So-net無料ブログ作成
検索選択
布教所日記 ブログトップ
前の10件 | -

養老指南塾 第3回目 [布教所日記]

昨年末から開始した養老指南塾、今回が早くも最終回です。
参加者からは「これで終わりと思うと寂しい」という声も上がり、ここからも楽しく充実した学びの場であったことが感じられます。

最終回は、気づきのカードゲーム、玉置妙憂さんのご講義、模擬家族会議ワークショップという流れです。

000027769598.cng.jpg
まず気づきのカードゲームですが、カードをめくっていくと様々な質問や動作が書いてありますので、それにしたがって答えたり動いたりします。あまり考えずに直感的に進めていくので、深い質問では自分の内面をさらけ出すような感覚もありました。


続いて玉置さんのご講義は「人生最期の医療を知る」と題されたもの。最終末期の医療がどう進歩しているのか、それによって何が起きているのかを聞かせて頂きました。

とても気になったのは、痛みのコントロールについてです。だいぶ以前はガンなど激しい痛みを伴う病気では、患者は痛みに耐えるしかなかった。終末期は痛みに耐える時期でもあったそうです。
やがてモルヒネなどの鎮痛薬が用いられるようになると、痛みそのものは緩和されても、意識は朦朧となってしまっていたのだそうです。

そして現在は、パッチを体に貼るだけで、意識も朦朧とせず、痛みをほぼ完璧に抑えることができるようになったのだそうです。皆さんどうですか? それは良いことだ! とお感じになりましたか?
しかし良いことばかりでもないのです。痛みそのものは抑えられ、また意識もハッキリしている。しかし体力までもが回復するわけではないので、あまり動けない状態の中、死を意識する時間が続いていくのだそうです。

これを聞いて私はゾッとしました。迫ってくる死を見つめ続けなければならないなんて……かえって苦痛に我を忘れていたり、意識が朦朧としてしまった方が、幸せだったのかもしれません。

もうひとつ思ったのは、迫り来る死の恐怖を和らげることができるとしたら、それはやはり信仰しかないのではないか、ということです。明確な死生観・死後観があれば、この恐怖を少しでも抑えることが出来るのではないか。というより、それ以外に有効な手だてはないのではないか、と感じました。

000027769573.cng.jpg
講師の玉置妙憂さん(左)とワタシ(右)
なんか深く考えてる風ですが、たぶん大したことは考えてません(笑)


そして最後は「模擬家族会議」。
12人の受講生が6人ずつの2班に分かれ、それぞれ人物設定をして、家族会議をします。議題は「認知症のおばあちゃんが、口で食事をするのが難しくなってきたので、胃ロウをするかどうか」です。

「長男夫婦・次男・長女夫婦・孫」以上の6人が、自分の立場などの設定をベースに会議を進めていきます。様々な思惑が絡みあいながら、一応の結論が出ます。しかしその結論から導かれた結果が講師の口から語られると、「ああ、これでで良かったんだろうか……」という後悔に似た感情が湧いてきました。

現実でも充分起こり得る事態だと思います。ここで大切なのは、どの道を選ぶのが正解ということはないのだということ。そして熟考し、また関係者と話しあって出した結論であっても、後悔や迷いが生じるのだということです。
ここでもやはり「信仰」が大きな力を持ちえるのではないかと思ったのは、自分自身が仏教者であるから、というだけのことだったのでしょうか……。

000027769531.cng.jpg
おまけ:模擬家族会議で私は「長女」の役でした(笑)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

養老指南塾 第2回目 [布教所日記]

養老指南塾 第2回目も無事に終了。


坊守が、内容を詳しくレポートしてくれたので、詳細はそちらをご覧頂ければと思います(手抜き!?)
いえいえ、夫婦で同じ内容を書いてもな…と思ったもので (^_^;) 


第2回レポート

つづき

おまけ


000027522625.cng.jpg
珍しいアングルの写真
参加者を見守る阿弥陀さま、の図。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

養老指南塾 第1回目 [布教所日記]

ひょんなご縁で開催が決定した養老指南塾、ついに第1回目が開催されました。

ご講師の真言宗尼僧 玉置妙憂さんから電話を頂き、初めてお会いしたのは初夏の頃。同じ真言宗僧侶の成井阿里さんと一緒にご来庵頂きました。

お会いした瞬間「ああ、この人が講師だったら、きっと良い内容になる」となんの根拠もなく(笑)直感が働き、実現に向けて相談を続けてきました。
途中、玉置さんが高野山に修行に入ることもあり、半年ちょっとを経て年末年始の開催となりました。

「親の介護」という、私自身が興味のあるテーマでしたので、他の方も興味を持ってくれるのではないかと考えていましたが、年末年始の忙しい時期にも関わらず次々と参加希望の手が挙がりました。


そうして2015年12月26日、ついに第1回。結果からお話ししますと、想像以上の内容でした。
まず、高齢者の定義からスタートし、高齢者の特徴、認知症について、介護について…等々、非常に多岐にわたる内容でしたが資料も分かりやすく、なにより話がとても伝わりやすいものでした。

長年看護師さんをされていたということで、経験は充分だろうと思っていたのですが、それを人前で話すのはまた別のことです。不安が無いといえばウソになる気持ちでいましたが、良い方向に盛大に裏切られました(笑)。
実体験とユーモアを交えた絶妙なお話でした。
000027132568.cng.jpg
遠目の写真だと私と区別がつきにくいかもしれませんが(笑)、立って話をしているのが玉置さんです。真言宗の尼僧さんですので、頭を丸めていらっしゃいます。


1回目で楽しみにしていたのは、高齢者体験キット。
肘と膝が動きにくくなるサポーター、重り入りのベスト、視野が狭くなるゴーグルなどを身につけます。
000027132641.cng.jpg
ロボコップ!? いえいえ、私です(笑)。
この状態ですと階段の上り下りは重労働です。1階に本堂のある建物にしたい、と以前から夢を持っていましたが、その思いがさらに強くなりました。

年明け、2016年1月9日に第2回、1月16日に第3回があります。
いずれも土曜日、13時〜17時までです。
まだ若干の席がありますので、ご興味のある方はご連絡下さい。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

2015年の「ほんこさん(報恩講)」 [布教所日記]

平成27年も、無事に報恩講がつとまりました。

報恩講(ほうおんこう 「ほんこさん」とも)とは、真宗の宗祖 親鸞聖人の命日をご縁とした法要で、真宗寺院にとってはお盆よりもお彼岸よりも重要な法要となっています。

今年のご講師は、築地本願寺の東京仏教学院の学友でもあり、未来の住職塾の塾長でもある本願寺派僧侶の松本紹圭師。
東大卒、MBA取得、未来の住職塾設立など、肩書きや実績を上げればキリがありません。今回は私が住職塾サンガ(卒業生会のようなもの)の会長という立場を利用し(笑)、無理を言っておいでいただきました。

来庵して聴聞して頂いた方は、およそ30名。
なごみ庵のミニマムな本堂はギュウギュウ詰めで、12月だというのに暑くなってしまいます。
P1000594.cng.jpg
最初の法要では正信偈をお勤めしますが、この人数で声を出すので大音量です (@_@;) 

法要に引き続き、松本師のご法話。
P1000596.cng.jpg
大学では哲学科だったこともあり、非常に独特な目線から仏教、そして真宗の教えを味わい、それをお伝え頂きました。

法話のあとは茶話会。もちろんご講師にも席に着いて頂き、感想や質疑応答なども活発に飛び交いながら、またお茶やお菓子を頂きながらの時間はあっという間に過ぎていきました。



後日、ある方と話していて気づいたのですが、なごみ庵の行事でこの報恩講が最も参加人数が多いのです。
「一番大事な法要なんだから当たり前じゃないの?」と言われそうですが、やはり多くのお寺ではお盆やお彼岸の方が人が集まるのです。

ちなみに今年は、春のお彼岸16名、7月のお盆10名、8月のお盆26名、秋のお彼岸22名の参加者でした。自分ではあまり気づいていなかったものの、指摘を受けて珍しい状況であることに気づきました。

やはり開所以来、葬儀や法事などの いわゆる「供養(真宗では基本的には使わない言葉ですが)」中心ではなく、仏教を伝える活動を中心にしてきた結果ではないか、という話になりました。

もちろん亡き方を追悼するのも大切ですが、今後も「仏教を伝える」ことを大切にしていきたい。
そう思いを新たにした、報恩講のご縁でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

秋のお彼岸法要 [布教所日記]

秋のお彼岸法要は『にじいろのさかな』という絵本の朗読と、それにまつわる法話。
51S1XHHQHYL._SL500_AA240_.jpg
写真は英語版のタイトルです (^_^;) 

広い海の中でもオンリーワンの、輝くウロコを持つ主人公「にじうお」。
でも彼は輝くウロコを鼻にかけた態度をとり、他の魚たちから総スカンをくってしまいます。

海の長老、タコのおばあさんに相談すると、その輝くウロコを他の魚たちに分け与えてあげなさいというアドバイス。最初はしぶしぶ言う通りにした「にじうお」は、海でいちばん美しい魚ではなくなったものの、幸せな魚になったとさ、というお話しです。


この絵本を読んで連想したのは、阿弥陀経の第3願「真金色の願」と第4願「好醜なき願」。これは浄土へ往って仏となれば、外見の良し悪しは無く平等になり、皆が金色に光り輝くというものです。

平和学には「積極的平和」と「消極的平和」という言葉があります(某首相がが使う「積極的平和」は平和学の観点からは誤用です)。

消極的平和は、紛争や戦争の無いいわゆる「平和」の状態。そして積極的平和は、貧困や様々な差別、医療や教育の差などが無い状態を指します。つまり、生まれた地域や身分によって被る否応ない不利益が無い状態のことです。

また六波羅蜜の「布施行」も連想しました。「にじうお」が輝くウロコを配り与えたこと、つまり自分にとって何より大切なものを分け与えたことによって、執着の心を離れる事が出来たのではないでしょうか。

作家のマーカス・フィスターさんも、まさかお坊さんに解説されるとは思ってなかったでしょうね (^_^;) 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2015年8月のお盆 [布教所日記]

なごみ庵では7月、8月、ともにお盆の法要をいたしますが、やはり8月の方が多くなります。
地域的には街中なので7月盆のエリアだと思うのですが、そもそも なごみ庵に集う方々は近隣の方ばかりではありません。

ということで…
P1000463.cng.jpg
本堂は満席に。
暑い…エアコン頑張れ!

法要もお盆の法話も済み、茶話会へ。
いろんな方とお話させていただき、楽しい時間を過ごせました (^_^)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

名古屋でみすゞ&宗派を超えた法話会 [布教所日記]

5月はイロイロありまして、まずは名古屋の本願寺派別院さまにて「金子みすゞ いのちへのまなざし」。
IMG_1158.cng.jpg
7月26日には「イダイケの涙」、11月29日には「恵信尼ものがたり」と続きます。


そして「宗派を超えた法話会」。
ご講師は「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の先輩であり、臨済宗 独園寺ご住職の藤尾聡允師。
P1000337.cng.jpg

なごみ庵の狭い本堂がびっしりになって、5月だというのにクーラー全開でした。
P1000339.cng.jpg

ご法話の後は、茶話会でご講師に質問が飛び交います。
ハッキリ言って、法話の時間よりも茶話会の方が長くなり、その場で出てくる質問に答えるのですからご講師も大変です。でも皆さん様々な話を聞け、満足していたご様子でした (^_^)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

新入社員研修で講演!? [布教所日記]

新入社員研修という、珍しい場でお話しをさせていただくご縁がありました。

「無財の七施について話してほしい」と最初にお聞きした時、福祉関係の会社なのかな? と思いましたが、第一カッター興業さんという土木系の会社。「え? なんで?」と戸惑っていましたが、「この会社はCSRに力を入れてます」とのこと。
CSRを調べてみると「企業の社会的責任」とあり、なんとなく腑に落ちました。

お受けして話す内容を考え始めたのですが、お寺によくいらっしゃる年代はもちろん、「死の体験旅行」参加者の年代よりも若い20歳前後の方々が10名ほどとお聞きし、かなり悩みました。けれど、普段通り話せばいいんだと思い直し、資料を準備していざ当日。

IMG_1085.cng.jpg
茅ヶ崎駅から車で10〜15分ほど。大きな建物です。

WP_20150401_018.cng.jpg
講題の「無財の七施」、その横に「修行」と「修業」の違いを説明する文字を書こうとしていますね。
学生生活での知識の習得は「修業」で、社会人になって以降は終わりのない「人生修行」なんだな、と思いました。

WP_20150401_014.cng.jpg
11名の若者(土木の会社としては珍しいことに、2名の女性新入社員がいるそうです)は、午前の入社式と研修に続き、午後の研修としてお坊さんが登場し、少し驚いていました (^_^;) 

今回のご縁で、今まで知らなかったCSRについて学ぶ機会になりましたし、また仏教の智慧というものが現代社会に活かされ得るものだと、改めて認識をいたしました。

反省点としては、普段以上にもっと言葉をかみ砕かなくてはならなかったな、ということ。いつも「わかりやすい言葉で」をモットーにしていますが、10代の方もいたということで、どこまで受け止めていただけたか少々不安が残りました。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:blog

倶生の碑 合同墓参 [布教所日記]

平成26年秋に完成した「なごみ庵合同墓 倶生の碑」、初の合同参拝に行って参りました。
今回は1体の納骨があり、これで合計2体めのお骨が納まることになります。

出来上がった時も嬉しかったのですが、昨年末に初の納骨をした時、「ただの石碑」から「手を合わせる場所」になったという感慨がありました。
そして今回、別々の家の方が納骨されたことにより、本当の意味で「合同墓=みんなのお墓」になったと、感慨が深まりました。
この世で縁のなかった人も一緒に手を合わせている光景は、不思議な、しかし爽やかな感覚がありました。
P1000241.cng.jpg

お墓参りについては坊守も詳しく書いていますので…


墓参後に食事をした三崎食堂さんの写真を(笑)。

P1000246.cng.jpg
まず、三崎といえばマグロということで、マグロ尽くし定食。

P1000247.cng.jpg
こちらは鰤の刺し身やタタキがこれでもかと乗った、ブリブリ丼!

P1000248.cng.jpg
こちらはエビが豪快な、エビ天丼!

他にも魅力的なメニューがたくさんで、優柔不断な私は迷いに迷ってしまいました (^_^;) 

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

2015年3月の法話会 [布教所日記]

3月の法話会は、バタバタでした。

まず私。
葬儀が入り、昼の法話会ギリギリに帰庵。
叔母に早めに来てもらいお参りの方を出迎えて頂きました。
P1000214.cng.jpg

そして坊守。
お芝居が入って昼の回・夜の回ともに欠席。
いつもは昼の回が終わって帰る叔母に、夜もいてもらいました。

叔母上、フル回転です。
有り難うございました m(_ _)m

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 布教所日記 ブログトップ