So-net無料ブログ作成

4月6日は [徒然と記す帳_]

もう3日経ちますが、4月6日は私にとって大切な日です。

2009年の4月6日で、結婚7周年の記念日。同じく、なごみ庵開所3周年記念日です。

なごみ庵は「お寺のタマゴ」と銘打っていますが、相変わらずタマゴのママです。
もっと貪欲にならないと、いつまでたってもタマゴのままだろうなぁ、と思いつつ、それでも良いか、なんて思ったりもします。


それで、メインは夫婦の話です。

基本的に赤の他人としてこの世に生まれて、不思議なご縁によって一組の男女が夫婦となる。夫婦の数だけ夫婦の形があると思いますし、もちろん離婚する夫婦もいる訳です。

生まれた時も場所も違えば、いのちを終える時も場所も、事故でもない限り違う訳です。自分が後になったときの事を考えると、イヤだなぁと思う反面、相手にそんな思いをさせるのも申し訳ないなぁ、と思います。
私がお勤めした葬儀で、奥さんに先立たれたご主人が「この思いを妻にさせなくて済んでホッとしている」と絞り出すようにおっしゃっていました。なんて優しい方なんだろう、どれほど奥さんを愛していたんだろう、と胸が熱くなりました。

でも、どんなにイヤだろうと、その時は必ず訪れます。それも、明日なのか50年後なのかわかりません。生きる事って、つらくて大変なことだなぁ、と感じます。

幸い自分は仏教と出遇いました。人生を歩く杖のように感じています。これがあれば、何があっても大丈夫、とまでは自信が持てませんが、一度手にすると、それが無い事は不安です。
新聞社などがアンケートをとると日本では「無宗教」と答える方が多いそうですが、よく不安なく過ごせるなぁ、強いんだなあ、と感じます。

そんな事を考えた、結婚7周年となごみ庵開所3周年と3日目の夜でした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

消太

遅ればせながら、おめでとうございます。
3年目、いつまでもお幸せに!

「三年か、妻と待つ、観念さ」
さんねんか つまとまつ かんねんさ

三年が、五年、十年、二十年、そして五十年と末永く。
「観念さ」と言っても、奥様と一緒ですよ。



 
by 消太 (2009-04-12 19:46) 

ボーズ

>消太さん
ありがとうございます。
得意の回文ですね。
いろいろ考えさせられる文章ですね(笑)
by ボーズ (2009-04-13 13:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0