So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

W杯「他力本願」じゃいけない [その他色々]

久々の「いけない」シリーズ!

日本時間の2018年6月28日夜に開催されたサッカー・ロシアW杯。
日本のグループリーグ最終ポーランド戦を、「ああ、こりゃ明日のニュースは仏教用語の誤用が連発するだろうなぁ… (-_-;) 」と思いながら観ていました。

その仏教用語とは、『他力本願』
スクリーンショット 2018-06-29 06-29 21.18.51.png
翌日夜、Yahoo!ニュースのスポーツカテゴリーに限って「他力本願」を検索すると、62件の記事や写真がヒット。しかしよく見ると競馬や野球の話題も混じっているので、「他力本願 ポーランド」で検索しなおすと41件ヒット。これはほぼ全て、昨晩のW杯に関する記事のようです。

ほとんどの方がご存知と思いますが、4チーム中2チームが決勝ラウンドに進出できるという状況で、対戦国ポーランドに1点先制された日本が、他会場の試合の様子を見ながら、「1点差負けなら決勝ラウンド進出できそうだから、攻めずにパス回しをしよう」という戦術を選択しました。
他会場の試合の行方に自分たちの命運を賭けたその姿が「他力本願」と揶揄されているワケです。
(ちなみに、サッカーに詳しくない私はその戦術の是非についてとやかく言う気は全くありませんが、非難をする方の気持ちもわかりますし、逆に称賛する方の気持ちもわかります)


さて、ここで「他力本願」で辞書を引いてみましょう。
まずは大辞林。

①  〘仏〙 弥陀の本願の力に頼って成仏すること。
②  〔本来的な意味からはまちがった用法〕 他人の力に頼って事をなすこと。
①の最初の「仏」は「仏教用語」の意味です。そしてその言葉に複数の意味がある場合、最初に出てくる説明が本来の意味です。
けれどほとんどの人は、本来は誤用である②の意味で使っています。

次に世界大百科事典
阿弥陀仏が一切の衆生を救済しようとしておこした誓願。また浄土教で他力の弥陀の本願を頼むことをいう。
他力とはみずからの力によらないで,仏・菩薩の力によって救われること,とくに阿弥陀仏の四十八願,別しては第18願による救済をさす。
浄土教では浄土門・念仏行を他力とし,聖道(しようどう)門・余行を自力(じりき)とする。また他力を他力本願の意とし,本願によらないものを自力とする。
阿弥陀仏の本願力を名づけて他力とし,仏の本願力を頼む念仏を他力の念仏として,阿弥陀仏の本願力すなわち他力を頼んで,念仏による往生浄土を願うことを他力本願という。


なんだかややこしくなってきましたが、つまり本来の「他力本願」とは…
対象:他の誰かさんではなく、阿弥陀如来
目的:決勝ラウンド進出ではなく、成仏
この状況でのみ使うべき仏教の大切な言葉であって、野球とかサッカーとか政治とかで使ってほしくないんです!! (>_<)

とは言え、字面で誤解・誤用されてしまうのは仕方ないことだと思います。また辞書に複数の意味が載ってしまっている以上、誤用とも言い切れません。せめて昔のお坊さんが「阿弥陀力本願」とか「仏力本願」という言葉にしてくれていたら誤解も減らせたかもしれませんが、タイムマシンも無いので変えようがありません。

そこで「他力本願」の誤用を減らすため、新たな言葉を考えることにしました!
一般に願いごとをするのは神仏などです。
けれどサッカーの神さまなどいるのでしょうか…
Googleで検索すると…
pele.jpg
ペレ

ということで、今後はサッカーで「他力本願」という言葉を使いたい場合は…
「ペレ力本願」を使って頂けるようお願い申し上げます m(_ _)m

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

2018年7月号 [和庵だより]

◇ ウチのタロが ◇

 1月号でお知らせした高齢の柴犬のタロですが、犬は人間の7倍の速度で老化するという言葉の通り、どんどんと弱っていきました。昨日できていたことが今日できない…人間も同じなのでしょうが、進行が速いぶん変化がはっきりと見えます。

smallIMG_0672.jpg
(写真は亡くなる数日前のタロ)

 そして食べ物も受け付けなくなり、水すらあまり飲み下せなくなり、6月18日の朝、ちょうど坊守が見守っているなか、息を引き取りました。食べられなくなった時点でもう長くないことは頭で分かっていましたが、やはり本当に亡くなってしまうと痛切な思いが胸に迫り、涙が溢れ出てきます。

