So-net無料ブログ作成

2014年7月の法語 [月々の法語]

本当の相(すがた)になる これが仏の教えの目的である
Realizing true self is the goal of the Buddha’s teaching.
暁烏 敏(あけがらす はや)

 今年のカレンダーの法語は様々な念仏者や僧侶の言葉から選ばれており、7月は明治前半〜昭和中期の真宗大谷派の僧侶、暁烏敏師の言葉です。暁烏師は石川県の出身で、同じ大谷派の清沢満之師に師事し、同じ加賀の藤原鉄乗師、高光大船師とともに「加賀の三羽烏」と呼ばれていました。

 さて、さっそく今月の言葉ですが、「本当の相になる」というのはどういうことでしょうか?
 『アナと雪の女王』という映画が流行し、その主題歌『ありのままで』も大ヒットしています。何を隠そう、私も初めて映画館でデイズニー映画を観てしまいました。

 この主題歌の歌詞の意味するところは、「強い魔力を持って生まれたために、ずっと自分を抑圧して生きてきた主人公が、その抑圧を取り払い思い通りに生きる」ということだと思います。私もこの歌が好きなのですが、反面こういう歌詞が流行るということは、それだけ「自分は抑圧されている」「私は本当の自分を生きていない」と思っている人が多いのではないかと心配になってしまいます。

 現在の自分に満足出来ず、どこかに「本当の自分」がいるのではないかと探し求めるのは、満たされない欲求を追い求め続けるようなもので、イタチごっこを続けるだけのように思います。
 今月の言葉の後半は「これが仏の教えの目的である」と書かれていますが、「これ」とは「本来の自分の姿に気付き、その姿をありのままに認める」ことでしょう。

 つまり歌詞では「ありのままの、姿見せるのよ。ありのままの自分になるの」と書かれていますが、実は「今の自分が過不足ないありのままの自分になっている」と認めるのが「仏の教え」だということではないでしょうか。

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 3

お名前(必須)

ちがうんだな〜( ̄(工) ̄)
もう少し考えようかね〜ψ(`∇´)ψ
by お名前(必須) (2014-07-26 00:18) 

長さん

アナと雪の女王のあらすじ。紹介ありがとうございました。知らなかったので、私は助かりました。なお、その歌詞。日本語盤独自だそうですね。流行っているのは、メロディーの付け方の巧みさだとも、言われているようです。「今の自分」も、本当は無常であり、ときが経つと変わるんですよね。たとえば、抑圧感で良くあるのは、「上司の命令で動いているだけの自分」というもの。これってその見返りに、金銭的収入があるんですよねぇ。それで多くはその状態が、悩みながらも何十年かは続く。しかし、いつかは年老いて、定年のお払い箱となる。すると、自分そのものの、景色が変わる。前の自分と、新しい自分は、ありのままだけど、互いに別ですよね。それぞれの時点で、ありのままの自分には違いないのですが。その際、変わり目に今度は、「収入が無くなるのを、どうした物かと悩む」って事になるんでしょうねぇ。それぞれに悩むの当然だけど。ただ悩んだからと言って、上の2ケースはどれも、それぞれに解決法が無いことが多いですね。しかも若い時代の方の悩みについては、「過剰に悩まなかった方が現実には良かった」と年取ってから感じられるのも、御教えの通り、確かでしょうね。

by 長さん (2014-07-28 11:07) 

ボーズandカナコ

長さんさま
いつも有り難うございます。
そうですね、自分自身も無常ならば、抱く悩みも無常なのですね。
そして悩みとは、過ぎてみれば小さなものだったと感じるのでしょうね。相対している時にはそう思えませんが (^_^;)
by ボーズandカナコ (2014-07-29 00:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0