So-net無料ブログ作成

2015年8月号 [和庵だより]

◇ これからの水子供養 ◇

 都内の護国寺さまで行われた「これからの水子供養」という研修に参加をさせて頂きました。宗派は違いますが仲間の僧侶が主催をしており、会場にはやはり宗派を越えた多くの僧侶が集っていました。
 最初に書いておきますと、浄土真宗では「水子供養」という考え方をいたしません。なぜなら、亡くなった方は年齢を問わず仏さまになっていらっしゃるので「水子」ではないこと。
 また、仏さまに対し「供養=お供えをして養う」のではなく、「恭敬=つつしみ、うやまう」気持ちで手を合わせるからです。

 教義は教義として、実際には流産・死産を経験して苦しんでいる方はいらっしゃるわけです。なにかその方々のお力になれないか…そんな思いで参加をいたしました。
 会場には、流産・死産を経験した方々のグループ「ポコズママ」のメンバーがいらして、実際の経験談やつらいお気持ち、どのように亡き子を偲んでいるかなど、お聴かせ頂きました。

 また、ポコズママさんで発行している小冊子『大切なお子様を亡くされたご家族へ』を入手いたしましたので、同様の問題で悩んでいらっしゃる方にお分けいたします。ご希望の方は、どうぞ遠慮無く なごみ庵までご連絡ください。お送りをさせて頂きます。


【なごみ庵合同墓 倶生の碑】
七月上旬、早めのお盆参りをいたしました。
また、溜まった雨水が汚れないよう、花立てを写真のフタ付きタイプに交換の予定です。
P1000440.cng.jpg

P1000441.cng.jpg

△ お 知 ら せ △

@お盆のご案内
お盆は7月に行う地域と、8月に行う地域がありますが、いずれも13日〜16日がお盆の期間になります。なごみ庵では両月とも合同法要をお勤めいたします、どうぞお参りください。
・8月14日(金)14時より なごみ庵 お盆・初盆 合同法要(約40分 茶話会あり)

@個別のお盆・初盆をご希望の方は、お早めにご連絡をお願いします。
なごみ庵で、ご自宅で、また霊園などでお勤めいたします。申し込みが多くなると思われますので、お盆期間(7月・8月 13〜16日)よりも前後にゆとりを持ってお考えください。

@7・8月の行事
お盆の都合上、行事の変更があります。7・8月の法話会はお休みです。
また、8月7日(金)の「長いきの会」は、普段は午後2時からですが、8月は午後3時よりとなります。くれぐれもご注意ください。

◎9月20日(日)10時30分より 秋のお彼岸法要 なごみ庵にて 締切:特になし
「暑さ寒さも彼岸まで」と申します。9月20日はまだ暑さの残る頃かもしれませんので、今回は午前10時半からの法要といたします。
最初に法要をお勤めし、続く絵本の朗読は、マーカス・フィスター作、谷川俊太郎訳の『にじいろのさかな』です。
niziiro.jpeg
朗読のあと、住職が絵本にちなんだ法話をいたします。
そのあとは、いつものように茶話会です。
ぜひ、ご家族・お子さん・お孫さんもお誘いください。
ご参加の方は準備の都合上、下記申し込み用紙をファックスいただくか、またはお電話、メールなどでお申し込みください。

◎課外活動 盆おどり部…毎月1回 平日夕方 平川町内会館にて。8月はお休み
      笑いヨガ……大口駅 神之木地区センターにて 8月10日(月)10時半〜

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 4

いずみ

和尚さんがたは、毎日念仏をとなえますか?
どのくらい唱えますか?
親鸞さんみたく御堂に籠ったりするのですか?
御堂に籠る、ひたすらお念仏を続けるとどうなるのですか?

ひたすらお念仏を唱える会みたいなものはありますか?
浄土真宗のお寺さんは、どこもそうゆう会がありますか?

一般のものは、どのくらい唱えたらよいのですか?

いろいろ質問してすみません。
できましたら、教えてください。
by いずみ (2015-08-28 22:13) 

ボーズandカナコ

いずみさま
こんにちは、ボーズと申します。
書き込み有り難うございます (^_^)

私は毎朝のお経の時、お念仏をします。
しかし浄土真宗では、数多く称えることを重視しないので、御堂に籠もって念仏を称え続けたり、そのような会をしているお寺はあまり無いと思います。

浄土宗ですと、木魚を叩きながらお念仏を称え続けるという会もあるようです。リンク先は少し過去のものですが、東京であれば増上寺さんで開催することがあると思いますよ。

http://www.higan.net/news/2013/03/24h-nenbutsu.html
by ボーズandカナコ (2015-08-29 23:53) 

いずみ

教えてくださいまして、ありがとうございます。
増上寺、参加してみたいです。
数多く唱えることを重視されていないとのこと、
念仏は必須の行かとおもっていました。
では、念仏の何を重視されているのか?
お聞きしてみたいです。

和尚さんにとって、念仏とは何か?
と聞かれたら、何と答えますか?
教えてください。

念仏ってこんなにすごいんだよ
というお話を聞きたくて、
色々な方にお聞きしています。
宜しくお願い致します。

わたしは念仏、凄まじいパワーを持っていると思います。
共鳴できる人を探しています。
みんな言葉だけ、形だけだから・・・
嘘ばっかりの人が多いから・・・

by いずみ (2015-08-31 00:05) 

ボーズandカナコ

>いずみさん
そうですね…浄土真宗にはいわゆる「行・修行」というものは無いのです。「行・修行」であれば、それは自分の力で称えていることになります。

しかし浄土真宗では、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、自分の口で称えているお念仏であっても、阿弥陀仏からその縁を頂いている、という捉え方をします。

ですので、「念仏の何を重視している」ということも、私は考えません。1日に何回お念仏を称えようという目標も建てません。

もちろん、お経に書かれている念仏の意味をここに書くことは出来ます。いわく『阿弥陀仏の前身である法蔵菩薩が、永遠にも等しい期間の修行を積まれて、その功徳を念仏する衆生に廻向してくださった』となります。

このストーリーは歴史的事実ではありませんし、法蔵菩薩や阿弥陀仏は生身を持った存在ではありません。でも私は、この物語に感動を覚えます。
「念仏とは何か?」と問われれば、私の心を最も強く動かすもの、と答えるでしょうか。

「凄まじいパワー」とおっしゃいましたね。
この「パワー」が何をさしているのか、それが気になりました。それが、現実世界を変えていくもの(世界を平和に、や病気が治りますように、等々)という捉え方でしたら、それは誤った理解になると思います。
お念仏は、呪文や魔法のようなものではないからです。
by ボーズandカナコ (2015-08-31 15:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0