So-net無料ブログ作成

足袋にワラジはちょっと… [比叡山 回峰行]

先日ついに「申し込んじゃった」比叡山の回峰行体験、もう後には引けません!
本当の行者さんは、足袋にワラジで山道を進むようですが、慣れていないと歩きにくいとの事。なので靴を買う事にしました。

普段は滑りにくくて財布に優しい「ハイパーVシューズ」しか履かないのですが、回峰行にはどんな靴が良いのか調べてみました。
まず「みらい」の先生がトライアスロンやトレイルランをされているのでお聞きしてみると、やはり靴は専用のものでないと大変だ、との事。

ネットでも調べましたが、結局実物を見ないとと思い、港北区のトレッサ内、アウトドアスポーツ専門店のエルブレスさんへ。こちらの店員さん、事情を話すと非常に親身になって考えてくれ、知識も豊富。さらに色々な靴を試させてくれました。

ハイキングなどに使われるのはトレッキングシューズというもの。底が厚く固く、ハイカットになっていて足首を保護する機能が高いが、固くて重いので走るのには向いていないようです。

トレイルラン用の靴は、ローカットで軽く出来ていて、そして底はやや厚め、やや固め。その分保護性能は低め。

で、私の場合、走る部分も歩きの部分もあるだろう、という事で、中間的な靴を選びました。
P1020816.cng.jpg

P1020817.cng.jpg
靴の底が厚くなっているのが分かりますか?
しかも固めなので、普通のスニーカーの感覚とは全く違います。

P1020818.cng.jpg
靴底も、やはり悪路を進む事を考えてゴツゴツしてますね。

他にもテーピングテープや靴ずれ防止剤なども購入し、準備は整ってきました。でも走るのは自分自身ですからね、この靴を履いて鍛練していこうと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0