 亡くなってすぐに枕経、翌日葬儀。私と坊守の僧侶2名でしたので、「タロ、贅沢だぞ」と思いながら読経し、横浜市内の寺院が運営している火葬場で荼毘に付しました。

 もの言わぬ動物ではありますが、悲しみは深いものがあります。いえ、もの言えぬ動物だからこそ、人間のように利害関係が無いからこそ、純粋に悲しめるのかもしれません。最期の日々はどんどんと痩せていき、心細くなったのか甘えるようになり、幼犬時代に戻ったかのような姿に愛情は深まるばかりでした。

 1月号で「ペットは成仏できるのか」という論争があると書きました。答えの出ない問いではありますが、大切なことを教えてくれ、生老病死の悲しみを教えてくれる全ての存在は尊いものであると、私たちは受け止めています。タロもお念仏を称えることはできませんが、そもそもが仏さまや菩薩さまの化身として私たちのもとに来てくれたのではないかと感じます。

 であれば、いつか私たちがお浄土に往生したとき、懐かしい方々と共に出迎えてくれるのではないかと思っています。だんだんとお浄土に大切な方が増えていきますが、倶会一処、再び会える場所があるという信仰は、死への恐れを和らげてくれるのではないでしょうか。


△ お 知 ら せ △

◎雨の御堂筋
7月上旬、僧侶向け研修の講師として大阪に出張してまいります。会場は本願寺派の津村別院、とは言っても地元の方にはこの名称では通じず「北御堂」の愛称で親しまれています。大阪には東西本願寺の別院があり、それぞれ南御堂・北御堂と呼ばれ、そのお堂を繋ぐ道を御堂筋と呼びます。この通りに店を構えることが大阪商人の夢であったそうです。

◎盂蘭盆会法要 なごみ庵にて 7月15日(日)/8月12日(日)
いずれも10時半より
なごみ庵では7月・8月のいずれもお盆法要をお勤めいたします。どうぞお気軽にお参りください。
また、個別にお盆法要や初盆法要のお勤めをご希望の方は、お寺までご連絡ください。
お盆は法要のご依頼が重なりますので、お早めのご相談をお願いいたします。

◎劇団 五色の花『雰囲気のある死体』に住職(一瞬だけ)出演
なごみ庵坊守が舞台役者をしているのはご存知の方が多いと思いますが、このたび住職も舞台にほんの一瞬だけ出演することになりました。
役柄は「お坊さん」役です(笑)。

会場:四谷 絵本塾ホール(東京都新宿区若葉1-22-16)
6公演ありますが、友人僧侶と交互に出演するので、私の出演は3回です
(以下赤文字の回)
7月26日19時
27日14時・19時
28日14時・19時
29日14時・17時
奇特にも観覧ご希望の方は、なごみ庵までご連絡ください(チケット3500円)

◦神之木地区センター写経会  7月3日(火)18時30分
◦神之木地区センター笑いヨガ 7月9日(月)10時30分(12月まで毎月第2月曜)
◦死の体験旅行  7月18日(水)19時 豊島区 金剛院
◦自死遺族の集い 7月26日(木)10時30分 築地本願寺

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

中外日報さん掲載 [死の体験旅行]

各業界にも専門紙があると思いますが、仏教界…というか宗教全般を取り扱う大手新聞が中外日報さん。だいぶ前に特集記事「生老病死 いのちの現場から」の担当記者さんから取材を受け、かなりじっくりと話しこんだので楽しみにしていたのですが、2月に掲載されていたようです (^_^;) 

ちょっとご報告が遅くなりましたが、2号連続の記事です。しかも私が自分で思っている以上のことを文章にしてくださって、嬉しいなという気持ちと、「流石だなぁ」という気持ちがどちらも湧き上がってきます。

中外日報2018.2.23.jpg
まずは2018.2.23日号。
取材頂いたのは2017.2.15で、お釈迦さまの命日とされている涅槃会の日。記事にも「人間はなぜ死なねばならないのかがお釈迦様の問い」と私の言葉を書いて頂きました。また、参加者の様子を注意深く観察し、その印象を書いてくださいました。

中外日報2018.2.28.jpg
続いて2018.2.28日号。
最近になって宗派を超えた仲間と「死生観」をテーマにした団体を立ち上げましたが、記事の中に「あやふやな死生観のままでは不安になります」「そこに宗教者の出番があるはずです」と書かれていて、1年半ほど前から自分の考えは固まっていたんだな、と再確認できました。

また「死の体験旅行」は直接仏教的なことを説いているわけではないものの、「身の回りの日常的な多くのものに支えられていることに気づくこと、それは『縁起』に目覚めること」という思いを引き出して文章にしてくださっています。

記事を拝読し、また思いを新たにすることができそうです (^人^)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

伊豆正蓮寺さまで「適当」法話 [その他色々]

法友の渡邉元浄さんが住職を勤める、伊豆の国市の正蓮寺さまで、「いちごいちえの法話会」6月の法話を担当させて頂きました。
http://www.shourenji.or.jp
smallIMG_2374.jpg
ちなみに正蓮寺では世にも珍しい「双頭蓮」が芽吹き、地元の新聞やテレビが連日取材に訪れています。法話で訪れた日は、残念ながらまだまだ蕾でした。


半年ごとに計画してチラシを作る関係で、日程決めとともに講題を尋ねられたのが4ヶ月ほど前のこと。その時ふっと頭に思い浮かんだのは「適当」という文字。その勢いのままにテーマは「適当のススメをあなたに」と決まりました。

日が近づくにつれ、「なんでこんな講題にしちゃったんだろう」と頭を抱えつつ原稿を作ります。ここまで話はまとまらないのは珍しく、前日深夜まで悶え苦しんでいました (^_^;) 

当日早朝、まだモヤモヤしたまま新横浜から新幹線で三島、そこから在来線で韮山駅。
「お寺に着いたら時間があるから、もう一度話を組み立ててみよう…」と思っていたら、「おてらおやつクラブ」の発送作業に駆り出され、結局ほとんど考える間も無いまま法話の時間に… (>_<)
https://otera-oyatsu.club


そんな状態で話し始めたのですが、自分で言うのもアレですが意外とスムーズに話が繋がっていきました。何というか、勝手に組み上がっていくような不思議な感覚で、聴いている皆さんも頷きながら真剣に耳を傾けてくださり、私の背を押してくれているようでした。
smallIMG_2368.jpg
テーマが「適当」ということで、資料?の植木等さんと高田純次さん(笑)

終わってから色々な方と話すと、いつもの常連さん以外に「このテーマに興味を持って初めて参加」という方が多く、15回目の今回が最多人数だろうとのこと(台風が近づいてたのに…!)。

初参加のご婦人と話すと、「もっと肩の力を抜いて生きたい…」と涙ぐみながら仰っていました。詳しくは分かりませんが、何か背負うものが大きく重いのだろうな、と察せられました。
何の気なしに決まったテーマでしたが、こういった話を求めている方が多かったんだな〜と実感。これが「降ってくる」という状態なのかなと感じました。このテーマを、さらに練り上げてみたいと思います。

smallIMG_2369.jpg
法話が終わって、ホッとしての写真。
右側のイケメンが住職の渡邉元浄さんです。
イケメンで、センスがよく、真面目で熱意があるという何拍子も揃った方です。
何か弱点が無いかと探すのですが、今のところ見つかりません(笑)

2018年6月中旬に双頭蓮が咲く予定です。
珍しい花とナイスガイ住職に会いに、皆さんも伊豆まで足を運んでみてください (^人^)

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

2018年6月の法話 [月々の法語]

今年は親鸞聖人のお言葉を、弟子の唯円(とされています)が聞き書きをした『歎異抄(たんにしょう)』を題材としてお話しさせて頂いています。
スクリーンショット 2018-06-05 06-05 13.50.23.png
順番からいくと第5条なのですが、ちょっと都合があって第6条についてお話しをさせて頂きました。
第6条は「師弟関係」について親鸞聖人が説かれています。

晩年京都にいらっしゃった親鸞聖人に、関東の弟子たちから質問が届いたのでしょう。
関東での布教時代、親鸞聖人の元には多くの弟子が集いました。師が近くにいる間は疑問があれば色々と直接お聞きすればよいかったのですが、遠く京都に行かれてしまうと、なかなかそうもいきません。

さまざまな疑問や異説がはびこっていったようで、念仏の道場を開く弟子たちの間に、自分の弟子、他人の弟子、というような勢力争いも始まってきたようです。

そんな窮状を訴える弟子に向かって親鸞聖人は、「私には1人の弟子もいないよ」と言い放ったのです。
お弟子さんたち、さぞ驚いたでしょう。
きっと目が点になったに違いありません (。・・。) 

親鸞聖人は言葉を続けます。
私が自分でお念仏をこしらえて皆さんに渡したのであれば、皆さんを私の弟子と言うことができるでしょう。けれどお念仏は阿弥陀さまが永い時をかけて考えこしらえたものです。私はそれを皆さんにお伝えしただけですから、私たちは師や弟子という関係ではないのですよ。

浄土真宗が「絶対他力」と言われる所以です。
阿弥陀仏の救い、お念仏の教えに、一切自分の力を挟む余地が無い、という清々しいまでの親鸞聖人の姿勢です。
さらに「自分の弟子、他人の弟子」という争論に対して親鸞聖人は「もってのほかの子細なり」「荒涼のことなり」「不可説なり」と嫌悪感すら伝わるほどの厳しい言葉をもって叱責しています。

そして親鸞聖人は、世間的にみれば師弟関係にある方々を「御同行(おんどうぎょう)・御同朋(おんどうぼう)」と呼ばれました。上も下も無い、みな仲間なのだと説いたのです。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

中小企業診断士会 [死の体験旅行]

「死の体験旅行」は、受講されたた会社の人事の方などが「今度うちの会社の研修に」と仰って、名刺交換をすることが時々あります。しかし、後になってよくよく考えると社員向けじゃないな、と思われるのか、あまり実際の話には結びつきません(涙)。

私としてもこのWSは、社員の能力アップやモチベーションアップに直結するわけではなく、人生を考え直すキッカケになり転職してしまうようなケースも有り得るわけですから、社員研修向けではないと思っていました。


けれど今回はちょっと毛色が違い、中小企業診断士会の城北支部さまからのご依頼です。
http://rmcjouhoku.chicappa.jp/rmcjouhoku2/

中小企業診断士とは、大辞林で調べると「中小企業指導法に基づき、企業経営の分析・勧告・助言を行う経営問題の専門家」となっています。要するに中小企業の経営者をサポートしたり、助言やアドバイスを与える役割、ということかと思います。

経営者やそれをサポートする役目の方には、判断・決定というプロセスが大切になると思いますが、何が自分にとって本当に大切なことなのか、自分の人生の軸は何なのかを考える「死の体験旅行」は、そういった方たちにも適した内容なのかもしれません。

今までの受講者の中で判断・決定という面で印象深かったのは、とある厚生労働大臣経験者の方でした。思考も判断も非常に早く、正に即断即決という感じでした。

34699173_1661430143947808_7824615348778303488_n.jpg
ということで(はしょりすぎ?)中小企業診断士会向け開催の当日。今回はよくお世話になっている神谷町の光明寺さまのご本堂をお借りいたしました。
アクセスも良く雰囲気も良い本堂の中で、25名の方々が真摯に自分と向き合い、取捨選択を重ねていらっしゃいました。

今回のご経験が、受講者の皆さまご自身の人生に役立ってくれれば有り難いことですし、またもちろん「中小企業診断士」としての仕事の面でも役立ってくれれば嬉しいことです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

県民共済フレアさん写経2回目 [その他色々]

桜木町駅の目の前、県民共済フレアさんで2回目の写経会の依頼があり行って参りました。
1回目はこちら

梅雨入りしてしまったのでポツポツ雨が降っていますが、とても景色の良いお部屋。あまり人数が多くないとのことなので、思い立って席を窓向きにしてみました!
smallIMG_2366.jpg
なんということでしょう〜〜〜
写経に疲れた手を止め視線を上げると、そこには帆船の日本丸、みなとみらいコスモワールド、ランドマークタワーなどが一望できます!
時計を忘れた人も、観覧車を見れば正確な時刻もわかります。
なんて便利なのでしょう〜〜(笑)

3回目は9月5日ですが、残念ながら神奈川県民共済の組合員とその家族しか申し込めないのだそうです。
もし該当する方でご希望の方は、以下リンクをご覧ください (^人^)
http://www.kenminkyosai.or.jp/life/flare/koza/detail.php?courseid=2046

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog