So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不安に寄り添う [その他色々]

なごみ庵のご近所のOさん。
最初の来庵はお父さまとお嬢さんで、お母さまが危篤というご相談でした。

この種の相談は、その後体調が回復して「杞憂でしたね」ということも少なくありません。
しかしOさんの場合は本当に数日後にお母さまが亡くなり、事前に相談していた通りにお通夜・ご葬儀をさせて頂きました。


1年半後、今度はお父さまが危篤になり、お嬢さんが来庵されました。
そして今回も数日後、亡くなったと連絡があったのです。
前回はお父さまと一緒に母親を見送ったのですが、今回はお1人で、とても心細そうなご様子でした。

亡くなったその日、前回と同じ葬儀社にご遺体が運ばれることになり、近所ですので私もその車に飛び乗りました。
枕経をお勤めして失礼しようかとも思ったのですが、心細そうなOさんが気がかりで、葬儀社と打ち合わせをする間、ずっとご一緒させて頂きました。

葬儀社の方はさぞかし話しにくかったと思います。
後ほどお詫びを申しますと「ご住職がご一緒というのは初めてですが、お施主さまも心強かったと思います、有り難うございました」と仰って頂きました(まあ「邪魔だから帰れと思いました」とは言えませんものね(笑))。

pose_anshin_obasan.png
帰り道、Oさんからも「とても心強かったです」と仰って頂きました。
こちらは、1人で全てを決めるというのは不安もあるでしょうから、本心からの言葉かと思います。
そして数日後、無事にお通夜と葬儀をお勤めさせて頂くことができました。


行政書士の勝桂子さんが書かれた『聖の社会学』にこんな事例が紹介されていました。(現在購入できないため、図書館にてご覧ください)


聖の社会学 (イースト新書)

聖の社会学 (イースト新書)

  • 作者: 勝桂子
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2017/04/09
  • メディア: 新書


1人暮らしの祖母と、都会で働く孫(間の親は亡くなっています)。
祖母が施設に入ることになり、施設から「お孫さんだけでなく、近隣ですぐに連絡が取れる人を知らせておいてほしい」と言われますが、親戚と疎遠で頼める人がいない。
法要の件もあって菩提寺の住職に相談すると、その住職が連絡先を引き受けてくれた。

これを読んで、お寺と檀家さんの関係性は、お店と顧客という関係に留まらず、半ば親戚のような関係性も持ち得るのだということに気づかされました。

今回の私の行動も、やはりこれに通じるものがあったように思います。
核家族化と高齢化が進む日本社会ですから、今後はこういった要望も増えるのではないかと思いますが、少しでもご縁の方の不安を和らげられるよう、考えていきたいと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

偉丈夫のグリーフ [その他色々]

ご両親の葬儀がご縁で親しくなったHさん。
体格も良く、ダンディにヒゲを生やしていて、いかにも偉丈夫といった趣です。
また、偶然にも同じ高校出身ということで、勝手に親近感を抱いています。

おととし、91歳でお父さまが亡くなられました。
最近では珍しいほどのご長寿というほどではありませんが、Hさんはお父さまの晩年に寄り添い、しっかりと看取られたご様子でした。

そして昨年の夏、一周忌にお伺いしました。
ふとHさんと2人きりになる瞬間がありましたが、その時ポツリと「1年経つんですけど、寂しさ、悲しさが増していくんですよね…」と仰いました。
smallスクリーンショット 2018-03-02 03-02 9.32.11.jpg

ご長寿の男親を看取った息子、しかも前述の通りの偉丈夫が、ストレートに悲しみを吐露されたことに内心驚きを覚えました。
同時に、私などには伺い知れない父子の豊かな関係性があったのだろうな、と想像をしました。

私は
父子として何十年も過ごされたのです、1年や2年で寂しさや悲しさが無くなるはずはありません。
何年も経って悲しさがぶり返すこともあります。
残された者が悲しんでいても笑っていても、亡くなった方は仏さまとして穏やかに見守ってくださっていますから、心配せず悲しい時には涙を流してくださいね。
とお伝えしました。

法事の後のバタバタした時間でしたので、じっくりと話すことができなかったのが残念ですが、また初夏のころにお会いすることになります。
その時にまた、少しでもお気持ちをお聴かせ頂ければ有り難いな、と思っています。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

インプット 2DAYS [その他色々]

日数が短い2月、しかも月末に連日で勉強会がありました (T_T)


1日目は2年ほど前に学んだリブオン主催「僧侶のためのグリーフケア講座in東京」のOB会。
一緒に学んだ臨済宗、窪田充栄さんのお寺が、本堂・客殿・庫裏ともに新築されたので、その見学も兼ねて駒込へ。

リブオン https://www.live-on.me
勝林寺 https://www.mannen-syourinji.com

28514435_1736937366387670_609758435624602881_o.jpg
窪田さんは障害をお持ちのお子さんがいらっしゃるので、そこに目を向けた活動をされています。
写真はその一環で、車いすに載った恐竜が描かれたポスター。
車いすに乗っていることでハンデキャップを表し、様々な恐竜を描くことで「同じ恐竜でも、いろんな恐竜がいるんだよ」ということを表しているのだそうです。

他にもそれぞれの発表があり、卒業して2年間、皆さんがどういう活動をしてきたか、どうやって縁ある方々のグリーフに向き合ってきたかをお聴かせ頂きました。

う〜〜ん、皆さん頑張ってらっしゃいます!
私も触発され、改めてやる気が湧いてきました (^人^)


翌日は「未来の住職塾」1期生の勉強会…とは言っても何期生でも参加可でしたが、こちらは卒業後5年で、それぞれの「寺業計画」がどう進んだか、何が上手くいかなかったか、どれが成功したのかという発表がありました。
未来の住職塾 http://www.oteranomirai.or.jp

またその発表に対し、活発に質問やアドバイスが飛び交い、充実した時間になりました。
smallスクリーンショット 2018-03-01 03-01 10.44.55.jpg
写真は私の発表後に、浄土宗の井上広法さんがイチャモンを付けているところ(笑)
というのはウソで、アドバイスをして頂いているところです。


2日連続の学びは脳が疲れますね。
家の用事があって、2日間とも懇親会は参加できませんでしたが、それでなんとか体力がもったような気がします (^_^;) 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

第4回「死んでから書くエンディングノート」 [その他色々]

26952537_1644007315659374_3392993060558365348_o.jpg
今年1月の第3回に続き、4月9日(月)19時、渋谷で第4回の開催をいたします (^人^)

もうライフワークとなっている「死の体験旅行」と、マンダラエンディングノートの手法を組み合わせた内容で、こちら単体でも、「死の体験旅行」をお受け頂いた方も、どちらも新しい気持ちでお受け頂けるものになっています。

今までにお受け頂いた方々のご感想を、一部ご紹介いたします。

「ヒトとの関わりに強い関心を持っていることに気がついた。その割に、日常の中で、ヒトとの関わりに時間を割けていないことを思い出した。」(30代・男性)

「関わりの中で生きている、感謝を忘れないとの気づき。それには、怒りや、比較があったりするとダメ。この感情をどうするか、どう処理できるかが私の課題である。」(30代・女性)

「言葉に素直に耳を傾けることで、いろんな思いが湧いて出てきました。旅が素敵なものになるように生きたい。」(50代・男性)

ぜひ、あなたのご感想もお聴かせください (^人^)

主催 ビーエフェクトHP

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

芥川賞 授賞式出席 [その他色々]

ここのところ芥川賞の話題ばかりで恐縮ですが、今回は授賞式にご招待いただいたお話。

1月16日に発表があり、半月後ぐらいでしょうか、結婚式の招待状らしき封筒が届きました。
「あれ? 親戚や友人で結婚しそうな人いたっけな…?」と思いつつ裏を見ると、差し出し人は「日本文学振興会」とあります。

もしやと思って封を開けると、帝国ホテルで行われる芥川賞・直木賞の授賞式招待状でした!
このブログをご覧の方の中には「知人や遠い親戚が有名人になると、急に親しいようなフリをするヤツがいるが、浦上もそうではないか」と思われていた方もいらっしゃるかも……
しかしこれで、私は無二の親友!?であることが証明されたのです!

…と思ったら、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の仲間の多くに招待状が届いてました (^_^;) 


それはともかく、こんな機会はそうそうありません。
お誘い頂いた僧侶たちは「何を着ていく?」「何か持って行った方がいいのかな」と動揺を隠せません。特に服装が問題で、坊主頭である僧侶の集団がスーツで行くと、かなりアカン雰囲気になります。
石井遊佳さんのせっかくの晴れの舞台に「交遊関係がヤバい」と悪評が立ったら困ります。
ということで、男性僧侶の多くは法衣で伺うことに。

ちょうど当日は「僧侶の会」の活動日。午前の活動、午後の定例会を終え、招待を受けたメンバーはいそいそと帝国ホテルへ。
孔雀の間、というのが一番大きな部屋なんでしょうか、サッカーができそうなほど広い部屋です (。・・。) 
そこに人、ひと、ヒト…果たして何人いるのでしょうか。

18時の開会と同時にサクッと賞の贈呈式が行われ、受賞者や選考委員などのスピーチが続きます。我らが石井さんは関西出身らしく、ご両親をダシに笑いを取ってました。

そして宴席が始まり、私たちは「なんで坊さんの集団が?」という視線にめげず美味しい食事を楽しみました。
そして宴の終わり、受賞者と関係者の写真撮影が行われるというので壇上に。
私はちゃっかり石井さんの隣のポジションをせしめました(笑)
しかし石井さん、この会場でアナタが一番ラフな服装だよ!!(大笑)
smallIMG_0548.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

グイン・サーガで大発見! [その他色々]

小説『グイン・サーガ』をご存知でしょうか?
私が読み始めたのは中学生の頃なんですが、私が44歳になった今でも続いている超長編大河小説で、その巻数はなんと本編142巻、外伝27巻となっています。

中学、高校、大学、社会人、出家後と読み続け、2009年に著者の栗本薫さんが亡くなって未完の大作となるのか…と思っていたら、遺志を受け継ぐ2人の作家、五代ゆうさんと宵野ゆめさんによって物語が紡ぎ続けられ、まさにネバー・エンディング・ストーリーの様相を呈しています。

栗本薫さんは56歳という若さで亡くなったのですが、晩年は闘病をしながら執筆活動を続け、作品の中にも宗教的、仏教的な描写が増えていきました。すでに僧侶となっていた私は物語を楽しむだけではなく、栗本さんの中で研ぎ澄まされていく宗教性にも関心を持って読み続けていました。

さて、タイトルの「大発見」ですが、つい先日発刊された最新刊、142巻『翔けゆく風』の表紙を開いた時のことです。この作品の特徴として、表紙を開くと詩のような文章が書かれいることが多いのですが、まずはそれを引用させて頂きます。

 光明栄光 きわみなき
 ミロク尊者を 仰がなん
 濁世乱世の ちまたより
 光の王の み名のもと
 地上楽土の 途たずね
 人天の罪 みそなわし
 慈悲なる願を 建てたまい
 清き誓いぞ 守らなん

この詩の後に「新ミロク教徒のためのミロク頌歌(一)」と書かれています。
この作品では近年「ミロク教」という宗教が登場し、主要キャラクターがその宗教都市を舞台に冒険を繰り広げていますが、この詩はミロク教の歌の形式のお経、という位置づけでしょう。

miroku_bosatsu_zou.png
そもそも「ミロク」という言葉が仏教の「弥勒菩薩」から来ているのは明らかですが、私が発見したのは実際のお経との類似です。

浄土真宗の宗祖、親鸞聖人が書かれた「正信偈(しょうしんげ)」の現代語訳「しんじんのうた」というものがありますが、その冒頭8行はこうなっています。

 ひかりといのち きわみなき
 阿弥陀ほとけを 仰がなん
 法蔵比丘の いにしえに
 世自在王の みもとにて
 諸仏浄土の 因たずね
 人天のよしあし みそなわし
 すぐれし願を 建てたまい
 まれなる誓い おこします

いかがでしょうか。
説明も不要かと思いますが、言葉がそのまま使われている部分を赤、意味合いとして重なる部分を青にしました。3行目だけちょっと違いますが、筆者の五代ゆうさんは、確実に「しんじんのうた」を参考にしていると思われます。

自分が子どもの頃から大好きで読み続けている小説と、一所懸命に伝えている仏教に、これほどハッキリした接点ができて、とても嬉しい気分です。

五代さん、有り難う!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

仏道修行、人間修行 [その他色々]

お坊さんです、と言うと「修行が厳しいんですよね」「滝に打たれるんですよね」などとよく言われますが、浄土真宗は珍しい宗派で、いわゆる「修行」がありません。
taki_syugyou.png
なぜかというと、宗祖の親鸞聖人ご自身は比叡山で厳しい修行をされたものの、どうしても消しきれぬ煩悩を自覚し、修行では救われぬ自分を見つめ続け、ついに至ったのが阿弥陀仏に救いとられてゆく道だったからです。

ですので他宗派のお坊さんが積むような修行は一切無く、天台宗や日蓮宗、臨済宗などの修行が厳しい宗派の僧侶の話を聞くと頭が下がる思いがしつつ、内心ホッとしてしまいます(笑)。

先日、その厳しい修行の体験談をお聞きする機会がありました。おひとりは日蓮宗の久住謙昭さんによる荒行堂のお話、もうおひとりは天台宗の小野常寛さんによる回峰行のお話です。
smallIMG_2216.jpg
(右が日蓮宗の久住さん、左が天台宗の小野さん)

まずは日蓮宗の久住さん。
毎年11月1日〜2月10日までの100日間、千葉県の大荒行堂に籠もり、1日7日の水行をします。水行以外の時間は読経や写経をし続け、食事はお粥が1日2回。寒さ、疲労、栄養も充分でない状況で、今でも途中で亡くなる方がいらっしゃるのだそうです。

そして天台宗の小野さん。
小野さんは、非常に有名な千日回峰行の導入編とも言える百日回峰行に挑みました。比叡山内を裸足に草鞋で飛ぶように駆け抜ける修行で、途中でやめる場合は自決しなければならないという厳しさです。また、小僧(研修)期間を経て回峰行に入り、終えた後は奉公という期間もあるので、実質丸1年ほど比叡山に籠もるのだそうです。

もともと親しくさせて頂いているお二人ですが、その経験談に聴き入ってしまいました。そして非常に意外だったのは、発表後の質疑応答で私の「なぜ修行をするのか?」という問いへのお二人の答えです。
久住さんは「悟るためというより、人を救い導く僧侶になるため、心身を鍛える」と仰いました。
また小野さんは「悟るというよりも、釋尊の追体験をしている」と仰いました。

私はそれまで、厳しい修行をする宗派というのは、悟りを得るために修行をしているのだと思い込んでいました。しかし、このふたりは「そうではない」と捉えているのです。特に小野さんは「回峰行をすると、自分のダメな所ばかりが見えてくる」と仰いました。

浄土真宗の僧侶の中には、修行を無駄なものと否定する方もいらっしゃいます。でも親鸞聖人は、厳しい修行の経験があってこそお念仏の道を選ばれたのですから、修行の経験は決して無駄ではなかったと私は思います。
またお釈迦さまも、6年間の苦行を経た後に悟りに至りましたが、その苦行があったからこそ、悟りに至れたのだと思います。

浄土真宗の僧侶は悟りを目指す仏道修行はしませんが、だからこそ研鑽を積むことが大切だと思っています。自分のことで言えば、傾聴や自死遺族に関わる活動は、悩める人々の苦しみが少しでも軽くなるように精進しています。いわば仏道修行ではなく、人間修行を積んでいると言えるのかもしれません。

厳しい修行をしても、それを一過性のものとしてしまえば、せっかくの努力が薄まってしまうように感じます。また修行が無いことで努力まで放棄してしまっては、なんのための僧侶か分かりません。
宗派によって考え方は違いますが、やはりお互いに理解することで分かり合える部分が大きくなるのだと思います。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

芥川賞おめでとう! [その他色々]

昨年(2017年)の10月に、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」で共に活動する女性僧侶、石井遊佳さんが書いた小説が、新潮社新人賞を受賞したとお伝えしました。
http://753an.blog.so-net.ne.jp/2017-10-09

その作品『百年泥(ひゃくねんどろ)』が勢いに乗って芥川賞にノミネートされ、会の仲間は騒然となりました。
受賞したらえらいことだ…
いやいや、デビュー作でそこまでは…
受賞したら今までみたいに仲良くしてくれるかな…
色々な思いが湧き出てきましたが、とにもかくにも発表日である2018年1月16日19時を心待ちに。

ちょうど私は地区センターで写経会の真っ最中の時間帯です。
写経が始まる前の法話の中で「19時頃、私が『あ〜〜〜っ♫』と声を出したら受賞したと思ってください、『あっ・・・』だったらダメだったと思ってください」とご説明。

そして皆さんが集中して写経している中、私はスマホを操作し…『あ〜〜〜っ♫』
皆さんの集中力を思いっきり削いでしまいました(笑)
smallスクリーンショット 2018-01-16 01-16 23.14.11.jpg

それにしても嬉しいです。
人様のことでこんなに嬉しい気持ちになれるとは、自分でも驚いてしまいました。

石井さんは私より後に入会したので、年は少し上ですが後輩になります。
入会して間もなく、石井さんと私ともう1人の僧侶で、あるプロジェクトを担当しました。そのプロジェクトのリーフレットを作る際、石井さんは「私、文章書くの得意な方なので、叩き台を書きますね」と仰ってくれました。
今になって思うと、そりゃ得意どころじゃありませんよね (^_^;) 

後に芥川賞を取るお方などと露も知らず、出された文章に私ともう1人の僧侶はあーだこーだと注文をつけて手直しをしましたが、今思うと恐れ多いことでした (>_<)

そんな交流もあったので、ご主人の仕事の関係でインドに行ってしまうことになったのはとても残念でした。でも石井さんは、休暇で日本に帰ってくる時には必ず会の活動に顔を出してくれました。

受賞会見をネットで見ていると、本人は現在インド在住ですので電話での会見。
その中で、10代から日記を書き始め、20代後半から創作活動を開始し、本格的に作品を投稿し始めたのは30代と仰いました。40代を過ぎても自分を信じ続け、100作以上の小説を書き続け、ついに54歳で芥川賞の受賞となったのです。

宮本武蔵の言葉で「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす」というものがあります。1万日、つまり27年の歳月をかけてこそ本当の実力が備わるということでしょう。
創作活動を開始したのが27歳とすると、ちょうど1万日を過ぎ、武蔵の言葉通りその努力が結実したのです。

会見の最後に石井さんは「20代30代で受賞したら自分の力と思ったかもしれないが、今は自分の能力努力で受賞したとは全く思わない。助けてくれた人、支えてくれた人のお陰、感謝の気持ちでいっぱいです」と仰いました。

これからの石井さんの創作活動に期待していきたいと思います (^_^)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

はじめての瓜生さん [その他色々]

親しくさせて頂いている伊豆の正蓮寺さんで、毎月11日に法話会が開かれています。
http://www.shourenji.or.jp

ichigo-01.jpg
周辺はイチゴが名産ということもあり、「いちごいちえの法話カフェ」というネーミング。
こちらにお弟子さんのHくんと一緒にお伺いさせて頂きました。
便宜上「師と弟子」と表現していますが、肩を並べて共に法話のお聴聞に行けることが嬉しいです (^_^)

smallIMG_2269.jpg
写真は開会の挨拶をする住職の渡邉元浄さん。「いちごいちえの法話カフェ」のネーミングなど、相変わらずのセンスの良さです。

今回伺いたい思ったのは、以前からご法話を聴きたい聴きたいと念願していた瓜生崇さんがいらっしゃると耳にしたから。

smallIMG_2270.jpg
勝手に持っていたイメージでは、淡々とご法話をなさるのかと思っていたのですが…実際には全く逆で、とにかく熱い。
原稿も全く見ず(後で聞いたら用意しない流儀とのこと)、まくし立てるように法を説く瓜生師に圧倒されてしまいました。
「とにかく仏法を伝えたい」そんな思いが響いてくるご法話でした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

田園調布での講演(汗) [その他色々]

ご縁あって、シニアステーション田園調布さんで終活関連の講演をさせて頂きました。

田園調布といえば、高級住宅街としてよく知られる街です。なごみ庵と同じく東急東横線にその名の駅がありますが、駅周辺からなにやら高級な雰囲気が…道行く人も品よく感じられ、アパートやマンションはあまり見当たらず、大きな一軒家が建ち並びます。

smallIMG_2239.jpg
駅から5分ほど歩くと、シニアステーション田園調布さんに到着です。http://www.ikegami.or.jp/facility/tabid/240/Default.aspx

シニアステーションとは大田区にモデルケースとして設置されたもので、以前は「いこいの家」と言われていた施設と包括支援センターの機能を併せ持っているとのこと。

開始時間に合わせて続々と人が集まってきます。やはり何やら品の良い感じのお方たちで、講演もちゃんと耳を傾けて下さり、とても話しやすい環境でした。

スケジュールの関係で12月25日とクリスマス当日になりました。そんな日に僧侶の講演に足を運んで頂いた皆さま、また機会を与えて頂いた皆さま、どうも有り難うございました。

今年の講演の機会はこれで終了。
来年もご縁に恵まれて良い出会いがありますように…そうサンタクロースに願いたい気持ちになりながら、施設を後にしました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog