So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仏道修行、人間修行 [その他色々]

お坊さんです、と言うと「修行が厳しいんですよね」「滝に打たれるんですよね」などとよく言われますが、浄土真宗は珍しい宗派で、いわゆる「修行」がありません。
taki_syugyou.png
なぜかというと、宗祖の親鸞聖人ご自身は比叡山で厳しい修行をされたものの、どうしても消しきれぬ煩悩を自覚し、修行では救われぬ自分を見つめ続け、ついに至ったのが阿弥陀仏に救いとられてゆく道だったからです。

ですので他宗派のお坊さんが積むような修行は一切無く、天台宗や日蓮宗、臨済宗などの修行が厳しい宗派の僧侶の話を聞くと頭が下がる思いがしつつ、内心ホッとしてしまいます(笑)。

先日、その厳しい修行の体験談をお聞きする機会がありました。おひとりは日蓮宗の久住謙昭さんによる荒行堂のお話、もうおひとりは天台宗の小野常寛さんによる回峰行のお話です。
smallIMG_2216.jpg
(右が日蓮宗の久住さん、左が天台宗の小野さん)

まずは日蓮宗の久住さん。
毎年11月1日〜2月10日までの100日間、千葉県の大荒行堂に籠もり、1日7日の水行をします。水行以外の時間は読経や写経をし続け、食事はお粥が1日2回。寒さ、疲労、栄養も充分でない状況で、今でも途中で亡くなる方がいらっしゃるのだそうです。

そして天台宗の小野さん。
小野さんは、非常に有名な千日回峰行の導入編とも言える百日回峰行に挑みました。比叡山内を裸足に草鞋で飛ぶように駆け抜ける修行で、途中でやめる場合は自決しなければならないという厳しさです。また、小僧(研修)期間を経て回峰行に入り、終えた後は奉公という期間もあるので、実質丸1年ほど比叡山に籠もるのだそうです。

もともと親しくさせて頂いているお二人ですが、その経験談に聴き入ってしまいました。そして非常に意外だったのは、発表後の質疑応答で私の「なぜ修行をするのか?」という問いへのお二人の答えです。
久住さんは「悟るためというより、人を救い導く僧侶になるため、心身を鍛える」と仰いました。
また小野さんは「悟るというよりも、釋尊の追体験をしている」と仰いました。

私はそれまで、厳しい修行をする宗派というのは、悟りを得るために修行をしているのだと思い込んでいました。しかし、このふたりは「そうではない」と捉えているのです。特に小野さんは「回峰行をすると、自分のダメな所ばかりが見えてくる」と仰いました。

浄土真宗の僧侶の中には、修行を無駄なものと否定する方もいらっしゃいます。でも親鸞聖人は、厳しい修行の経験があってこそお念仏の道を選ばれたのですから、修行の経験は決して無駄ではなかったと私は思います。
またお釈迦さまも、6年間の苦行を経た後に悟りに至りましたが、その苦行があったからこそ、悟りに至れたのだと思います。

浄土真宗の僧侶は悟りを目指す仏道修行はしませんが、だからこそ研鑽を積むことが大切だと思っています。自分のことで言えば、傾聴や自死遺族に関わる活動は、悩める人々の苦しみが少しでも軽くなるように精進しています。いわば仏道修行ではなく、人間修行を積んでいると言えるのかもしれません。

厳しい修行をしても、それを一過性のものとしてしまえば、せっかくの努力が薄まってしまうように感じます。また修行が無いことで努力まで放棄してしまっては、なんのための僧侶か分かりません。
宗派によって考え方は違いますが、やはりお互いに理解することで分かり合える部分が大きくなるのだと思います。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年2月号 [和庵だより]

◇ 芥川賞! ◇

1月号で、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の法友で、女性僧侶の石井遊佳さんが執筆した『百年泥』が芥川賞にノミネートされたことをお伝えしました。

「もしかしたら……いやでもデビュー作がいきなり芥川賞は……」とドキドキしながらニュースを見ていたら、「芥川賞 石井遊佳さん」と速報が! 今回は2名の受賞だったようですが、まさかが本当になってしまいました! しかし本当に嬉しいです。人さまのことで、こんなに嬉しい気持ちになれるとは思ってもみませんでした。

石井さんは私と同じく一般家庭出身で、ご縁あって僧侶になって間もなく「自死・自殺に向き合う僧侶の会」に入会されました。私よりも年齢は少し上ですが、会では後輩になりますので、色々とお伝えをさせて頂いておりました。

ほどなくして、「亡き方への手紙」というプロジェクトが立ち上がり、石井さんと私ともう1名の僧侶がメンバーになり、リーフレットを作ることになりました。その説明文を作る時に石井さんが「私、文を書くのが得意なので下書きを作りますよ」と率先して仰ったのです。

