So-net無料ブログ作成

エンディングノート講座でお話 [その他色々]

またまた興味深い場所でお話しをさせて頂くご縁を頂戴しました。
その場とは、travessia(トラベシア)代表の石崎公子さん主催、「エンディングノート講座」です。

トラベシア エンディングノート講座
ヒキダシスト 石崎公子のblog


エンディングノートってお持ちですか? 終活ブームと相まって、見たことがある、持っているという方は少なくないのですが、手に入れて満足してしまい、なかなか書き始められないとか。

石崎さんは連続講座という形で、様々な内容のお話をしたり、ゲストを招いたりして、少しずつ書き進めていくサポートをしています。
エンディングノートにはお葬式について書くページなどもあるので、「宗教について考える」と題していて、私にお声がかかったというワケです。

開催日は4月8日。てっきり「お坊さんゲストの回」を花まつり(お釈迦さまの誕生日)に合わせたのかと思っていたら、石崎さんは全くそのことを知らず…(笑)
用意していった甘茶を振る舞いつつ、和やかにスタートしました。

いくつか事前に質問を頂いていたので、それに応えつつ、随時質疑応答をしていくスタイルでした。
少人数制で、今回は石崎さんと私を含め6名なので、「講義」というより「茶話会」のようになりました。質問もたくさん頂きましたので、ぜんぜん予定通りに進みません (^_^;) 

結局「こんなに話せるかな…」と心配していた2時間を大きく超えてお話しをさせて頂きました。普段の法話会などでは、これほど活発に質問や意見のやり取りをすることがないので、私としても新鮮で楽しい時間でした。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 2

長さん

私の身内で知っている範囲で、亡くなった方で、エンディングノート。残した人間は今の所誰もいないですね。記録が無いんでおおいに困ったという事は、幸い今まで無かったですが。
「どれが自分にふさわしい、葬式のお経か」を選択等するため、仏教の宗派、勉強しだす方おられるんですかね。まあ、それも何もしないよりは、方便として良いことですね。
事実私の場合は、戦争ゲームである将棋の昔の駒に、仏教関連の金剛、力士、王子(神)、(世)自在王等が、殺生を顧みずに含まれる不思議さがあるので、浄土真宗や奈良興福寺の法相宗等をチェックしだしたのが、系統的に仏教宗派を調査したきっかけでしたから。浦上さんに、自分好みのお経を選択するという観点で、お話を伺っている方と、どっこいどっこいのレベルかも知れませんね。
by 長さん (2015-04-10 08:19) 

ボーズandカナコ

>長さんさま
エンディングノート、買う方は多くても、実際に書く方は少ないんだそうです。
全てのケースで役立つかどうかはわかりませんが、経験上、役立つだろうなという場面はありますね。
by ボーズandカナコ (2015-04-11 21:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1