So-net無料ブログ作成
検索選択

初パネリスト!? [その他色々]

先日もご紹介した通り、ご縁あって知りあった山本潤さん初の著書『13歳、「私」をなくした私』の出版記念イベントで、トークショーのパネリストを務めさせて頂きました。
山本潤さんHP http://sadv0.blogspot.jp/


IMG_1906.cng.jpg
会場は千代田区の「アーツ千代田」。もともとは中学校の建物だそうです。
http://www.3331.jp


山本潤さんは性暴力のサバイバーで、現在はSANE(性暴力被害者支援看護師)として活躍していらっしゃいます。今までも各地で講演をなさっていましたが、それが書籍として形になりました。

IMG_1907.cng.jpg
イベントは、まず山本さんの講演が40分。

そのあと、山本さん・担当の編集者・私で鼎談が40分。他のお二人は今まで綿密に打ち合わせを重ねてきていますので、私が一歩 外の立場から司会のような立場で関わります。けれど単に司会をするだけでなく、仏教的な要素も入れて欲しいとのこと。

私も今まで僧侶として、人前でお話しをさせて頂く機会は少なからずありましたが、それはあくまで原稿を用意して1人で話す形です。今回のようなケースは初めてに近いですし、随分と緊張しました(もちろん私の特殊能力「緊張してても落ち着いて見える」が発動しましたが (^_^;)  )。


話の中で山本さんが「以前あることを諦めた」と本当に残念そうに仰いました。
私は「諦めるという言葉はネガティブなものとして捉えられていますが、本来は『あきらか』という意味があります。山本さんはその時、ご自分の状況などを予断などを交えずあきらかに判断し、正しい結論を出したのだと思います」とお伝えしたのですが、少し納得をして頂けたようでした。


鼎談の終了後は立食パーティーです。
今日の主役である山本さんは取材や参加者など多くの方に囲まれていましたが、思いがけず私も色々な方に話しかけて頂きました。
上記の発言などを好意的に受け止めてくれた方が少なくなかったようですが、それは私だけでなく、仏教に対する良いイメージに繋がっていくのだと思います。
そうであれば、不慣れな役を引き受けたのも、意味があったように思います (^人^)

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 4

コメント 2

中野宏美

登壇を依頼した性暴力と刑法を考える会中野宏美です。
このたびはパネリストありがとうございました。浦上さんのおかげで、性被害に対する新たな視点を持てました。
またご一緒できれば嬉しいです。引き続きよろしくお願いいたします。
by 中野宏美 (2017-03-02 04:51) 

ボーズandカナコ

中野さま
こちらこそ、貴重な機会を頂き、有り難うございました。
自分としてはアップアップしてましたが、少しでもお役に立てたのでしたら嬉しいです (^_^)
何かありましたら、またお声掛け下さい!
by ボーズandカナコ (2017-03-02 08:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: