(初日十四時〜・最終日十五時まで)
 みなとみらいギャラリー ギャラリーA 入場無料
 (本展は一月十二日〜十七日 上野 東京都美術館にて)

△ お 知 ら せ △
@NHK Eテレ「趣味Do楽」に友人僧侶出演
友人で料理僧の青江覚峰さんが、NHK Eテレの「趣味Do楽」に出演しています。
昨年12月3日から毎週水曜日(大晦日除く)、1月は7日・14日・21日・28日放送。

@毎週金曜日の行事
1月は1週ずれて、第2金曜日から始まります。ご注意下さい。

@ピックアップ…長いきの会
毎月第1金曜日(1月は第2金曜日)に開催している「長いきの会」。いったい何をするのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。舞台女優でもある坊守による、演劇仕込みの発声方法や呼吸法を行っています。
まずはラジオ体操。声を出すのはノドだけでなく、全身を使うのです。また、腹筋を引き締めながら声を出す練習をしますので、体幹も鍛えられます。
お腹から声を出すための呼吸法、表情豊かに声を出すための顔ヨガ、早口言葉などもします。
最後は短いお経をお勤めしますが、人数以上の声が出てビックリ! 終わった後の茶話会でも、会話がいつもより大きな声で響いています。ぜひ一度、遊びに来て下さい。

@3月29日(日)倶生の碑 見学会&合同墓参
昨秋 三浦霊園に完成した合同墓「倶生の碑」は、桜の花咲く季節に合同墓参を行います。
また、見学なさりたい方も是非ご一緒いたしましょう。詳細は次号以降掲載いたします。

@課外活動 盆おどり部…毎月1回 平日夕方 平川町内会館にて 詳細はなごみ庵まで!

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

なごみ庵合同墓「倶生の碑」 [<HPメニュー>]

「倶生の碑」
平成26年9月、三浦霊園に なごみ庵合同墓「倶生の碑」が完成しました。
P1040455.cng.jpg
<シンボルの球体には、親鸞聖人の筆跡で「南无阿弥陀仏」が彫られています>

三浦霊園は平成2年に開園した、公益財団が運営する公園墓地です。
12万5千平方メートルの敷地の中で、お墓の部分は約4分の1に抑え、ゆったりと通路を確保し、また日本庭園などもあって景観豊かです。
P1040359.cng.jpg
<青い空、緑ゆたかな景観、その向こうには海が>

P1040031.cng.jpg
<日本庭園の東屋で休憩も出来ます>

その三浦霊園の桜並木の区画に、「なごみ庵合同墓『倶生の碑』」を建立いたしました。以前からご縁の方にお墓の相談を頂いていましたが、なかなか良い方法が見つからず、ようやくたどり着いたのがここでした。
P1040268.cng.jpg
<大島桜とソメイヨシノが植えられる桜並木を背にしています>


P1040447.cng.jpg
少し変わった形をしています。
地上部分は納骨スペースになっていて、一定期間お骨はそこに安置されます。
やがてお骨は地下カロートに移され、土に還っていきます。

私がこだわったのは「お参りのしやすさ」です。
今までの僧侶の経験で、道から段差があったり、しゃがまないとお線香が供えられないお墓は、高齢になるとお参りしにくかったり危険だったりします。
P1040456.cng.jpg
そのため、道からの段差を最低限にし、車イスでもお墓の目の前にたどり着けるようにしました。
また、お線香を供える香炉(球体の台座の手前)は腰の高さですので、車イスでも立ったままでもお参りが出来ます。


「建立への決心」
この記事を書いているのは、平成26年12月30日です。この日にこの記事をアップしたのは、ある思いからです。

合同墓を建立したいと考えながら躊躇していた私たちでしたが、なごみ庵に縁の深い方が1年前の12月30日にお亡くなりになりました。お通夜ご葬儀は無事に勤めさせて頂きましたが、お骨のことで悩んでいたご家族を見て、決心がつきました。

その後、紆余曲折はありましたが三浦霊園さんにご縁があり、合同墓「倶生の碑」が出来上がったのです。もし誰も入らなくても、自分たち夫婦が入るのだからいいか。そんな思いもありました。

完成したお墓を見て、上記のご家族はここに納めようと思って下さり、12月半ばに初の納骨をいたしました。
墓前でお経をお勤めしていた時、今まではオブジェでしかなかった「倶生の碑」に魂が入ったように感じました。単なる「物」から、「手を合わせる場」になったのです。


「一緒のお墓に入ろう」
ひと昔前のプロポーズのようですが、これは「倶生の碑」の基本理念です。
以前は家族でお墓を守っていくのが常識でしたが、核家族化・少子化・海外への移住など様々な要因で、それは難しくなっています。

そんな中、ひとつの選択肢として「倶生の碑」をお考え頂ければと思います。
私たち夫婦も、いずれ一緒のお墓に入り、そして土に還っていく身です。
「倶生の碑」背後の桜が咲く春には、皆で墓参に行きます。

お墓正面の「倶生の碑」プレートは、私が書いたものを彫って頂きました。
お寺の山号「倶生山」は、「(とも)にこの世をき、にお浄土にまれていこう」というお寺の基本理念を表していますので、その言葉をそのまま石碑にあてはめました。

詳しくは、なごみ庵までお尋ね下さい。
説明もさせて頂きますし、資料をお送りすることもできます。


「アクセス」
場所:三浦霊園
区画:6区1列5番
開園時間:通常8時30分〜16時50分(年末年始9〜16時)
住所:神奈川県三浦市 南下浦町 金田1299

交通:最寄り駅 京浜急行 三浦海岸駅
(品川より62分 横浜より45分)

三浦海岸駅より
・バス 2番バス乗り場「剱崎方面行き」乗車
 約10分「三浦霊園入口」下車
 徒歩約7分で三浦霊園正門
・タクシー 約7分で墓前まで

・お車の場合 横浜横須賀道路 佐原ICより約20分

(お盆・お彼岸など年に数日 三崎口駅より送迎バス運行)


「その他」
三浦半島といえば、マグロで有名な三崎漁港があります。
地魚も豊富ですので、お参りの際には…
P1040462.cng.jpg
こんな楽しみもありますね (^_^)

・平成26年10月5日 合同墓見学のバスツアーをいたしました。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

平成26年 ワークショップ〆 [死の体験旅行]

平成26年のワークショップは、12月17日の西新宿 淨音寺さん、翌18日椎名町 金剛院さんでの開催をもって、無事終了しました。初開催が平成25年の1月ですから、ほぼ丸2年が経ちました。

その間、思いがけず多くの方に受講をしていただき、数えてみると43回、755名の方と出逢ったことになります。ほとんどの回でおひとりずつ言葉を交わしています。今までの人生でこれだけ多くの方と接することがあっただろうか、と思うと、とても不思議な感覚がいたします。

IMG_0995.cng.jpg
西新宿の淨音寺さん http://jouonji.org

IMG_0996.cng.jpg
椎名町の金剛院さん http://www.kongohin.or.jp


開催予定はほとんど「まちのお寺の学校」HPに掲載されます。他にも魅力的な講座が盛りだくさんですので、ぜひ時々のぞいてみて下さい。

今決まっているのは、1月29日(木)19時から、金剛院さんでの開催です。


それと「まちのお寺の学校」とは別に、なんと公共施設から依頼を受けました。
横浜市緑区の十日市場地区センターさん、こちらは1月11日の13時半開催です。

以前に写経教室を依頼されたご縁での開催です。
写経の時も思いましたが、意外と公共施設での需要もあるのかもしれません。

来年はどんな出逢いがあるか、どのように展開していくか、今から楽しみです。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

平成26年 報恩講 [布教所日記]

親鸞聖人のご命日を機縁とした報恩講法要。
今年も無事に勤まりました。

今年は新作朗読劇「観無量寿経をひも解く物語 イダイケの涙」公演のため、2日間に分けての開催でした。
ほら、満堂になると30人以上になりますが、そうすると演者とお参りの方の距離が近くなりすぎ、演じにくいし観にくくなってしまいますので。

不思議なもので、2日に分けての開催で、両方とも同じぐらいの人数になりました。12日(金)が16名、14日(日)が18名でした。
P1000101.cng.jpg
皆さんで声を出してのお勤め。

P1000121.cng.jpg
終演後の様子です。


年内の行事はこれでほぼおしまい。
あとは大晦日の夜、二歳参り(ふたとせまいり)です。
22時からと遅い時間ですが、よろしければお参り下さい。

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

お寺の音楽会で法話 [その他色々]

未来の住職塾」の受講会場でもある神谷町の光明寺さまで、10年も続いている音楽イベント「誰そ彼」での法話のご縁がありました。音楽に疎い私で申し訳ありませんが、せっかくの機会です。音楽も楽しみつつお話をさせて頂きました。

誰そ彼 http://www.taso.jp

IMG_0985.cng.jpg
本堂は普段並んでいる椅子が撤去され、赤い絨毯の上に皆さんくつろいで座っています。

1組目は、外国の方2名と日本人1名によるユニット The Metaphors さん。
2組目は、オーストラリアから単身来日している Lia Mice さん。

tasogare29.cng.jpg
1組目と2組目の間に、私の話が入ります。
ちゃっかり「死の体験旅行」の宣伝もさせて頂きました (^_^;) 

演奏前や休憩時間には、少々寒いですがテラスで、「NHK趣味Do楽」出演中の料理僧 青江覚峰さんの精進キーマカレーや飲み物を楽しめます。
精進でキーマカレー? と思われましたか?
ひき肉の代わりに、高野豆腐を使っているそうです。

ライブが終わったら、最後は讃仏偈のお勤め。
法話をした僧侶が導師になるそうですので、私が勤めました。

なごみ庵で第1金曜日に行っている「長いきの会」を思い出し、読経前にちょこっとノドのアップをします。 それからの読経ですので、皆さん良い声が出たのではないでしょうか。

読経後、またまたふと思い出し、このお経(讃仏偈)の最後の2行は、高倉健さんの座右の銘の元になっているんですよ、とお話しし、閉会となりました。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2014年12月号 [和庵だより]

◇ 東奔西僧 ◇
 秋は報恩講のシーズンですので、各地のお寺から演劇依頼や法話依頼を頂きますが、今年は遠征が多く、東奔西僧をしておりました(笑)。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

いのちの日 いのちの時間 東京 [その他色々]

12月1日、例年通り「自死・自殺に向き合う僧侶の会」による追悼法要「いのちの日 いのちの時間 東京」が行われました。

今年は初めて池上の本門寺さまが会場となりました。芝の増上寺や築地本願寺に比べ、少々アクセスが不便なこと、駅から距離があること、また当日ゲリラ豪雨のような雨も降ったので参加者はやや少ないかと予想していたのですが、結局例年に近い人数のお参りがありました。

参加の僧侶も70名ほど。会員だけではなく、力を貸して下さる僧侶も手弁当で集まって下さいます。

私は今回、受付の責任者を仰せつかりましたので、受付の経験がある坊守と相談しながら準備を進めてきました。
自分の部署が最重要ポジションだと思い(どの部署の方も、その覚悟でしょうが)、滞りなく進められるよう、何か問題があっても最低限の乱れで済むよう、そして来年以降に同じ過ちをしないよう、気を配りながらの1日でした。

リハの日も当日も、様々な状況を想定してロールプレイなどもしていたのですが、現実は予想を超えて様々なことが起こりました。でも、大きな混乱なく進められたのは同じ受付班になった皆さんのおかげです。
ホッと安心するとともに、来年に向けて課題を整理していこうと思います。

IMG_0981.cng.jpg
写真は、追悼法要会場である本殿への廊下。
開場前にライトアップバルーンを浮かべて準備をしているところです。

自死・自殺に向き合う僧侶の会

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -