So-net無料ブログ作成

2014年10月号 [和庵だより]

◇ 今月は厚めでお届けします ◇
 今月のなごみ庵だより、「あれ? 厚いな?」と思われたのではないでしょうか。今月はちょっと盛りだくさんな中身でお届けしています。
 まずはいつもの寺報「なごみ庵だより」。そして数年ぶりに作り替えた「なごみ庵リーフレット」。表紙のイラストは同じですが、中身は刷新いたしました。また、そこに挟まれているのは、なごみ庵合同墓「倶生の碑」のパンフレットです。ぜひお目通し下さい。

◎秋のお彼岸法要&絵本朗読
「親と子の読み聞かせ 絵本に学ぶ仏さまの教え」

P1040486.cng.jpg
 お彼岸は、仏教に親しむ時期として昔から大切にされてきました。今回、年齢を問わずお参り頂きたいと考え、絵本の読み聞かせと、それにまつわる仏さまのお話しをさせて頂きました。
 思ったよりも大勢いらしてくれたお子さんたちは最前列。お経のお勤めも元気に声を出してくれ、絵本も一所懸命に聴き、そして観ていてくれました。
 ごほうびは坊守お手製のバナナケーキとピーナッツクッキーでした。

@盆おどり部 始まります!
なごみ庵に隣接する公園で、夏まつりに盆おどり大会が行われます。しかし参加者が減っているとか…。そこで町内会の方々と相談し、盆おどり部を発足しようという話になりました!
まず第1回目は10月24日(金)午後5時より、平川町内会館にて。少なくとも住職と坊守は世話人として参加しております。ご興味をお持ち頂いた方は、どうぞなごみ庵までお問い合わせ下さい。

@「自死・自殺に向き合う僧侶の会」追悼法要
私が入会し活動している「自死・自殺に向き合う僧侶の会」では毎月築地本願寺で自死者遺族の分かち合いを行っています。また、毎年12月1日は自死者追悼法要「いのちの日 いのちの時間 東京」を大きな規模で厳修しています。今年の会場は東京都大田区の池上本門寺を会場です。詳細はお寺までお尋ね下さい。

@なごみ庵報恩講…12月12日(金)と14日(日) いずれも13時
大晦日の「二歳参り」を除く年内最後の行事「報恩講」は、今年は新作仏教芝居「観無量寿経をひも解く物語 イダイケの涙」公演のため、2日間に分けての開催です。詳細は次号にて。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0