あとで考えれば、そりゃあ「文を書くのが得意」なはずです。なにせ後の芥川賞作家なのですから! でもそんなことを知らない私ともう1人の僧侶は、出来上がった下書きにあーだこーだと注文をつけ手直ししました。今考えると、穴を掘ってでも入りたいほど恥ずかしいです。

でも今回そのことを伝えると、文は目的・対象・状況で考えるものなので文章技巧とは別物ですよ、と仰ってくれ、ホッとました。

百年泥.jpg
大きな賞を取ると出版も早いですね。
『百年泥(ひゃくねんどろ)』新潮社から1月24日に発売だそうです。


△ お 知 ら せ △

◎春のお彼岸法要 3月18日(日)13時
別紙の通り、春のお彼岸法要をお勤めいたします。
ここ最近、法要後に絵本の朗読があり、その絵本についてのご法話をさせて頂いていましたが、今回は金子みすゞさんの詩に画家の中島潔さんが絵を描いた詩画集を用います。

◎三浦霊園 合同墓 倶生の碑 墓参&バスツアー 5月20日(日)
例年4月のはじめ頃に開催しているバスツアーですが、今回はもう少し暖かい時期と思い、5月20日に開催いたします。4月号で詳細をお知らせいたしますが、参加ご希望の方はぜひ予定を手帳に書き込んでおいてください。

【報告】彫仏ワークショップ 1月6日(土)
若手仏師の山崎仁さんによる「手のひら地蔵彫りワークショップ」を開催いたしました。
smallIMG_0506.jpg
寺報などでまったくお知らせをしていなかったのですが、実はある自助グループの代表と山崎仏師が当庵で出会って生まれた企画で、今回はその会員限定でした。でも、とても良い時間でしたので、今後なごみ庵の縁人の皆さまにもご案内できればと思っています。

◦死の体験旅行 2月14日(水)19時 豊島区 金剛院
◦自死ご遺族分かち合い 2月22日(木)10時30分 築地本願寺
◦神之木地区センター写経会 毎月第1・3火曜18時30分(変更の場合あり)
◦神之木地区センター笑いヨガ 2月12日(月)10時30分

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

芥川賞おめでとう! [その他色々]

昨年(2017年)の10月に、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」で共に活動する女性僧侶、石井遊佳さんが書いた小説が、新潮社新人賞を受賞したとお伝えしました。
http://753an.blog.so-net.ne.jp/2017-10-09

その作品『百年泥(ひゃくねんどろ)』が勢いに乗って芥川賞にノミネートされ、会の仲間は騒然となりました。
受賞したらえらいことだ…
いやいや、デビュー作でそこまでは…
受賞したら今までみたいに仲良くしてくれるかな…
色々な思いが湧き出てきましたが、とにもかくにも発表日である2018年1月16日19時を心待ちに。

ちょうど私は地区センターで写経会の真っ最中の時間帯です。
写経が始まる前の法話の中で「19時頃、私が『あ〜〜〜っ♫』と声を出したら受賞したと思ってください、『あっ・・・』だったらダメだったと思ってください」とご説明。

そして皆さんが集中して写経している中、私はスマホを操作し…『あ〜〜〜っ♫』
皆さんの集中力を思いっきり削いでしまいました(笑)
smallスクリーンショット 2018-01-16 01-16 23.14.11.jpg

それにしても嬉しいです。
人様のことでこんなに嬉しい気持ちになれるとは、自分でも驚いてしまいました。

石井さんは私より後に入会したので、年は少し上ですが後輩になります。
入会して間もなく、石井さんと私ともう1人の僧侶で、あるプロジェクトを担当しました。そのプロジェクトのリーフレットを作る際、石井さんは「私、文章書くの得意な方なので、叩き台を書きますね」と仰ってくれました。
今になって思うと、そりゃ得意どころじゃありませんよね (^_^;) 

後に芥川賞を取るお方などと露も知らず、出された文章に私ともう1人の僧侶はあーだこーだと注文をつけて手直しをしましたが、今思うと恐れ多いことでした (>_<)

そんな交流もあったので、ご主人の仕事の関係でインドに行ってしまうことになったのはとても残念でした。でも石井さんは、休暇で日本に帰ってくる時には必ず会の活動に顔を出してくれました。

受賞会見をネットで見ていると、本人は現在インド在住ですので電話での会見。
その中で、10代から日記を書き始め、20代後半から創作活動を開始し、本格的に作品を投稿し始めたのは30代と仰いました。40代を過ぎても自分を信じ続け、100作以上の小説を書き続け、ついに54歳で芥川賞の受賞となったのです。

宮本武蔵の言葉で「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす」というものがあります。1万日、つまり27年の歳月をかけてこそ本当の実力が備わるということでしょう。
創作活動を開始したのが27歳とすると、ちょうど1万日を過ぎ、武蔵の言葉通りその努力が結実したのです。

会見の最後に石井さんは「20代30代で受賞したら自分の力と思ったかもしれないが、今は自分の能力努力で受賞したとは全く思わない。助けてくれた人、支えてくれた人のお陰、感謝の気持ちでいっぱいです」と仰いました。

これからの石井さんの創作活動に期待していきたいと思います (^_^)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年1月の法話 [月々の法語]

ここ数年、月めくりの真宗教団連合カレンダーに書いてある言葉を法話のテーマにしてきましたが、お参りの方からの要望があり、今年は歎異抄(たんにしょう)をテーマにお話しさせて頂くことになりました。
スクリーンショット 2018-01-13 01-13 22.37.16.png
歎異抄は宗教書というだけでなく哲学書としても世界中に広く知られ、またセンター試験によく問題として取り上げられる、非常に著名な書物でもあります。

親鸞聖人の著書ではなく、直弟子の唯円さまの聞き書きと言われています。
実は宗教書、哲学書には聞き書きのものが多く、いわゆる仏教のお経もお釈迦さまが書いたわけではなく、侍者であった阿難を中心とした仏弟子たちによって編纂されました。
新約聖書もイエス・キリストの弟子たちが書き記したものですし、論語も孔子の弟子たちが編纂をしたものです。

師である親鸞聖人が亡くなり時が過ぎ、その教えが誤解されたり曲解されたりすることが多くなってきたようです。親鸞聖人の側仕えをし、その言葉によく耳を傾けていた唯円さまは、教えが「なっていくことをき」、少しでもそれを正したいと筆を執られたのです。

今回取り上げた「前序」は親鸞聖人の言葉ではなく、上記の通り唯円さまが何故この書物を残そうと思ったのかという動機が記されています。
「故 親鸞聖人の御物語の趣、耳の底に留むるところ、いささかこれをしるす」という唯円さまの言葉が心に響きます。

来月からは内容に触れていきたいと思います。


注:少し大きな本屋さんに行くと、歎異抄に関する本がたくさん並んでいて、どれを選べば良いか迷ってしまうかもしれません。中には偏った内容のものもありますので、岩波文庫、角川文庫、講談社などメジャーな出版社が出しているものや、本願寺出版が出しているものがお勧めです。
また五木寛之さんの「私訳 歎異抄」(PHP文庫)も読みやすいかと思います。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

はじめての瓜生さん [その他色々]

親しくさせて頂いている伊豆の正蓮寺さんで、毎月11日に法話会が開かれています。
http://www.shourenji.or.jp

ichigo-01.jpg
周辺はイチゴが名産ということもあり、「いちごいちえの法話カフェ」というネーミング。
こちらにお弟子さんのHくんと一緒にお伺いさせて頂きました。
便宜上「師と弟子」と表現していますが、肩を並べて共に法話のお聴聞に行けることが嬉しいです (^_^)

smallIMG_2269.jpg
写真は開会の挨拶をする住職の渡邉元浄さん。「いちごいちえの法話カフェ」のネーミングなど、相変わらずのセンスの良さです。

今回伺いたい思ったのは、以前からご法話を聴きたい聴きたいと念願していた瓜生崇さんがいらっしゃると耳にしたから。

smallIMG_2270.jpg
勝手に持っていたイメージでは、淡々とご法話をなさるのかと思っていたのですが…実際には全く逆で、とにかく熱い。
原稿も全く見ず(後で聞いたら用意しない流儀とのこと)、まくし立てるように法を説く瓜生師に圧倒されてしまいました。
「とにかく仏法を伝えたい」そんな思いが響いてくるご法話でした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

彫仏ワークショップ初開催! [布教所日記]

昨年ひょんなご縁で2人の方と知り合い、非常に興味深いワークショップを開催することになりました。

おひとりは「フルリール」の代表の方。
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com

フルリールはHPによると「発達障害(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、ADHD(未診断含む)など)のパートナーを持つ人たちの居場所」とあります。
つまり、配偶者や恋人に上記のような障害があり、それによって苦しみを抱えているという方々の集まりで、「カサンドラ症候群」という名前でも知られつつあるのだそうです。


もうおひとりは若い仏師の山崎仁さん。
http://www.gourmet-ikuta.com/

もちろん依頼を受けて仏像を彫るのですが、その他にも一般向けに仏像彫り教室を開催しています。非常に懇切丁寧に準備を整えてくれていますので、「彫刻刀を触るのなんて何十年ぶり!」という方でも小さなお地蔵さまを彫ることができます。


この両者が出逢って、なごみ庵でフルリール会員向けに彫仏ワークショップを、という話が盛り上がり、新年早々ではありますが企画が実現しました。

募集開始するとすぐに希望者が集まったそうで、狭〜い なごみ庵の限界まで追加募集し、坊守を含めて15名が受講することになりました。

smallIMG_0502.jpg
最初に説明をする山崎仁さん

smallIMG_0503.jpg
全員、とても真剣に集中して彫り進めていきます。
最近、坐禅や写経で「今」に集中することが「マインドフルネス」という言葉で再認識されていますが、この彫仏も非常に「今、目の前」に集中することができるようです。

あっという間に3時間が過ぎ、少し掃除をしてから入仏法要に移ります。
小さなお地蔵さまですが、苦しみを抱えたそれぞれの方の「心の拠り所」となりますように。そんな思いを込めて法要を勤め、ご法話をさせて頂きました。

法要の後は茶話会。
お茶とお菓子を前に、普段なかなか周囲に話せない悩みを持つ者同士、話が弾みました。

smallIMG_0506.jpg
今回は坊守も参加させて頂いて彫ったのが右側のお地蔵さま。
左は数カ月前に私(住職)が彫ったもの。
5cmほどの、可愛らしい仏像ができあがりました (^人^)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年1月号 [和庵だより]

◇ いのちの先生 ◇

taro4.jpg
今年は戌年ということで、坊守の実家で飼っている柴犬の写真を載せてみました。しかしこの写真、実は前回の戌年の頃に撮ったものです。当時3歳と若々しかったタロも、今では15歳のおじいちゃんとなり、「老い」ということを教えてくれています。

犬、猫、ウサギ、熱帯魚などペットを飼っている方も多いと思います。私の知人に獣医を兼業している異色の住職がいますが、お盆・お彼岸・報恩講…どの法要よりも、ペットの追悼法要が最も参拝者が多くなるのだそうです。


人間よりもペットの法要の方が盛大なのは笑い話のようでもありますが、もの言わぬ動物だからこそ愛情もひときわ深くなるようです。また、単に愛情を注ぐ相手というだけでなく、ほとんどが人間よりも寿命の短い動物たちだからこそ、いのちの尊さ・儚さ・大切さを私たちに教えてくれているように感じられます。

昨年、ある宗派で「ペットは極楽浄土に往生できるのか」という論争が巻き起こりました。言い換えると「ペットは成仏できるのか」ということです。私は、私たちに いのちの尊さ・儚さ・大切さを教えてくれる存在は、善知識、つまり尊い存在と言えると思います。尊い存在であるのなら、私を導く仏さまと捉えることも出来るのではないでしょうか。

また、「いただきます」という食事の言葉も、食卓に並ぶ「いのち」を尊ぶ言葉です。お正月でご馳走が続くかもしれませんが、そんな時こそ気持ちを新たに「あなたの〝いのち〟をいただきます」と手を合わせてみてはいかがでしょうか。


△ お 知 ら せ △
◎イキイキ長いきの会 1月5日(金)14時
毎月第1金曜日に開催されているイキイキ長いきの会。舞台女優の坊守の指導によりストレッチや呼吸法、発声練習を行い、イキイキ元気な生活を目指します。どうぞご参加ください。

◎芥川賞 発表 1月16日(火)
なごみ庵の予定ではありませんが、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」で一緒に活動しているインド在住の女性僧侶、石井遊佳さんの初の小説が昨秋「新潮新人賞」を受賞しました。そしてその勢いで、なんと芥川賞候補にノミネート! 発表日はドキドキしながら過ごすことになりそうです。

【報告】いのちの日 いのちの時間 東京 12月1日
今年は築地本願寺の蓮華殿で開催された自死者追悼法要、大きなお堂がいっぱいになるほどのご遺族、また超宗派の僧侶が集まり、亡き方々への追悼の時間を過ごしました。

【報告】報恩講法要 12月10日
テレビや雑誌、出版などで大活躍の僧侶 大來尚順さんをご講師にお招きいたしました。1時間のご法話は20分ずつの3部構成で、ご自身の留学の経験やテレビ収録のウラ話などを交えつつ浄土真宗の教えをお話し頂きました。

◦死の体験旅行 1月15日(月)19時 豊島区 金剛院
◦自死ご遺族分かち合い 1月25日(木)10時30分 築地本願寺
◦神之木地区センター写経会 毎月第1・3火曜18時30分(変更の場合あり)
◦神之木地区センター笑いヨガ 1月8日(月)10時30分

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog