So-net無料ブログ作成

発心、というかイキサツ [比叡山 回峰行]

新コーナー「チャレンジ!!回峰行」です。
回峰行とは、京都の比叡山延暦寺で行われる、深夜から未明にかけて比叡山中を巡る修行のことです。

本当の回峰行は「千日回峰行」と言い、7年間で合計千日の回峰を行う荒行です。最も短い行程で30キロ、長い行程では84キロという道のり、しかも山の中です(84キロの行程では街中も含まれるようです)。1200年以上の歴史の中で満行した者は50名に満たないという、挑む事すらなかなか許されない厳しさです。


もちろん私が千日回峰行に挑むわけではなく、1日の体験版に挑戦してみよう、という事です。
順を追って話しますと、仏教伝道協会が毎年開催している実践布教研修会という、様々な宗派の僧侶が集まる研修会があります。私、2009年に鎌倉 建長寺で行われた時に参加をしています。

ここ2年は参加していませんでしたが、今年参加した先輩が「来年は比叡山らしい、それで1日の回峰行体験ができるらしいぞ」と教えてくれたのです。

なんでも深夜2時に出発し、6時間でゴールをしなければならないそうで、体験版でゴールまでたどり着けるのは3割から多くて5割だそうです。

そう聞くと、フツフツとチャレンジしてみたい気持ちが湧き上がってきました。とは言っても37歳の自分が、何の準備もなく完走(完歩?)出来るわけがありません。体力もそうですが、90キロ以上の体重がネックです。平地の30キロも長い道のりですが、アップダウンのある山の中となれば、余計に体重が重荷となるでしょう。

という事で約1年の時間をかけて準備をして、なんとか完走を目指したいと思います!

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 4

りょうた

服装は?まさか!作務衣に草履!!

んなわけではないでしょうが装備が重要だと思います。
靴、服、サポーター(体重を気にしているのであれば膝のサポーターは必需品特に下りは堪えるので)の選び方は重要だね。
靴も少し前から慣らしておかないといけないし
最近はトレッキングが流行なんで価格もこなれてきたし
見るのも楽しいよぉ
by りょうた (2011-08-23 15:22) 

ボーズandカナコ

>りょうたさん
服装はよくわからないんですが、履き物に関しては「足袋にワラジ」が思いのほか良いんだそうです。
自前のトレッキングシューズやジョギングシューズを使う人もいるんだそうですが、足袋+ワラジの人の方が完走率が高いとか…。
どうしよう??
by ボーズandカナコ (2011-08-23 20:53) 

りょうた

足袋と草鞋かぁ・・・
履き慣れているならともかくいきなりはどうなんだろう?
完走率が高いのはそういった事をよくしている人がそういう
カッコなのでは?
とくにボーズさんみたいに体重があると膝にきます、膝をカバーするためにも足首のホールドとクッションは重要だと思います。
膝のサポーターはバネ?の付いているのが楽。
最近は山行かないのでゴルフのとき使ってる(笑、どんだけ軟弱になってるんだよ)
by りょうた (2011-08-24 10:26) 

ボーズandカナコ

>りょうたさん
トレッキングなどの情報を見ていると、地下足袋を使われる方もいるみたいですね。エアクッション入りの地下足袋なんてのもあるそうです(驚)。
by ボーズandカナコ (2011-08-25 09:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0