So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

耳に十四の心のヒダ [カウンセリング]

あるニュースが目に留まりました。
「80歳の盲目の男性、刃物を持ち役所へ」

どういうことだろうと思い記事を読むと、以下のような内容でした。
事故により15歳で視力を失った男性。
その後、努力して鍼灸師となり、結婚もして穏やかに暮らしていた。
しかし妻に先立たれ、その上75歳ごろに難聴を発症した。
公営住宅に移ることになったが、転居や公共料金の手続きが思うようにいかない。
そんな状況で募りに募った悲しみや怒りが、刃物を持って役所に行くという行動に走らせた。
男性は誰かを傷つけるつもりではなく、「自殺しに行ったんですよ」と語ったという。

もちろん男性の行動は褒められたものではありませんが、その人生を知ると、どこかで違う道に進むことは出来なかったのだろうかと感じます。そしてその道は、ほんの小さな支えで見いだされ得るのだと思います。

記事の最後にこうありました。
盲目の男性も逮捕後に精神科を受診させられたが、問題はなかったという。その際、医師は話にじっくり耳を傾け「いろいろ経験したんですね」と共感してくれた。
「十数年ぶりに人の温かさに触れて心がじんわり熱くなった。地獄に仏とはこのことだなぁ」。つかの間、光が差した気がした。
smallスクリーンショット 2018-03-30 03-30 21.43.32.jpg


医師は相手の話を聴き、そして口にした「いろいろ経験したんですね」という、ほんの僅かなひと言が、男性に「地獄に仏」とまで思わせたのです。


私がカウンセリング、傾聴と出逢ったきっかけは、カウンセラーの富田富士也先生でした。
子ども家庭教育フォーラム

講義の中で富田先生は「聴くという字は、耳に十四の心と書きます。人の話を聴くというのは、自分の心に多くのヒダを作って、そのヒダに相手のやるせない気持ちを染み込ませていくのです」と仰いました(だいぶ前の記憶なので、詳細は異なるかもしれません)。

この男性のそばに、心の多くのヒダを持つ方がいらしたら、この事件は起こらなかったでしょう。
いえ、これほどまでに悲しみや怒りを募らせることも無かったかもしれません。

そういった人との出会いは縁です。
私も縁に導かれて、どなたかのやるせない気持ちを聴けるようになりたいと願っています。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント