So-net無料ブログ作成
検索選択
その他色々 ブログトップ
前の10件 | -

東工大で宗教のおはなし [その他色々]

東京工業大学で理系の話ではなく宗教の話が聴ける、しかもこのメンバー!
ということで、お盆最終日にもかかわらず都合をつけて行って参りました。

スクリーンショット 2017-08-17 08-17 10.52.51.png
主催の「リベラルアーツ研究教育院」というのは「教養教育」を指すそうで、専門分野だけを磨くのではなく、社会に出た時に様々な知識や教養を得た人物になってほしい、という思いから始まったのだそうです。

さて当日は、真夏とは言え涼しいほどの気温、そして雨。
たまたま開場時間より早めに到着すると、すでに来場者を会場に入れており、しかも8割ほどの席が埋まっています!

その後も定員を遥かに超える人が押し寄せ、同じ棟の別の部屋を次々に解放していきます。最終的には当初250名の会場に800名の人がいらっしゃり、結局第4会場まで作ったようでした。
smallIMG_2084.jpg

さて、肝心の中身ですが、各先生それぞれ深く広い知識がありますので、とてもここには書き切れません。それでも印象に残り、シンポに通底するテーマとなったのは『20世紀末から日本は「生きづらさ」を強く感じる国になった』という話でした。

戦時中や貧しい時代では、人は必死に生きようとする。必死に生きようとすれば、生きていることに生き甲斐や喜びも感じるし、理想を持つことも出来る。しかし平和になった今の日本で、人々は空しさを感じながら生き、人生に意味を感じず、死や破壊に近づくことでなんとか生きているのではないか。


4カ国の高校生に行った自己肯定感のアンケート結果には、非常に驚かされました。様々な項目があるのですが、日本は軒並み低いのです。
日本<<<韓国<中国<アメリカ
というイメージです。
これでは「生きづらさ」を感じるのも当たり前だと思いますが、自殺大国の日本よりも自殺率が高い韓国が、意外にも自己肯定感が低くないのは不思議でした。


また、IS(イスラミック・ステート)の話も頻出しました。
日本でも数年前、北海道大学の学生がISに参加しようとしましたが、欧米の国でも同様のことが起きているそうです。彼らは別に熱心なムスリムというわけでもなく、アッラーの教えを広めたいと思っている訳でもなく、求めているのは死や破壊です。死や破壊を感じることで、生きる実感を持ちたいのではないか、ということでした。

生きづらさを感じる若者は、以前は学生運動や過激派に身を投じました。
その後は新宗教ブームに乗って、オウムを代表とするカルトに走る若者が多くいました。
今はボランティア活動に取り組む方も多いようです。ボランティア活動ならば一見良いことをしているようですが、入れ込み過ぎ、打ち込み過ぎになっている状態は、まるでカルト教団のようだという意見もありました。


パネリスト4人中、2人(池上彰さん・上田紀行さん)がダライ・ラマ法王との対談集を出版していることもあってか、法王の話題もよく出ました。

私が僧侶なので余計に強く感じたのかもしれませんが、「生きづらさ」というキーワードに対するには、ダライ・ラマ法王が実践する慈悲の教えや輪廻の信仰が鍵となるのではないか、ということでした。

つまり、現実の社会に生き甲斐や希望を見出せなくても、宗教的な世界にそれを持つことは心の平安に繋がるのではないか。
また「自分・今」という狭く短いスパンだけで物事を見るのではなく、縁起の教えによって広く、輪廻の教えによって自分の人生を超えた視点で観られるのではないか、という意見でした。


なにしろ3時間もあったので、他にも色々な話がありましたが、私が印象深く覚えているのは上記の通りです。今後このメンバーで非公開形式の対談を2回重ね、来年には出版される予定だそうですので、詳しい内容を知りたい方はそちらをお待ちください。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

看護師&尼僧 玉置さん発見! [その他色々]

以前なごみ庵で開催して頂いた「養老指南塾」
第1回 http://753an.blog.so-net.ne.jp/2015-12-29-1
第2回 http://753an.blog.so-net.ne.jp/2016-01-14
第3回 http://753an.blog.so-net.ne.jp/2016-01-19

40〜50代の方をメインの対象として、年老いていく親をどう介護・看護していくか。それを学ぶための講座で、私や坊守も受講者として聴かせて頂きました。

000027769531.cng-907ef.jpg
家族会議ロールプレイでは、ワタクシとある一家の長女役をいたしました(笑)


その養老指南塾のメインご講師である真言宗僧侶&看護師の玉置妙憂さんを、Yahoo!ニュースで発見しました!
一般家庭出身で、ベテラン看護師として活躍していた玉置さんが、お坊さんを志した話。
また、銀座にできたばかりの「空海記念統合医療クリニック」で看護師長に就任した話も(これ以上の適材適所はないでしょう!)。

注目している玉置さんが取り上げられていて、ビックリ&嬉しい瞬間でした (^_^)

Yahoo!ニュースページ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00000004-nikkeisty-life&p=1

空海記念統合医療クリニック
http://kukai-medical.or.jp

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カルトにご用心! つづき [その他色々]

スクリーンショット 2017-07-08 07-08 14.52.51.png

寺報「なごみ庵だより」に「カルトにご用心!」というプリントを同封し、ご縁の皆さまに注意喚起をしたところ、思った以上に反応があり、また数件の相談がありました。
http://753an.blog.so-net.ne.jp/2017-07-03

細かい内容は書けませんが、家族が亡くなったことを機に「新宗教」に分類される宗教の信徒が接近をしてきて、あれよあれよという間に自分も信徒に引き込まれかけてしまった、という相談が複数ありました。

その新宗教の信徒がもともと知人だったということもあり、最初の時点で拒絶しにくかったことがひとつの要因で、また一度流れに乗ってしまうと、非常に断りにくく抜け出しにくい雰囲気を作るのが上手だったようです。
このあたりはマニュアル化しているものと思われます。

また驚いたのは、頼んでもいないのに亡くなった方や先祖の立派な戒名を、勝手に付けられたというのです。
日本人は位牌や戒名を大切にしますので、それを逆手にとって無理矢理に立派な戒名を付け、その教団から離れられないようにする作戦なのでしょう。これについては、別の新宗教が同じ方法をとっていました。

今回ご相談頂いた方々は、反社会性があまり高い教団との関わりではなかったため、無事に脱会に至りホッとしました。もっとカルト性の高い教団であれば、そう簡単にはいかなかったと思います。


以下に、カルト問題に詳しい弁護士さんが監修した「カルトの見分け方15項目」を示しておきます。いくつかの項目にあてはまれば、その団体はカルト性が高いと考えられるそうです。
引用元:真宗大谷派 青少幼年センター
http://www.higashihonganji.or.jp/oyc/cult/ 

・組織名や団体名、その正体を隠す傾向がある
・組織から与えられた情報について、疑ってはならないと教える
・外部からの情報を遮断する傾向が強い
・組織や教義は絶対であり、自分で考え判断することは、
 誤りであると指導する
・真理は、その組織や教祖に占有されており、
 その組織や教祖を通してのみ知ることができると主張する
・白黒や善悪を常に分けたがる
・世界を、組織と外部とに二分する世界観を持つ
・組織や教祖が絶対の善で正しく、外部は悪であると主張する
・組織内部でしか通用しない言葉を多く用いる
・個人の生活が制限され、
 組織の活動や寄附に積極的に参加することが強要される
・生活が細部にわたって規定されている
・迫害意識を強調し、団結心を持たせる
・組織からの脱会について極度の恐怖心を与え、脱会の自由がない
・脱会した人間との情報交換、接触を禁じる
・家庭、社会などで、何らかのトラブルが生じている


日本には信教の自由がありますので、何を信じるのも自由です。
しかしカルトは「擬似宗教」です。
自分の人生が台無しにならないよう、どうぞ注意なさってください。


再掲「カルトにご用心!」
カルトにご用心!.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カルトにご用心! [その他色々]

お寺におりますと、色々な宗教がらみのトラブルの話を耳にします。

私としては、新しい宗教だからダメ、古くからある宗教だから大丈夫、ということは無いと思っています。新しい宗教の指導者や信者でも素晴らしい方はいらっしゃいますし、昔からある宗派の僧侶でも………な方はいます。

ただ、ご縁のある方々に注意喚起をするのも僧侶の勤めと思い、「カルトにご用心!」というプリントを作って寺報に同封しました。

カルトにご用心!.jpg
これを見た坊守(妻)がひと言…
「何を信じたらいいか分からないね…」

確かに、あれも注意、これも警戒となると、疑心暗鬼の中で生活しなくてはならないのかと憂鬱になるかもしれません。

でも、カルトに深く関わってしまったがために、本人だけでなく家族の人生まで破壊されてしまった方がいらっしゃいます。
「この宗教はおかしかったんだ」と気づいた後の長い人生を、傷口を少しずつ埋めるような日々を送っていらっしゃる方もおられます。

そうなる前に、縁ある方々にぜひ気をつけて欲しいと念じて、このプリントを作りました。


日本は、宗教に対してあまり関心を持たずに生活していける国です。けどそのせいで、何が正しくて何が間違っているのかの知識を得ることが難しい国でもあります。公教育などから宗教を遠ざけたことで、かえって免疫力が弱まって危険性が増しているように感じます。

登山の知識がある人は、普段着で山に入ろうとする方に「危険ですよ」と注意します。それと同じで、私も注意の声を上げていきたいと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:blog

オテラとオカネ [その他色々]

スクリーンショット 2017-06-03 06-03 22.24.45.png

ネットニュースで「公務員年収ランキング ワースト500」というものを見て驚きました。
東洋経済オンラインに掲載されているもので、文字通り全国1786自治体の公務員年収が、低い方から500件ランキングされています。
http://toyokeizai.net/articles/-/169489?page=2

ワースト1は、大分県の姫島村。平均年収415万円。
ワースト500は15自治体が並び、平均年収557万円です。
逆にトップランキングも出ていて、1位は東京都武蔵野市の737万円でした。
http://toyokeizai.net/articles/-/169297?page=2


で、何に驚いたかというと、このデータに比した僧侶の薄給さです。
お寺の収入のデータは少ないのですが、単一宗派としては日本最大の曹洞宗が、全国13645の寺院を対象に2014年度に行った調査結果がありました。

それによると、年間収入がゼロの寺院は658件
0〜10万円が506件
〜50万円が同じく978件
〜100万円がで1127件
〜300万円が最多で2444件
〜500万円が1796件
〜800万円が1630件

ここに上げた数字は「僧侶」ではなく「寺院」の収入ですので、ここから本堂の維持修繕費や境内の整備費、法要の行事経費などを差し引き、ようやく僧侶の給料が出ます。お寺の規模や住職の家族構成にもよりますが、「寺院」収入が800万円までだと専業で生活は厳しく、兼業して寺院を維持することになります。しかも僧侶には、定休日もお盆休みも正月休みも有給休暇もありません。

ここまでで曹洞宗寺院の67%ほどですので、「専業で運営できるお寺は全体の約3割」と言われる数字とほぼ合致します。


ちなみにアンケート結果は以下のように続きます。
〜1000万円が1005件
〜2000万円が1427件
〜3000万円が530件
〜5000万円が268件
5000万円以上が173件
また、無回答が1103件となっています。

ここで上げたように年間収入が多額の寺院もありますが、こうなると僧侶1人では手が足らず、他にお坊さんを雇うことになります。そうなれば僧侶や従業員の人数に応じて配分されますので、やはり極端に高額な給料を手にすることは難しくなります。

ここまでのデータを見て、俗に言う「坊主丸儲け」というのが先入観に左右された見方であることはご理解頂けたと思います。

ごく一部の裕福なお寺の行動に尾ひれ背びれ胸びれがついて、話が膨らんでいっている感があります。

また、自分より良い思いをしてそうな人を指弾してストレスを解消するような、人間の性があるのではないでしょうか。

経済的に恵まれていて、敬意を持てない僧侶もおります。
恵まれた環境にあって、人のために尽くす僧侶もいらっしゃいます。
生活が厳しいにもかかわらず、利他の精神で動く僧侶もおられます。

低きを非難して悦に入るより、高きを仰ぎ見て精進する方が、人を成長させてくれるのではないかと思いますが、いかがお感じになるでしょうか。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

いざ金沢! [その他色々]

ワタクシ、「未来の住職塾」の卒業生会、その名も「未来の住職塾サンガ」の会長を仰せつかっております (^人^)
http://www.oteranomirai.or.jp/juku/regular_course/

サンガでは毎年秋に「サンガの集い」と銘打って全国の会員が一堂に会する勉強会を行っていますが、今年は石川県の金沢市で開催することが決定しました。

発端は、あちこちで有名な浄土宗の井上広法さん(サンガ副会長)が、テレビ番組の「カンブリア宮殿」を見ていたときのこと。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2016/0721/

金沢市で社会福祉法人「佛子園」の理事をし、八面六臂の活躍をしている雄谷良成さんという方が日蓮宗の僧侶であることを知り、ぜひこの方にお話をお聞きしたい! と熱望したのがきっかけでした。


そんなわけで、役員他数名で現地の下見です。

smallIMG_2001.jpg
こちらがテレビでも紹介された、シェア金沢の入口に立つ案内板。
さまざまな施設の集合体です。


smallIMG_1998.jpg
新しい町「シェア金沢」の内部に入ると、まるでアメリカの田舎町のような木造の家々が並んでいます。この町で、高齢者、障害者、若者など多種多様な人々が、お互いに助けあい支え合いしながら暮らしています。


smallIMG_2003.jpg
こちらは佛子園の本部に併設された施設。
レストランに温泉施設、スポーツ施設、病院、保育園などなど表示され、お寺とは思えない複合施設になっています。


smallIMG_2007.jpg
こちらは少し離れた場所にある、廃寺となった寺を改装して造られた温泉施設&飲食店。


smallIMG_2009.jpg
本堂であった場所がカフェになっています。
かつてはご本尊が安置されていたであろう場所までもがお店の一部になっているのは、僧侶としては複雑な気分になりました。


ここまで駆け足でご覧頂いて、何がなんだか分からないと思われたのではないでしょうか。
あまりに大きな規模、多種多様な取り組みに、現地で視察した私たちにしても把握し切れていない状況です。

9月、全国から集まる「住職塾サンガ」のメンバーでどんな学びができるか、今から楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

おてらおやつクラブ、ひっそり広報に掲載 [その他色々]

・「おそなえ」を「おさがり」として「おすそわけ」
・「もったいない」を「ありがとう」へ

というコンセプトで、お寺へのお供えおものを社会に循環させていく社会活動「おてらおやつクラブ」に、微力ながら協力させて頂いておりますが、横浜市の広報紙の神奈川区版にひっそりと掲載されていました。

smallIMG_0350.jpg
しかも昨年12月から毎月掲載してもらっていたようです。
神奈川区の社協さん、毎月おやつを持っていってるんだから……言ってよ〜〜(笑)
知人から言われて、初めて気づきました。

ほんの僅かな寄附なのに、こうして掲載して頂いて申し訳ないような気もします。
でも「おてらおやつクラブ」という名前が掲載され、少しでも目に留まることで活動が広がっていく力になれば、それは嬉しいことです (^_^)


おてらおやつクラブ

横浜市広報 神奈川区版

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ラジ和尚!? [その他色々]

「ラジ和尚」と言えば、中京地区のラジオでコーナーを持っていらっしゃる、愛知県愛西市の大法寺ご住職、長谷雄蓮華さんの代名詞ですが、私も3月10日、東京都江東区の地域ラジオ放送であるレインボータウンFMに出演して参りました!

レインボータウンFM

樹木葬などの寺院向けサービスを運営する株式会社アンカレッジさんが持っているコーナーで、 変な坊さん 特徴的な活動をしているお坊さんをゲストに招いているとのこと。

株式会社アンカレッジ

当日は なごみ庵の法話会の日。でも午前中の生放送なので、なんとか帰ってこられそう。
タイトなスケジュールになるので悩みましたが、3月10日という日が気になって、お受けさせて頂きました。

3月10日、翌日は東日本大震災の七回忌に当たります。
仏教ではご命日当日も大切ですが、前日を「逮夜(たいや)」と呼んで、命日と同様に大切にする習慣があります。
丸6年が経ち、直接大きな被災を受けていない人々にとっては、記憶が薄れ始める頃です。ここであらためて、震災犠牲者の方々を偲びたいと思いました。

事前にも一度打ち合わせに来て下さったアンカレッジ社長の伊藤さんが、不慣れな私をスマートにナビゲートしてくれますので、安心して話すことができました。
あまりのスマートさに、放送を聞いていた私の叔母が「あのアナウンサーさん、とても良いわね〜〜」と勘違いするほど。

ラジオ.jpg
伊藤アナ(違うっ)、有り難うございました!!

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

初パネリスト!? [その他色々]

先日もご紹介した通り、ご縁あって知りあった山本潤さん初の著書『13歳、「私」をなくした私』の出版記念イベントで、トークショーのパネリストを務めさせて頂きました。
山本潤さんHP http://sadv0.blogspot.jp/


IMG_1906.cng.jpg
会場は千代田区の「アーツ千代田」。もともとは中学校の建物だそうです。
http://www.3331.jp


山本潤さんは性暴力のサバイバーで、現在はSANE(性暴力被害者支援看護師)として活躍していらっしゃいます。今までも各地で講演をなさっていましたが、それが書籍として形になりました。

IMG_1907.cng.jpg
イベントは、まず山本さんの講演が40分。

そのあと、山本さん・担当の編集者・私で鼎談が40分。他のお二人は今まで綿密に打ち合わせを重ねてきていますので、私が一歩 外の立場から司会のような立場で関わります。けれど単に司会をするだけでなく、仏教的な要素も入れて欲しいとのこと。

私も今まで僧侶として、人前でお話しをさせて頂く機会は少なからずありましたが、それはあくまで原稿を用意して1人で話す形です。今回のようなケースは初めてに近いですし、随分と緊張しました(もちろん私の特殊能力「緊張してても落ち着いて見える」が発動しましたが (^_^;)  )。


話の中で山本さんが「以前あることを諦めた」と本当に残念そうに仰いました。
私は「諦めるという言葉はネガティブなものとして捉えられていますが、本来は『あきらか』という意味があります。山本さんはその時、ご自分の状況などを予断などを交えずあきらかに判断し、正しい結論を出したのだと思います」とお伝えしたのですが、少し納得をして頂けたようでした。


鼎談の終了後は立食パーティーです。
今日の主役である山本さんは取材や参加者など多くの方に囲まれていましたが、思いがけず私も色々な方に話しかけて頂きました。
上記の発言などを好意的に受け止めてくれた方が少なくなかったようですが、それは私だけでなく、仏教に対する良いイメージに繋がっていくのだと思います。
そうであれば、不慣れな役を引き受けたのも、意味があったように思います (^人^)

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

良い怒り [その他色々]

なごみ庵によくいらっしゃる、親しくしている方のご主人が亡くなりました。
そのご主人も何度か行事にいらしてくれたのですが、穏やかで暖かい人柄の方でした。

ご家族や親戚に見守られ、聞いていると羨ましい……と言っては叱られるかもしれませんが、そう思えるような最後の日々を過ごし、そしてご往生なさいました。

しかしお通夜や葬儀の時、奥さまは亡きご主人に、しきりに謝っているのです。つらい思いをさせてごめんね、と。お話を伺うと、当然のことながら看病している上で、これをしてはいけない、あれをしなくてはならない、と言わなくてはなりません。それは相手を思っての言葉なのですが、つらい思いをさせてしまったことを悔やんでいるご様子でした。
byouki_oldman.png

火葬が済み、初七日の法要でこんな法話をしました。

以前、チベット仏教のダライ・ラマ法王のお話を聞きました。
とても驚いたのですが、「仏教者も持って良い怒りがある」と仰るのです。

「憎しみから生じる怒りは、悪い怒りである。
しかし、相手のことを気づかっての怒りや、相手の悪行そのものへの怒りは、良い怒りである」と。

奥さまやお子さんが、お父さまのためを思って厳しく接したのは、慈悲から生じたものです。心を鬼にして、自分たちもつらい思いをしながら、厳しく接したのです。

お父さまも、その時は苦しんだかもしれない。
けれど仏さまとなった今は、皆さんに感謝していらっしゃいますよ。

そう、お伝えしました。
奥さまは少しだけ、ホッとした表情になりました。


後日お聞きしたのですが、思いがけないことに他のご親族の心にも響いていたというのです。
家族を看病し、見送った経験のある方は少なくありません。同じように厳しく看病し、それを悔やんでいる方もいらしたのでしょう。その思いが心に残り続けていた時にこの話を聞き、安心して頂けたのだと思います。


もし心に怒りが生じた時、それが相手を思いやる心から生じたものなのか、それとも憎しみから生じたものなのか、冷静に見極めることが大切なのだと思います。
そしてもし憎しみから生じているのであれば、それを解きほぐしていくよう心がけたいと思います。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - その他色々 ブログトップ