So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ゴスペル&声明 [その他色々]

オシャレな街という印象が強い代官山。
しかしそこは戦前から各国の大使館や外国人学校、キリスト教会が多く、そのため空襲の標的にならない場所でもあったそうです。

大使館と教会。
言い換えれば、国家と宗教。
これはどちらも戦争の元になります。

そんな施設の多い代官山で、2016年から「代官山ノエル」という、人種や宗教を超えて平和を祈るイベントが開催されています。
「人種や宗教を超えて」と言っても、主催はキリスト教・プロテスタントの本多記念教会さん。
日程も12月23日で、そもそも「ノエル」がフランス語で「クリスマス」を指す言葉ですから、どうしてもクリスマスっぽい雰囲気にはなります。

でもそこに、寺社フェス向源の僧侶たちが昨年から協力をしています。
私も今回、ご協力をさせて頂きました。

sml.IMG_2630.jpg
まずは向源の名物でもある「お坊さんと話そう」
今回はクリスマス時期でお忙しい牧師さんも加わり、「牧師さん&お坊さんと話そう」に!
↑の写真に牧師さんが1人いますが、誰だか分かり……ますよね (^_^;) 

「話そう」ですが、この時期に代官山にいる方は幸せいっぱいかな、と思っていたのですが、仕事関係で悩みを抱えている方の想いを聴かせて頂きました。


もうひとつ出番があり、本多記念教会さんと、閉会セレモニーで声明(しょうみょう:歌のようなお経)の公演をさせて頂きました。

sml.IMG_2627.jpg
キャンドルイベントでもある代官山ノエル。
無数のロウソクが揺らめく幻想的な雰囲気の中…

48912107_435590143643502_4249312893155147776_n.jpg
合わぬ(笑)

閉会式セレモニーは夜、屋外だったので写真はありませんが、声明に始まり、地元高校のブラスバンド部の演奏、そしてゴスペル、聖歌。
寒い中でしたが、だんだん楽しくなってきて、一緒になって「オーハッピーデーイ!」と歌いながらリズムを取ってしまいました(笑)

映画『天使にラブソングを』が好きだったんですが、お寺でもこういうことができたら、また違った層の方が関心を持ってくださるのでしょうね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2019年1月号 [和庵だより]

◇ 2018年の漢字 ◇
スクリーンショット 2018-12-18 12-18 22.47.29.png
毎年、京都の清水寺の貫主さまが揮毫される今年の漢字が「災」になりました。たしかに災害が多い年でしたが、なにもそんな字を選ばなくても…と思ったものの、公募で決まった字が書かれるそうなので、貫主さまも仕方なく書かれたのでしょうね。

起こってしまった災害を無かったことにはできませんが、せめて元号も新しくなる2019年は「災い転じて福となす」という一年になってほしいと願うばかりです。ですがこの「福」というのも、なかなか難しいものがあります。なぜなら、福・幸せとは他者と比較の上に、相対的に成り立つものだからです。


人間の幸福感の研究によると、人は最低限の衣食住が満たされると大きな幸福感を感じるが、その衣食住が高価になることで得られる幸福感は小さいのだそうです。

例にあげられていたのは、アメリカの中間層(立派なマイホーム)とインドの人力車引き(壁がビニールシートの簡素な家)でしたが、両者が感じる「幸福度」は同等でした。


現代の私たちの生活と、親鸞聖人の生きた平安鎌倉時代を比べれば、アメリカとインドより差は大きくなります。電気はある、エアコンはある、車も飛行機もある。昔と比べれば現代人は夢のような豊かで便利な生活をしています。しかし誰もが幸福感に充ち満ちて生きているわけではないことは、皆さんもご承知の通りかと思います。

この先、どれだけ医学や科学が発展しても、物質的な充足を追い求める方向性では幸福感が満たされきることは無いでしょう。仏教で説かれる「足るを知る」「己を知る」道、つまり精神的な充足を求めることこそが、「災い転じて福となす」への近道になるのではないでしょうか。



◎ お 知 ら せ ◎

◎自死者追悼法要「いのちの日 いのちの時間 東京」無事終了しました
毎年12月1日に築地本願寺で行われる大法要、今年は過去最多の200名以上のご遺族が参集し、厳かに法要が執り行われました。

◎なごみ庵 報恩講法要 無事終了しました
参加者が大勢となったため、東神奈川の会議室をお借りして無事に開催いたしました。

◎代官山ノエル「お坊さん・牧師さんと話そう」協力 12月23日(日)13時〜
代官山の本多記念教会(キリスト教)主催で行われるクリスマスイベント「代官山ノエル」に協力します。正確には人種や宗教を越えたイベントとのことですが、「ノエル」という言葉そのものが「クリスマス」を意味し、主催も教会になっています。

私はヒルサイドプラザという場所で「お坊さん・牧師さんと話そう」というブースにおります。また15時と18時にはゴスペルや声明(歌のお経)のコンサートもあります。
街を上げての華やかなイベントですので、お時間のある方はぜひ遊びにいらしてください。

◎二歳参り 12月31日(月)22時ごろより
今年も大みそかの夜10時ごろから「二歳参り(ふたとせまいり)」を行います。
のんびりとご歓談いただき、年越しの時間はお経とお念仏で過ごします。
準備の都合上、ご参加の方はご連絡ください。

◦神之木地区センター写経会 1月から第1火曜日・第3火曜日の月2回に戻ります。ただ1月の第1火曜日は元日ですので、第2火曜日の8日と第3火曜日の15日になります。時間は18時30分より。
◦死の体験旅行 1月16日(水)19時 豊島区 金剛院/なごみ庵 1月以降 日程未定
◦自死遺族の集い 12月27日(木)/1月24日(木) 10時30分 築地本願寺にて

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

三千人 [死の体験旅行]

2013年のはじめに「死の体験旅行」を始め、2018年末、丸6年弱で受講者が3000人になりました。
死の体験旅行写真まちてら用.jpg
興味を持って受けてくださる方がいて、遠方でも招いてくださるお寺や団体があり、企業や職員の研修などもあり、振り返ってみればずいぶん積み重なっていたんだなぁと感慨深いです。

受講の方に「どこでお知りになったんですか?」と尋ねると、けっこう多くの方が「以前に受けた友人・知人に勧められて」とおっしゃいます。

もちろんテレビや新聞や雑誌を見てという方も多いのですが、口コミの力って強いんだなぁと感じます。

3000人の方、全てにとって有意義な体験だったとは、とても思っていません。
でも、このワークショップを受けて結婚や転職の決心を固めたり、自分の大切なものに気づけたとおっしゃって頂いたり、死にたい気持ちが生きたい気持ちに変わったと伝えてくださったり、亡くなった大切な方の気持ちに近づけたとおっしゃったり、多種多様なご感想を頂いてきました。

準備など大変な部分も多いのですが、これが無ければ接することが出来なかった人々と触れ合えるのが楽しくて、今まで続けてきました。
来年以降も、コツコツと積み重ねていこうと思います (^人^)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

報恩講 [布教所日記]

今年も12月第2日曜日の報恩講(ほうおんこう)法要が無事に勤まりました。

浄土真宗のお寺にとって最も大切な法要で、親鸞聖人の命日を機縁としています。
なごみ庵では基本的に唯一ご講師をお招きする場で、例年せま〜い なごみ庵が満席になり、12月なのにクーラーをかける事態になることもありますが…

今年は浄土宗の井上広法さん…というより「ぶっちゃけ寺」や林修先生の番組でお馴染みのお坊さん、と言った方が分かりやすいでしょうか。
sml.IMG_0867のコピー.jpg
そんなスペシャルゲストをお招きしたお陰か、大切な会議も兼ねたせいか、なごみ庵に全然入り切らない人数のご参加希望が(汗)

慌てて周辺を探すと、東神奈川に貸し会議室があったので、そこを抑えました。

sml.IMG_0836.jpg
当日の様子。
なごみ庵で過去最多は36名ですが、この日は50名になりました。広い会議室を予約できてホッとしました。

sml.IMG_0853.jpg
講師の井上広法さん。
話の内容もさることながら、テンポ・間・タイミングなど、大舞台で話し慣れている雰囲気がものすごく伝わってきて、同じく人前で話す機会のある自分としては非常に参考になりました。

写真は、話すことに疲れて急に積み木遊びをし始めた広法さん……ではなくて(笑)、最近力を入れている「いのちの積木」の実践中の様子です。
ご先祖さまを「見える化」するという、アイディアに溢れた彼らしい法話の様子です。

sml.IMG_0868のコピー.jpg
法話後の茶話会にも快く席について、ご来場の皆さまと談笑して頂きました。
そんな広法さんにプレゼント、なごみ庵坊守謹製の輪袈裟です!

実は手芸が趣味の坊守、着物や帯の生地を使って小物などを作っていたのですが、輪袈裟まで作るように…
そしてせっかく栃木からいらっしゃる講師のために、と心を込めて作りました。

ちなみに2人の輪袈裟、形が違いますが、これは宗派の違いによるもの。
向かって左の広法さんは浄土宗、右の私は浄土真宗です。
さらに言えば、同じように見える黒い衣も、浄土宗では改良服と呼び、浄土真宗では布袍(ふほう)や間衣(かんえ)なんて呼びますので、超宗派での行事の際は混乱が生じます(笑)

今年も諸々の行事が概ね終了しました。
関わって頂いた多くの皆さまに感謝を申し上げます (^人^)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog