So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年4月の法語 [月々の法語]

仏の御名をきくひとは ながく不退にかなうなり
Those who hear the Buddha’s Name attain forever the stage of nonretrogression.

今年の法語カレンダーは、2009年以来8年ぶりに、親鸞聖人の和讃(わさん)が題材になっています。和讃は七五調の和語の歌で、平安時代に流行した「今様(いまよう)」と形式は同じですが、仏・法・僧伽を讃嘆したものが特に「和讃」と呼ばれます。
また、カレンダーでは4行ある和讃の2行が記されていますので、まずは全体像をご紹介します。

たとひ大千世界に みてらむ火おも過ぎ行きて
仏の御名をきくひとは ながく不退にかなうなり

<ことばの意味>
大千世界:仏教の世界観で、この世界全体を指す「三千大千世界」の略。
みてらむ火:「満ちる火」の意。
不退:仏教語で、正定聚(信心が定まり、仏に成ることが定まった位)から退かないこと。
かなう:「適合する」、「あてはまる」の意。

<現代語訳>
たとえこの宇宙を猛火が包もうとも、その満ち満ちている火の中をも突き進んで、阿弥陀仏の名号(南無阿弥陀仏)を聞き求める人は、永遠に正定聚の位を退かない地位を約束されるのだ。


<私のあじわい>
今でこそロケットで宇宙から地球を見ることができるようになり、私たちが住んでいる世界はどのような形なのか分かっていますが、昔は世界のあちこちで想像力にあふれた世界観がありました。

古代インド人の世界観は壮大です。まず虚空に3枚重なった円盤状のものが浮かび、周囲に月や太陽が浮かんでいます。円盤は下から風輪、水輪、金輪と言い、「金輪際」という言葉はここから来ています。

金輪はお盆のようになっていて、内側に水が満ちていて、これが海になります。海には中央に大きな島がひとつと、東西南北にもそれぞれ島があり、南に浮かぶ島が自分たち(古代インド人)が住んでいる場所とされていました。

中央の島には天までとどく須弥山がそびえ立っています。おそらく北方にそびえるヒマラヤ山脈がイメージされているのでしょう。ちなみにお寺の本堂で、ご本尊が安置されている壇は、この須弥山になぞらえて須弥壇と呼ばれています。
また、須弥山の上空にも世界があり、最も上を有頂天と呼びます。金輪際といい有頂天といい、私たちが使う言葉には多くの仏教語が含まれています。

さて、これが1世界です。これが1000集まると小千世界。小千世界が1000集まると中千世界、中千世界が1000集まると大千世界で、呼び方としては三千大千世界となります。つまり10億の世界が集まって三千大千世界となるという、途方もない世界観です。

あまりにも想像力たくましい話ですが、以前国立天文台の所長を務めた観山正見さん(浄土真宗寺院のお生まれです)は、偶然ではあろうが、実際の宇宙の構造に似ている、と仰います。

太陽や月を含む1つの世界が、私たちの住む太陽系。その太陽系のような星系が数多く集まって1つの銀河系(小千世界)が形作られます。さらに銀河系が多数集まり銀河団(中千世界)となり、銀河団が多数集まって宇宙全体(三千大千世界)、となるのでしょうか…。果てしなさ過ぎて、頭がクラクラしてきます。

さて、ようやく話が和讃に戻りますが、その宇宙全体とも言える三千大千世界がたとえ火に覆い尽くされたとしても、その炎に屈せず阿弥陀仏の名を聞き求める人は、仏さまに成ることが間違いない位(正定聚)に至る、と説かれています。

「炎に屈せず」とは、かなり勇ましい内容の和讃ですが、それでも私たちに必要なことは阿弥陀仏の名を称え聞くことです。なによりお念仏を大事にして欲しいという親鸞聖人のお気持ちが伝わってくるような気がします。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

おてらおやつクラブ、ひっそり広報に掲載 [その他色々]

・「おそなえ」を「おさがり」として「おすそわけ」
・「もったいない」を「ありがとう」へ

というコンセプトで、お寺へのお供えおものを社会に循環させていく社会活動「おてらおやつクラブ」に、微力ながら協力させて頂いておりますが、横浜市の広報紙の神奈川区版にひっそりと掲載されていました。

smallIMG_0350.jpg
しかも昨年12月から毎月掲載してもらっていたようです。
神奈川区の社協さん、毎月おやつを持っていってるんだから……言ってよ〜〜(笑)
知人から言われて、初めて気づきました。

ほんの僅かな寄附なのに、こうして掲載して頂いて申し訳ないような気もします。
でも「おてらおやつクラブ」という名前が掲載され、少しでも目に留まることで活動が広がっていく力になれば、それは嬉しいことです (^_^)


おてらおやつクラブ

横浜市広報 神奈川区版

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ビフォー・アフター [布教所日記]

東白楽に移転して約7年、入口の看板がボロボロになってしまいました… (-_-;)
smallIMG_0325.jpg

smallIMG_0324.jpg

どげんかせんといかん、ということで色々検討しましたが、あまりお金が無いので専門の外装業者さんに頼まず、家庭用の部材を取り付けて頂き、自分でもチョコチョコ手を加えました(貧乏性?)。

その成果が…
smallIMG_0331.jpg

smallIMG_0330.jpg
なんということでしょう〜〜

え? あんまり変わってない?
たしかに仰る通りです (-_-;)
でもラティスが新しくなり気持ちよく、また樹脂入り木材になったので、以前より劣化しにくいと思います。


ちなみに、初めていらっしゃる方は裏の公園側に出てしまう場合も多いので、そちらの看板も…
smallIMG_0333.jpg
  ↓  ↓  ↓
smallIMG_0338.jpg
新しく、大きくなりました (^_^)

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

100年を超えての繋がり [金子みすゞ]

昨日(2017年4月11日)、Googleのトップページをご覧になった方はいらっしゃいますでしょうか?
ご覧になった方は、こんなロゴを目にしたと思います。
1704111.png

Googleのロゴは季節行事などで色々と彩られますが、昨日は詩人 金子みすゞの生誕114年を記念してのものだったそうです。そしてこのロゴは、有名な『私と小鳥と鈴と』をモチーフにして描かれたもの。日本限定だったようです。

金子みすゞさんといえば、私の妻が舞台女優ですので、寺院向けのお芝居を作り、全国各地のお寺等で100回以上公演させて頂いています。
small関内ホール.jpg

このGoogleロゴについて書かれた記事を見ていたら、みすゞさんが詩作を初めて最初に投稿した4つの雑誌、全てに詩が掲載され、その中の一つが『婦人画報』だというのです。

婦人画報といえば、2017年5月号に「死の体験旅行」の記事を掲載して頂いたばかり。その直後のタイミングでGoogleロゴのモチーフが みすゞさんになり、たまたまそれに気づかされたということに、言いようの無いご縁を感じました。

それにしても、114年前に生まれた詩人の作品が初掲載された雑誌が、今でも継続されているなんてスゴイですよね! 婦人画報は現在刊行されている女性雑誌の中で、最古のものなのだそうです。

記事になった「死の体験旅行」もウェブで見られるようになっていました。
男性は手に取りにくい雑誌だと思いますので、よろしければご覧ください(もちろん女性でも)。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2017年4月号 [和庵だより]

◇ 父の十七回忌 ◇

 三月六日は、私の父が亡くなって丸十六年の祥月命日で、十七回忌に当たる日でした。
 私はお寺ではなく在家(一般家庭)出身ですので、もちろん父も僧侶ではなく、自分で色々と商売をし、晩年は趣味と半々のような仕事をし、六十九歳で突然亡くなりました。

 私はその時すでに僧侶になっていましたが、突然の別れでしたので気が動転し、なかなか受け止めることが出来ませんでした。しかし通夜葬儀でお経を勤め、またそこから日々、父を思いながら朝の読経をする中で、少しずつ心が落ち着き、受けいれられたように思います。

 四年ほど前には、兄と慕う方、父と慕う方が続けて往生され、心にぽっかりと大きな穴が空いたような感覚を味わいました。しかしその時も毎朝のお勤めで亡き方を偲び、少しずつ受けいれていけたように感じます。


 いつもは葬儀やご法事で、他者の大切な方やご先祖さまを追悼する場に僧侶として立っています。しかし今回は自分の父ですから、僧侶でありつつ遺族でもあるという立場でした。

 そこで改めて感じたことは、亡き方を思い手を合わせる時、同時に自分の心も満たされていく感覚でした。つまり追悼とは、亡き方のためという気持ちを通じ、実は自分のために行っているのではないでしょうか。

 よく「子孫に迷惑をかけたくない」という言葉を聞くことがあります。しかしご本人にとって親や先祖の追悼は「迷惑」だったのでしょうか。

 少なくとも私にとっては、追悼の機会や場が無く、心のやり場が無くなってしまう方が「迷惑」に感じますが、皆さまはいかが思われますか?


△ お 知 ら せ △

@4月20日(木) 仏教井戸端トーク 19時 浅草にて
様々なテーマで聴衆からお題を頂き、それについて法話をする人気企画「仏教井戸端トーク」からお声を掛けて頂きました。しかし今回は「仏教用語禁止」というルールで、引き受けてしまったことを早速後悔しています。
困り果てるであろう私を、ぜひ応援にいらして下さい。

会場:緑泉寺(台東区西浅草1-8-5) 定員:30名 参加費:1000円


@5月6日(土)〜7日(日) 寺社フェス向源
毎年ゴールデンウィーク恒例の「向源」、今年は会場を中目黒の正覚寺さんに移しての開催です。超宗派の声明(音楽的なお経)の公演や、僧侶と脳科学者のトークショーなど、人気コンテンツがギュッと凝縮されています。もちろん私も「死の体験旅行」を開催します。

7日は京浜四大本山(増上寺・本門寺・川崎大師・総持寺)を会場とし、そのお寺・その宗派それぞれの体験や、僧侶による詳しい案内を受けることができます。


◎死の体験旅行 4月19日(満席)、5月17日(水) 豊島区 金剛院

◎自死ご遺族分かち合い 4月27日(木)10時30分 築地本願寺

◎地区セン・神之木地区センター写経会 毎月第1・3(火)18時30分(変更の場合あり)
      ・神之木地区センター笑いヨガ 4月10日(月)10時30分

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

AFPニュース&Yahoo!ニュース [死の体験旅行]

ここのところ「死の体験旅行」への取材が続いたので、この話題ばかりで恐縮です (^_^;) 

今まで何回か取材のご縁がありましたが、実は動画の取材はお受けしたことがありませんでした。テレビ取材の申し出も何回かあったのですが、ワークショップの性質上、とても難しいですし、もし実行するとしたら綿密な打ち合わせが必要です。

でも今回、AFP通信(フランス通信社)日本版から申し出があり、リリースまで間があるとのことで打ち合わせが出来そうなので、お受けさせて頂きました。

事前にメールや電話で打ち合わせをし、ワークショップ撮影の前に なごみ庵まで来て頂き相談&インタビュー撮影。ワークショップ当日の撮影、また後日追加部分収録のため足を運んで頂きました。
ほんの数分の映像を作るのに、本当に手間がかかっているのですね…。

そうして出来上がったのが、以下リンク先の映像&ニュースです。
何分かの時間がある時にでもご覧ください (^人^)

AFP通信

同ニュース Yahoo!版

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

『婦人画報』の表紙に! [死の体験旅行]

100年を超える歴史を持つ、日本最古の女性向け雑誌『婦人画報』さんに「死の体験旅行」の記事を掲載して頂きました。しかも……ワタクシ初の雑誌表紙を飾りました!!

IMG_0299-3.cng.jpg
バーーン!!

IMG_0299-2.cng.jpg
ん……?

IMG_0299-1.cng.jpg
あれ……!?

IMG_0299.cng.jpg
小さっっ!

右下の赤丸が私です(笑)
表紙は表紙でも、色々なことが学べる「夢の学校」という特集の1つとしての掲載でしたので、こんな感じになっています。
でも表紙は表紙、ウソは言ってませんよ〜 (^_^;) 

IMG_0298.cng.jpg
中は、見開きで写真を大きく使った記事になっています。

他には、モデルさんによる「レッドカーペットの歩き方」や「着ぐるみ学校」、野村万蔵さんの「一日狂言教室」などなど幅広い「学び場」が特集されています。

本屋さんで見かけたら、ぜひ手に取ってみて下さい (^_^)

婦人画報HP

追記!
記事をウェブでも見られるようになりました。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

なごみ庵 合同墓お参りバスツアー2017 [布教所日記]

毎年春恒例の、なごみ庵合同墓 倶生の碑へのお参り&バスツアー、無事に行ってまいりました!

「桜の咲く頃に」ということで、毎年4月上旬に開催していますが、わりと天候が不安定な時期のせいか、例年雨だったり曇りだったり……でもようやく今年は気持ちよい快晴の中、お参りすることができました (^_^)

道中の最初、なぜかお土産を買いに農協運営の「すかなごっそ」へ(坊守の強い要望です)。
「開店間もなくだから、まだ農産物が並んでないかもしれませんね〜」なんて言ってたら、駐車場待ちの列が!

店内に入ると……
IMG_1916.cng.jpg
大混雑!!
想定外で驚きつつ、皆さん主婦モードに入り、買い物を楽しみました。

すかなごっそ


IMG_1915.cng.jpg
春の気配の三浦半島は、あちこちで花が咲いてます。
菜の花が白くなったような可憐な花…下を見ると…

IMG_1915-2.cng.jpg
大根!!


IMG_1919.cng.jpg
そんなこんなで倶生の碑に到着。
風も穏やかで天気も良く、お参り後は散策を楽しめましたが、あいにく桜はまだほとんど開いていませんでした。昼過ぎからどんどん暖かくなったので、午後遅く行ったらだいぶ開いていたかもしれません。


お参り後、昼食を頂いてから一路 横須賀方面へ。
今回の目玉は、横須賀軍港めぐりです。

横須賀には有名な米軍基地があるとともに、海上自衛隊の基地もあります。横須賀軍港めぐりは、この2つの基地を船の上から見学できる大人気のツアー。2ヶ月前に予約しようとしたら、すでに満席の回も多く、私もあわてて予約をしました。

IMG_1923.cng.jpg
観光船はこちら。
えっ、こんなに乗って大丈夫? というほど多くの人が乗船し、出航。

なんとなく軍艦を見るだけなのかな…と思っていたら、解説のお姉さんがず〜〜〜っと詳しく説明をしてくれます。とても慣れたもので、またこの日は停泊中の艦船が多かったらしく、「へぇ〜〜、ほぉ〜〜」とうなづきながら、あっという間に45分が過ぎました。

IMG_1925.cng.jpg
中でも珍しかったのは、整備中の自衛隊の潜水艦。
一般の船には識別番号や名前がバッチリ書いてありますが、潜水艦は隠密行動をしなくてはならないので、船体には何も書いてありません。能力も秘密、どこに行くのかも秘密。乗組員も、家族にすらナイショにしなくてはならないそうです。

しかも一度出航すると、長いあいだ海中に潜ったまま狭い船内で過ごすので、せめて食事は美味しいものを…と、潜水艦の食事は他の艦船より単価が高く設定され、また自衛隊内の腕利きのコックさんが乗船するのだそうです (。・・。) 

横須賀軍港めぐり


今回、軍港めぐりをツアールートに加えたのは、よくお参りに来て下さる方のオススメだったのですが、親しくしている方に「なぜ軍港めぐりなんですか?」とご質問を頂きました。

仏教には「兵戈無用(ひょうが むゆう)」という言葉があります。
これは「兵隊も武器も必要の無い世界(が理想である)」という意味で、お寺のツアーで軍港を見に行くのは矛盾しているかもしれません。
でもその方は「こういったことを楽しめるのは、平和な世の中な証でもあるし、そうした世の中が続くように願いたい」と仰り、なるほどと感じました。

たしかに、もし軍事的緊張が高まっている時代でしたら、軍港を観光船で見るなんて不可能です。ですから、このツアーが継続されているということは、平和の証でもあるのですね。

帰り道、最後のご挨拶でちゃっかり引用させて頂きました (^_^;) 

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

死の体験旅行 2000人 [死の体験旅行]

2015年1月から始めたワークショップ「死の体験旅行」
基本的に少人数生で開催しているのですが、3月22日でついに……
受講者が2000名を超えました!
IMG_2697.cng.jpg
写真「フリースタイルな僧侶たち」

本当に多くの方々に関心を持って頂き、受講して頂いたことに感謝しています。
最初の頃は「死」なんてことに誰も興味を持たないと思っていましたが、大間違いでした。
色々な方と触れ合えるこのワークショップ、今では自分のライフワークです。

思えば…
P1030150.cng.jpg
最初、なごみ庵で仲間たちと受講して、そのうち自分で始めて…

DSC_0183.cng.jpg
寺社フェス向源で開催したり…

14330669975_5af51a9bc6_o.cng.jpg
えらい大きな部屋で開催したり…(これも向源)

IMG_0642.cng.jpg
金剛院さんで最初は書院をお借りしたり…

IMG_1057.cng.jpg
大学生の卒業制作の題材になったり…
(「死の体験旅行」専用の建物の模型!)

IMG_2715.cng.jpg
今は金剛院さんの蓮華堂が定宿、環境が抜群です。

IMG_2695.cng.jpg
ほとんどの開催を取り仕切り、受付をしてくれている相棒の堀内さん。
シャイなので画像を加工しました (^_^;) 

最初は彼が声を掛けてくれて、「受けたい人なんているかな?」と半信半疑な私に、様々な場所で開催させて頂く機会を与えてくれました。

今までの開催は107回ですが、7〜8割は彼とのコンビだと思いますので、それだけ私のナレーションを聞いてくれたということです。もうほぼ暗記してるんじゃないかな?


本当に多くの方に支えられ、ご縁を頂いて、ひとつの区切りを迎えました。
まだまだ興味を持って下さる方がいそうですので、コツコツと続けていきたいと思います。

「死」を考えるとき、「生」がゆたかになる
ワークショップ「死の体験旅行」
開催情報 まちのお寺の学校


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2017年3月の法語 [月々の法語]

一念慶喜するひとは 往生かならず さだまりぬ
People who attain the one thought-moment of joy, their birth becomes completely settled.

今年の法語カレンダーは、2009年以来8年ぶりに、親鸞聖人の和讃(わさん)が題材になっています。和讃は七五調の和語の歌で、平安時代に流行した「今様(いまよう)」と形式は同じですが、仏・法・僧伽を讃嘆したものが特に「和讃」と呼ばれます。
また、カレンダーでは4行ある和讃の2行が記されていますので、まずは全体像をご紹介します。

若不生者の誓いゆえ 信楽まことに時至り
一念慶喜するひとは 往生かならず さだまりぬ

<ことばの意味>
「若不生者の誓い」とは阿弥陀如来の四十八願 第十八願にある「若不生者 不取正覚(もし浄土に生まれることを望んで、それが果たされない者がいれば、私は悟りに至ることはない)」という部分を指します。
「信楽」は、その阿弥陀仏の誓いを深く信じて疑わないこと。
「一念慶喜」は、阿弥陀仏を信じる心が起こり、喜びが湧き上がることです。
「往生」は浄土に往って、仏として生まれることです。

<現代語訳>
迷える人を救い得なければ、我も仏にならないとの阿弥陀仏の誓願の故に、ようやく信心の開ける時がめぐり来て、信じ得た喜びにひたる人は、浄土への往生が誤りなく決定している。


今月の法話会は、東日本大震災の七回忌法要を合わせてお勤めすることになりました。言うまでもなく多くの犠牲者が出て、いまだに2500人以上の方が行方不明という大災害でした。
非業の死を遂げたり、遺体すら見つからない場合、関係者や遺族は「亡き人は苦しんでいるのではないか、さ迷っているのではないか、成仏できないのではないか」という思いを抱く場合があると思います。東北の大学の学生が書いた「被災地の幽霊」という論文も注目を集めましたが、仏教ではどう説いているのでしょうか。


阿弥陀如来の誓いのうち、最も大切な第十八願には「私(法蔵菩薩=阿弥陀仏の前身)が仏になる条件が整った時、人々が私の国(極楽浄土)に生まれたいと願って私の名を呼び、もしそれが果たされないならば、私は仏に成ることはない」と書かれています。

「名を呼び」というのは「南無阿弥陀仏」とお念仏を称えるという行為を指します。つまり、難しい修行などが出来なくても、お念仏を称えた者を必ず救うと阿弥陀仏が誓われているのです。

となると、「亡くなった方は仏教徒というわけではなく、念仏を称えたこともないだろうから、成仏できていないのだろうか」と疑問に思うかもしれません。
しかし私はそうは思いません。「全ての生けとし生ける者を救いたい」と願った阿弥陀仏が、永遠にも近い時をかけて熟慮し修行なさった成果が、お念仏の有無で左右されるでしょうか。私はお念仏は絶対的に必要な条件という訳ではないと思っています。生命を全うし、安らかな世界に旅立ちたいという根源的な思いを、阿弥陀さまは汲み取って下さるのではないでしょうか。

であれば、仏教やお念仏にご縁が無いまま亡くなった方々も、苦しんだりさ迷ったりしているのではなく、ちゃんと成仏なさっていると私は受け止めています。

仏教では「逮夜(たいや)」という考え方があります。ご命日の前夜を意味する言葉ですが、命日と同等以上に重んじられ、逮夜に法要をする場合も多かったようです。今日の法話会は、東日本大震災の逮夜、3月10日にあたります。多くの犠牲者を偲びつつ過ごす一日にしたいと思います。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog