So-net無料ブログ作成

お寺の音楽会で法話 [その他色々]

未来の住職塾」の受講会場でもある神谷町の光明寺さまで、10年も続いている音楽イベント「誰そ彼」での法話のご縁がありました。音楽に疎い私で申し訳ありませんが、せっかくの機会です。音楽も楽しみつつお話をさせて頂きました。

誰そ彼 http://www.taso.jp

IMG_0985.cng.jpg
本堂は普段並んでいる椅子が撤去され、赤い絨毯の上に皆さんくつろいで座っています。

1組目は、外国の方2名と日本人1名によるユニット The Metaphors さん。
2組目は、オーストラリアから単身来日している Lia Mice さん。

tasogare29.cng.jpg
1組目と2組目の間に、私の話が入ります。
ちゃっかり「死の体験旅行」の宣伝もさせて頂きました (^_^;) 

演奏前や休憩時間には、少々寒いですがテラスで、「NHK趣味Do楽」出演中の料理僧 青江覚峰さんの精進キーマカレーや飲み物を楽しめます。
精進でキーマカレー? と思われましたか?
ひき肉の代わりに、高野豆腐を使っているそうです。

ライブが終わったら、最後は讃仏偈のお勤め。
法話をした僧侶が導師になるそうですので、私が勤めました。

なごみ庵で第1金曜日に行っている「長いきの会」を思い出し、読経前にちょこっとノドのアップをします。 それからの読経ですので、皆さん良い声が出たのではないでしょうか。

読経後、またまたふと思い出し、このお経(讃仏偈)の最後の2行は、高倉健さんの座右の銘の元になっているんですよ、とお話しし、閉会となりました。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

長さん

このイベントは。題名とは違って音楽家は脇役。やはり本質的に、浦上哲也さんが主役でしたね。
by 長さん (2014-12-11 16:47) 

ボーズandカナコ

>長さんさま
いえいえいえいえ、私はオマケです、オマケ!
でも、法話と読経がないと、単にお寺を会場として使っているだけなので、大事なオマケだとは思いますが (^_^)
by ボーズandカナコ (2014-12-11 23:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1