So-net無料ブログ作成

みすゞ公演in小諸 [金子みすゞ]

朝日新聞のご縁で、長野県小諸市・社会福祉協議会の大会で金子みすゞひとり舞台を上演して参りました。

台風18号が迫る中、関越自動車道を北上、上演の3時間ほど前に会場入り。2人乗車で公演セットを積んだノンターボのダイハツ・ムーヴは、元気に高速道路を走ってくれました。

会場は、小諸市の乙女湖公園内にある、小諸市文化ホール。
P1000299.cng.jpg

700人ほどが入るホールでしたが、予定では400人ほどいらっしゃるそうです(もともとは100〜200人と言われていましたが)。ただ、やはり台風の影響か少し減って300〜350人ほどの来場者数でした。
P1000303.cng.jpg

開会は午後1時半、市長の挨拶や表彰、来賓のスピーチなどが続き、小休止後、私たちの持ち時間です。1時間半もらえたので、私の前説+法話が30分です。

準備をしていると、障害を持った方が参加されるので手話通訳が入るとの事。市長さんや来賓のスピーチにも入りますが、私の前説+法話にも入るんだそうです!お芝居は、観客の気が散ってしまうとの事で無しになりました。

で、私の前説+法話。金子みすゞの「みすゞ」が、ここ信濃の国の枕詞である事などを話していたのですが、司会の隅で手話通訳の方が動いているのが見えるのですよ。事前に私の法話原稿を読んで頂いているのですが、話すスピードは大丈夫かな?この言葉は手話でどう表現されるのだろう?と気になってしまいました。でも、珍しい経験をさせて頂きました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1