So-net無料ブログ作成

2017年11月号 [和庵だより]

◇ ロボット僧侶!? ◇

 夏に開催されたエンディング産業展で、最も注目を浴びたのはロボット僧侶でした。SoftBankが販売している人型ロボットのペッパーに僧衣を着せ、読経をしたり木魚を叩いたりという姿が面白かったのか、テレビでも何度か放映されたようでした。

 テレビやネットで様々な意見が出ていましたが、流石に現時点で自分や家族の葬儀にペッパー僧侶をお願いしたい、という声は聴かれませんでした。しかし将来もっと技術やAIが発達したら、人間の僧侶よりも良い説法などをするのではないか、といった意見にはなるほどと思いました。

 ただ、どうしてもロボットには人間と異なる部分があります。それは「死」です。
buddha_satori_gedatsu_bodaiju.png
 仏教は、2500年前にお釈迦さまが老病死への恐怖を抱いたことが出発点です。ロボットももちろん故障したり壊れたりすることはありますが、部品を交換したり、新しい機体にデータを移すことが出来るでしょう。なのでおそらく、人間が老病死に感じるような恐怖、つまり自分という存在が消え、また人々の記憶から消え去ってしまうのではないかという恐怖を、機械であるロボットは感じ得ないのだと思います。

 僧侶が、葬儀や法事などのセレモニーで、お経を上げるだけの機械のような役割しか果たさないとしたら、それこそ機械に取って代わられることもあるかもしれません。けれど、人間として互いに苦悩を抱え、一緒に悩んだり、悲しんだり、励ましたり、笑ったりという役割を、生身の僧侶だから持ち得るのだと思います。

 なごみ庵の山号「倶生山」には、「倶(とも)にこの世を生きる」という意味が込められていて、私は縁ある方の伴走者でありたいと思っています。そしてこの世の縁が尽きた時は「倶に浄土に生まれる」仲間でありたいとも思っています。


△ お 知 ら せ △

◎寺フェスin YOKOHAMA 11月11日(土)9時〜16時 妙蓮寺
東横線 妙蓮寺駅前の妙蓮寺さまで寺フェスが開催されます。広い境内では七五三法要やヨガ体験、マジックショーやバルーンショー、写経、写仏、お坊さんカフェ、日蓮宗独自の水行体験など盛りだくさんです。私も僧侶向け講座の講師として、会場に行っています。

◎ひとり暮らしの会 11月21日(火)11時 なごみ庵 参加費1000円
5月から久しぶりの開催です。お昼ご飯をご一緒しながら、交流を深めます。
準備の都合上、4日前の11月17日までにお申し込みください。

◎いのちの日 いのちの時間 東京 12月1日(金)15時受付開始 築地本願寺
例年通り12月1日、超宗派の僧侶による自死者追悼法要が厳修されます。
この情報を必要としている方がいらっしゃいましたら、どうぞお伝えください。

◎プレオム劇の朗読ライブ 12月5日(火)・6日(水) 吉祥寺
坊守(お寺の奥さん)出演の朗読ライブ、詳細は別紙ご覧ください。

◎報恩講法要 12月10日(日)13時 なごみ庵
浄土真宗のお寺で最も大切な法要、報恩講(ほうおんこう)。詳細は別紙ご覧ください。

◦死の体験旅行 11月20日(月)19時 豊島区 金剛院
◦自死ご遺族分かち合い 11月22日(水)10時30分 築地本願寺
◦神之木地区センター写経会 毎月第1/3火曜18時30分(変更の場合有)
◦神之木地区センター笑いヨガ 11月13日(月)10時30分

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント