So-net無料ブログ作成

2017年10月の法話 [月々の法語]

ねてもさめても へだてなく 南無阿弥陀仏をとなうべし
All should say Namo Amida Butsu constantly, whether they are awake or asleep.

今年の法語カレンダーは、2009年以来8年ぶりに、親鸞聖人の和讃(わさん)が題材になっています。和讃は七五調の和語の歌で、平安時代に流行した「今様(いまよう)」と形式は同じですが、仏・法・僧伽を讃嘆したものが特に「和讃」と呼ばれます。
また、カレンダーでは4行ある和讃の2行が記されていますので、まずは全体像をご紹介します。

弥陀大悲の誓願を 深く信ぜん人はみな
寝てもさめても隔てなく 南無阿弥陀仏を称うべし

<ことばの意味>
弥陀:阿弥陀仏
大悲:阿弥陀仏の大いなる慈悲
誓願:阿弥陀仏が一切衆生を救いたいと誓われたこと

<現代語訳>
阿弥陀仏の、一切衆生を救いたいという誓願を深く信じる人は皆、
寝ている時も目覚めている時も、南無阿弥陀仏と称えようではありませんか

<私のあじわい>
親鸞聖人の和讃には「べし」という言葉がよく出てきます。
言葉のイメージとしては「〜〜すべし」などと命令的なイメージがありますが、調べてみると多様な意味があるようです。

進研ゼミのHPでは以下のように書いてありました。
【推量】 [訳し方]~だろう・~ようだ
【意志】 [訳し方]~う・~よう・~つもりだ
【可能】 [訳し方]~できる
【当然・義務】 [訳し方]~はずだ・~なければならない
【命令】 [訳し方]~せよ
【適当・勧誘】 [訳し方]~のがよい・~よう

命令という意味もありますが、「弟子一人も持たず」「御同行、御同朋」と仰った親鸞聖人が、ここで命令口調になるのは考えにくいことです。ですから和讃に頻出する「べし」は、「意志」や「適当・勧誘」の意味が込められていると考えるのが妥当だと思われます。
ですので現代語訳も「南無阿弥陀仏と称えようではありませんか」といたしました。

ではなぜ親鸞聖人は「一緒にお念仏を称えましょう」と仰ったのでしょうか。
それは、人間が生まれてきた以上、必ず直面せざるを得ない生死の問題があるからです。浄土真宗ではこれを「後生の一大事」と言います。
なにも浄土真宗だけで問題としているわけではなく、洋の東西・宗教を問わず生死は大きな問題なのです。

ラテン語の「メメント・モリ(死を思え)」という言葉はあまりに有名ですし、日蓮聖人は「先ずは臨終のことを習ろうて、後に他事を習ろうべし」と仰り、またドイツのハイデッガーは「人は、いつか必ず死が訪れるということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない」と言っています。

思えばお釈迦さまも、裕福な王子の立場を捨てて出家修行に進んだ最初の動機は「病み、老い、死ぬのは嫌だ(四門出遊)」という思いでした。
つまり「死」とは、時代を超え究極の問題として私たちに突きつけられてくるものなのです。
そして法然上人、親鸞聖人は「必ず救うと誓った阿弥陀仏に全てを委ねる」という解決方法を見出し、それを人々に勧めていったのです。

今年の8月、エンディング産業展というイベントがありました。葬儀社や墓石業などの会社、お寺や葬儀に関するサービスを提供する会社が出展したのですが、ひときわ注目を集めメディアでも放映されたのが、ロボットのpepperがお坊さんになった姿でした。

smallスクリーンショット 2017-10-12 10-12 18.11.45.jpg

木魚を叩き、お経を上げ、法話もするというのです。賛否両論……とは言っても否定的な意見が多く、賛成意見も「まあ、お経は間違えないよね」といった程度のものでした。ただAIが進歩していけば、人間の僧侶を脅かす存在になるのではないか、という意見もありました。

しかし私としては、宗教の出発点のひとつが生死の問題である以上、死ぬことがないロボットは、宗教者として決定的に欠けているものがあると思います。

もちろんプログラムで「死に恐怖している様子」を振る舞うことは出来るかもしれません。同じように、完璧なお経や素晴らしい法話も可能でしょう。

つまり僧侶が法要儀式の場での読経マシーンであるならば、ロボットが代行することは可能だと思います。しかし、共に苦しみ、迷い、涙する存在であるからこそ、人間が宗教者をする意味があるのだと思います。

nice!(2)  コメント(0) 

新潮新人賞! [その他色々]

新潮新人賞を受賞しました!

あ! 私じゃありません!(笑)

「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の仲間で、現在インド在住の女性僧侶、石井遊佳さんの作品『百年泥』が新潮社の新人賞を受賞したのです。
スクリーンショット 2017-10-09 10-09 23.35.42.png

つい最近まで小説を書いていることすら周囲は知らなかったのですが、突然インドから「新潮新人賞を頂くことになりまして…」と報告を頂き、「インド人もビックリ」ならぬ「インドからビックリ情報」でした (^_^;) 

一般家庭出身で、東大出身で、僧侶になって…と異色な彼女。
私より後に入会したのですが、タダモノならぬ雰囲気を放っていました。

入会して間もなく、ご主人の仕事の都合でインドに行くことになってしまって残念だったのですが、年に1度の休暇で帰国の際は会の活動日に合わせて帰ってきてくれて、お互い再会を喜び合っていました。

そんな石井さんの受賞はとてもうれしいことで、今まで買ったことのない小説雑誌を買って早速読ませて頂きました。
泣く泣く行くことになったインドでしたが、現地の体験をもとに書いた小説で賞を受賞するなんて、なんとたくましいのでしょうか!(笑)

おめでとう、石井さん。
単行本が出たら買うからね!


以下リンクでインタビュー記事が掲載されています。
http://www.shinchosha.co.jp/shincho/tachiyomi/20171007_4.html

あと、こちらのリンクでさわりを読むことができます。
http://www.shinchosha.co.jp/shincho/tachiyomi/20171007_2.html

nice!(1)  コメント(0) 

2017年10月号 [和庵だより]

◇ 西へ東へ ◇

 九月は東奔西な日々でした。
 まず二〜三日は飛騨高山へ。真宗大谷派のお寺で、親鸞聖人七百五十回遠忌と住職継職法要という記念の行事に、おてらしばい「恵信尼ものがたり」でお招き頂きました。新横浜から高山は4時間以上かかりますので前日入りをし、山奥にある宿で一泊。夜はかすかに虫の声が響くだけの静けさで、翌朝外に出ると「クマに注意」の看板にビックリ。

 六〜七日は金沢に。最近テレビや新聞でもよく「未来の住職塾」が取り上げられるようになりましたが、縁あって卒業生会の会長をさせて頂いています。今回は年に一度の卒業生の集いで、石川県で並外れた活躍をする二人の僧侶に講演をお願いしての研修旅行です。
 お一人は限界集落を見事に復興させた高野誠鮮さん、もうお一人は社会福祉法人 佛子園理事長の雄谷良成さん。多いに刺激を受けました。

 二十日には奥多摩。町の福祉保健課からの依頼で、自死対策ゲートキーパー養成講座の講師として行って参りました。せっかくの遠出ですので手前の駅で降りて散策。人っ子一人いない山道を気持ちよく歩いていたら…「マムシ・クマに注意」という看板が。まさか月に二度もクマにおびえることになるとは思いませんでした。
smallスクリーンショット 2017-09-27 09-27 12.31.17.jpg

 やはり秋は行事が多く、十月も外に出る機会が増えそうです。
ご用の方は、どうぞご連絡頂いてからご来庵ください。


△ お 知 ら せ △

◎甚行寺さま合同バス旅行 10月27日(金)
毎年10月恒例、甚行寺さまとの合同バス旅行は「小江戸 川越」です。
詳細は別紙をご覧ください。

◎いのちの日 いのちの時間 東京 12月1日(金)
今年も自死者追悼大法要「いのちの日 いのちの時間 東京」が開催されます。
日程は例年同様12月1日、今年は金曜日になります。時間も例年通り15時ごろからの受付開始になると思いますが、詳細は次号でお知らせいたします。
会場は築地本願寺です。この情報を必要としている方がいらっしゃいましたら、どうぞお知らせください。

◎ほうおんこう法要 ご案内 12月10日(日)13時
浄土真宗のお寺で最も大切な法要、ほうおんこう(報恩講)が今年も近づいてきました。
今年のご講師は、各方面で大活躍している大來尚順さんです。詳細は次号をお待ちください。

◎死の体験旅行 10月23日(月)19時 豊島区 金剛院

◎自死ご遺族分かち合い 10月26日(木)10時30分 築地本願寺

◎神之木地区センター写経会 毎月第1・3(火)18時30分(変更の場合あり)

◎神之木地区センター笑いヨガ 10月2日・11月13日 いずれも月曜10時30分

nice!(1)  コメント(0)