So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年9月号 [和庵だより]

◇ 平成最後の夏 ◇

最近はひんぱんに「異常気象」という言葉を聞くようになって、これだけ多いと本当に「常とは異なる」なのかどうか分からなくなってしまいます。

僧侶の立場で感じることは、やはり葬儀の多さです。特に手伝っているお寺では、早くからの猛暑がひと段落した8月に入ってから増えました。疲労の蓄積が間を置いて表面化しているようですので、皆さまも9月に入ったからと安心せず、どうぞ体調管理にお気をつけください。


「常と異なる」体験といえば、7月末に友人僧侶と共に、演劇に出演させて頂くご縁がありました。
劇作家の別役実さん作『雰囲気のある死体』は病院が舞台のブラックユーモア作品。1970〜80年代に書かれたもののようで、病室でタバコを吸うのがOKだったりナースステーションが「看護婦詰所」と呼ばれていたりするのが時代を感じます。
tatemono_hospital2.png
物語は、患者の増加で地下に急きょ作られた病室に入院患者が入ってくるシーンから始まります。しかしその病室の隣が霊安室だったのが騒動の原因で、個性的な登場人物が次々と現れたり、患者と遺体を取り違えたりと、ドタバタ劇が巻き起こります。

私は霊安室で読経(実際には無い状況ですが)するために病院にやってきた僧侶という役柄で、ラストシーンでは舞台上に1人取り残され、ご遺体に向かってお経をとなえ、幕が下ります。

この依頼、最初はどうしようか迷ったのですが、演出家の「騒動の中で『モノ』のように扱われてしまう『死体』が、僧侶によって尊厳ある『遺体』になる、そのリアリティが欲しい」という言葉でお受けさせて頂くことを決心しました。

亡き方を懇ろに弔うことによって、その尊厳を守り、ご遺族の心にほんの少しでも安寧が生じるようお手伝いをする。お芝居を通じて、改めて葬送儀礼の大切さを思い知ることができました。


◎ お 知 ら せ & ◇ ご 報 告

◎新WS「死んでから書くエンディングノート」 9月18日(火)19時より
マンダラエンディングノートと「死の体験旅行」のコラボ企画です。
通常のエンディングノートは事務的なことについて書くものが多いですが、マンダラエンディングノートは「自分の記憶や思い」に焦点を当てるものになっています、
東京都渋谷区文化総合センター大和田の学習室2で開催いたします。

◎秋のお彼岸法要 なごみ庵にて 9月23日(日祝)10時30分より
先月お知らせの通り、法要に続き絵本『地獄』の朗読と、それにちなんだ法話をいたします。お参りや法名奉読ご希望の方は、同封のお彼岸用の法名用紙をご使用ください。

◎動物追悼法要 なごみ庵にて 10月21日(日)13時より
以前から検討していたペットの追悼法要を、今年からお勤めいたします。
10月号にお申し込み用紙を同封させていただきます。

◎コラボ企画「仏教甘味と共に味わう 死の体験旅行」 11月10日(土)13時より
東京都港区芝の仏教伝道協会で、コラボ企画が開催されます。
虎ノ門の光明寺に勤め、スイーツ僧侶として名高い木原祐健さんが作る仏教にまつわる甘味、そして「死の体験旅行」を共に体験します。
来月号にご案内を同封しますが、早めに詳細をお知りになりたい方はご連絡ください。

◦神之木地区センター写経会  9月4日(火)18時30分
◦神之木地区センター笑いヨガ 9月10日(月)10時30分(12月まで毎月第2月曜)
◦死の体験旅行  9月10日(月)19時 豊島区 金剛院
◦自死遺族の集い 9月27日(木)10時30分 築地本願寺

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

初の街頭募金活動 [その他色々]

我ながら色々な活動に首を突っ込むタチだと思いますが(笑)、実は街頭募金活動というのをしたことがありませんでした(行事で募金を集めたことはありますが)。

今回、秋田の法友、日蓮宗の齋藤宣裕さんからお誘い頂き、JR目黒駅前で西日本豪雨災害の募金活動をお手伝いさせて頂くご縁がありました。
秋田最古の日蓮宗寺院 法華寺

なぜ秋田のお坊さんが都内で募金? と最初は思ったのですが、2011年の東日本大震災で被害を受け、その時に全国から様々な支援が東北に集まった、その恩返しがしたいとのこと。また本山の池上本門寺にいらっしゃる機会が多く、そこに合わせて都内でというお考えでした。

Facebookで仲間を募り、最終的には様々な宗派の5名の僧侶プラスお寺の奥さん1名が集まり、警察に許可を得て目黒駅周辺で募金活動をスタートしました。


私は初体験だったものの、齋藤さんは定期的に盲導犬の募金活動をしているそうで、とにかく慣れています。前述の警察への許可も事前に済ませ、大きなパネルや募金箱も全て自腹で準備してくださいました。

また、いざ募金を始めると立て板に水のようにお願いの言葉が出てきてビックリしました。黙って立っていればいいんじゃないんですね〜〜。
40448910_1076691785833335_2293441312621330432_n.jpg
<街に自然に溶け込むお坊さん、の図>

始める前は、誰も入れてくれないんじゃないか、と心配していたんですが、意外にも多くの方がご協力くださいます。何人か続けて入れてくださることもあれば、10分20分と誰も近づいてこない時間もあります。
ついつい人間観察なんかもしてしまって、ひそかに楽しんでしまいました (^_^;) 
40377684_1076691819166665_7965182387061522432_n.jpg
<笑顔でいようとして笑い過ぎのワタシ>

途中から2班に分かれ、私は齋藤さんとは違う班に。
声出し名人の齋藤さんがいないので、こちらの3人は徐々に自分で工夫して声を出すようになりました。必要は発達の母ですね (^_^)

2時間の募金活動を終えて集計すると、34,737円も集まっていました!
自分たちも募金したので、実質3万円弱ほどですが、それでも当初の「ほとんど集まらないんじゃないか」という心配はまったくの杞憂でした。これは、やはり僧衣を着ていたということが大きかったんじゃないかと思います。

集まった募金は、被災地でボランティア活動を行っている全日本仏教青年会に全額寄付をさせて頂きます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

死の体験旅行in札幌 [死の体験旅行]

7月上旬に大阪で「死の体験旅行」の出張開催をいたしましたが、8月末は札幌での出張開催です!
大阪1日目  大阪2日目

猛暑の本州を脱出して涼しい北海道で数日のバケーション♬…と思っていたら、前後に予定がビッシリ入り、ほぼ自由時間ナシの1泊となりました (>_<)

しかも7月の大阪に続いて今回も台風にぶつかってしまい…何か悪いことをしただろうか… (T_T)


さて、気を取り直して今回のご縁についてです。
グリーフケアの専門家、尾角光美さんによる僧侶向けグリーフケア講座が各地で開催されていて、私は東京の受講生。そして今回企画して頂いたのは札幌受講生の玉置さんと内平さん(未来の住職塾でもご縁が繋がっています)。
一般社団法人リブオン 
未来の住職塾 

会場は札幌駅から地下鉄で15分ほど、内平さんが副住職を務める浄土真宗本願寺派の覚王寺さま

このお寺がまあ……
sml.IMG_2474.jpg

sml.IMG_2476.jpg
立派なお寺でございます (。・・。) 
2枚目はワークショップ会場になった本堂ですが、広い! キレイ!
この他にも第2本堂としても使えるホールがあり、少人数の法事に対応する仏間があり…
仏間といっても、なごみ庵本堂の2倍ほどの広さです (T_T)

こちらのご本堂で、1日目の夜、そして2日目の昼と「死の体験旅行」を開催させて頂き、主催のお二人のご尽力で2回とも満席となりました。

今回は都合がつかなかったけど、ぜひ受けたいという方もいらっしゃるそうで、いずれ次回の開催もという話も出ました。

サッポロ! また来るぞ!(そして次回はフリータイムを……!)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

仏教死生観研究会 発足! [死の体験旅行]

任意団体として「仏教死生観研究会」を発足しました!
スクリーンショット 2018-08-06 08-06 8.14.06.png
これまでワークショップ「死の体験旅行」を続けてきて、強い要望をお持ちの僧侶数名に内容を伝授してきましたが、その方々から声が上がり、会の発足に到りました。

以下、HPにも掲載している理念と経緯です。
https://bvld.info


仏教死生観研究会 設立の理念と経緯

医療が進歩した現代、私たちの視界から「死」が隠れ、死生観は希薄になりつつあります。
しかし、これから多くの方が亡くなる時代、改めて死生観や死後観が問われることになるでしょう。

私が主催するワークショップ「死の体験旅行(R)」は、もともとホスピススタッフの研修として開発されたものと言われています。
このワークショップを通して、これから死に関わっていく私たちの死生観を醸成していきたいと考えています。

また、仏教は長きにわたり日本人の死生観を培ってきました。
そこに身を置く僧侶が、仏教の叡知や「死の体験旅行」などの手法を用いて、死生観について人々とともに思惟し、よりそい、心の安寧を図ること。

それこそが今後、私たち僧侶の重要な役割になっていくものと信じ、それに賛同してくださった宗派・地域を越えた法友とともに、2018年4月8日、「仏教死生観研究会」を立ち上げました。

精進を重ねて参ります、どうぞよろしくお願い申し上げます。

合掌
仏教死生観研究会 代表 浦上哲也

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

演劇『雰囲気のある死体』出演! [その他色々]

ひょんなことから、お芝居に出演させて頂きました!

舞台役者でもある坊守(お寺の奥さん)の役者仲間から「今度の芝居に、本物のお坊さんに出て欲しいんだけど…」という相談がありました。

話を伺うと、劇作家の別役実さんの『雰囲気のある死体』を公演することになり、ラストシーンに僧侶が登場するのだけど、役者が僧侶を演じるのではなく本物の僧侶に出て欲しいとのこと。

『雰囲気のある死体』は病院を舞台にしたブラックコメディで、バタバタと様々な事件が巻き起こり、死体と病人が取り違えられそうになってしまう展開。
そのバタバタの中で死体はモノのようにぞんざいに扱われてしまうが、一歩下がって冷静に見ていた僧侶がラストシーンでその死体に弔いの経を唱える。

相談を持ちかけていらした「演劇集団 五色の花」主催の玉野井直樹さん言葉を借りると…
僧侶が丁寧に読経をすることで、ぞんざいに扱われていた「死体」が尊厳のある「遺体」になっていく。そこにリアリティが欲しい。
その言葉が心に響き、「お手伝いをさせてください!」とついウッカリ言ってしまいました(笑)。

ただお芝居は複数日数あって自分1人では不安でしたので、稽古場や劇場へのアクセスも考慮し、西新宿の淨音寺、高山一正住職に声をかけさせて頂きました。
とはいえ高山さんは私などと違って真面目で控えめな性格。お芝居に出るなんて話は断られてしまうだろうな…と思っていたのですが、思いがけずOKを頂いてビックリ (。・・。) 

そんなわけで、何度か稽古場に顔を出しつつ、ついに迎えた公演本番。
衣装は僧衣、芝居は必要ナシ、セリフはお経のみという、ある意味普段の法事などと変わらないのですが、観客が注目する舞台に上がるというのは緊張感のあるものです。
本番でも稽古場でも色々な学びがあり、普段の生活とは違った場に立たせて頂いて、高山さんも私も実りのある時間を過ごさせて頂きました。

smallIMG_2454.jpg
舞台は病院の地下にある病室。
隣が霊安室ということが悲劇(喜劇?)の引き金に…

DSC_1214.JPG
千秋楽を終えて集合写真(ちゃっかりセンター)。
何度も上演されてきた作品だけれども、坊さんが本物だったり、遺体役を実際に人が演じたりするのは初めてではないだろうか、とのことでした (^_^;) 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年8月号 [和庵だより]

◇ 坊さんぽ 大阪編 ◇

 散歩をしに行ったわけではありませんが、7月上旬に大阪で講師に招かれ、以前からお参りに伺いたかったお寺を巡って参りました。


 まずはお招き頂いた本願寺派の別院、北御堂大谷派の別院である南御堂と同じ大通りに面し、御堂筋の名前の由来になりました。『雨の御堂筋』という人気曲もあり、そのイメージで勝手にネオン街を想像していましたが、東京で言えば丸の内や大手町のような大通りでした。また本願寺派の北御堂も大谷派の南御堂も、巨大といっていいほどの立派な寺院でした。

 浄土宗の一心寺。こちらは参詣者が納めたお骨を材料に、10年ごとに「骨仏」と呼ばれる仏像を作り安置しているお寺です。だいたい等身大ほどの阿弥陀如来座像ですが、あまりにも参詣者が多いので、実際に仏像に使われるお骨はほんの一部だろう、と地元の方は仰っていました。

 和宗の四天王寺。こちらは聖徳太子建立と伝わる日本最古の寺院のひとつ。今は「供養の総合デパート」といった雰囲気ですが、聖徳太子の時代には民衆救済の寺として知られていて、境内には療病院(病院施設)・施薬院(薬局)・悲田院(傷病人・障害者・高齢者の入居施設)が立ち並んでいたそうです。

 臨済宗系の往生院六萬寺。こちらは有名観光寺院ではなく、「お坊さんQ&A ハスノハ」で共に回答僧をつとめる川口英俊さんのお寺。
 境内奥に広がる山に、古来の修験者が修行していた滝が見つかり、つい先日滝行を復活させたというので、お誘いを受け人生初の滝行を体験させて頂きました。夏場なので涼しくていいな、と思いきや、やはり山の水は冷たく、ほんの数分滝に打たれるのが精一杯でした。


◎ お 知 ら せ & ◇ ご 報 告

◎盂蘭盆会法要 なごみ庵にて 8月12日(日)10時30分より
なごみ庵では7月・8月のいずれもお盆法要をお勤めいたします。
出席のご予定の方は、準備の都合上、なるべくご連絡をお願いいたします。
また、個別にお盆法要や初盆法要のお勤めをご希望の方は、お寺までご連絡ください。
お盆は法要のご依頼が重なりますので、お早めのご相談をお願いいたします。

◎秋のお彼岸法要 なごみ庵にて 9月23日(日祝)10時30分より
別紙の通り、絵本『地獄』の朗読と、それにちなんだ法話をいたします。
お彼岸用の法名用紙は、次号に同封いたします。

◎動物追悼法要 なごみ庵にて 10月21日(日)13時より
以前から考えていたペットの追悼法要を、今年からお勤めいたします。
詳細は追ってお知らせいたします。

◇西日本豪雨災害への義捐金
連日報道されています通り、西日本で大雨による甚大な被害が発生しています。
「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の姉妹グループが本願寺広島別院を拠点に活動していますが、現在はボランティアセンターにもなっています。高圧洗浄器などの機器が不足しているとのことなので、なごみ庵に集まった浄財から義捐金を送らせて頂きました。

◦神之木地区センター写経会  8月7日(火)18時30分
◦神之木地区センター笑いヨガ 8月13日(月)10時30分(12月まで毎月第2月曜)
◦死の体験旅行  8月15日(水)19時 豊島区 金剛院
◦自死遺族の集い 8月23日(木)10時30分 築地本願寺

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

お花をお供えするということ [その他色々]

近所のスーパーに、仏花に関する貼り紙がありました。
smallIMG_2447.jpg
まさかスーパーで仏教に触れた貼り紙があるとは予想外で、嬉しくなってFacebookに投稿したところ、思いがけず大きな反響がありました。また様々なご意見を頂き、仏花ひとつとっても色々な意味があるのだな、と学ばせて頂きました。

基本的に好意的な意見が多かったのですが、やがて「下と上に書いてあることが矛盾してない?(浄土宗:加用雅信さん)」という意見が出ました。
よく見ると下には「仏さまに仏花をお供えする」という趣旨が書かれていて、上には「仏花は仏さまにお供えするものではない」という趣旨が書いてあります。確かに矛盾していて、一般の方がこれを見たら「どっちやねん」と感じるでしょう。
また上には、「仏花は仏様にお供えするものではない」と言い切っていて、これに違和感を覚える僧侶も多くいらっしゃいました。

上のポップで言いたいことは「仏花は仏さまにお供えするだけの意味ではない」ということでしょう。
「短い期間でしおれ、枯れていく花を見ることによって、いのちの有限性に気づく。そこから故人への思いを深めたり、いま自分が生きていることを感謝するという意味もあるんだよ」と伝えたいのだと思います。

また、このような考え方は浄土真宗的な傾向があります。
浄土真宗では「供養」という概念があまり無く、お供えや法事を「故人のため」というよりは「実は自分に向けられているもの」という捉え方をします。
けれどそれは仏教全体としてはやや特殊な考えともいえ、そこに関しても様々な宗派の僧侶からご意見を頂けましたので、長くなりますがご紹介させて頂きます。


・お経に「願心清浄」とあるように、尊い存在(仏さまやご先祖さま)にお花やお菓子をお供えしたいという、その心が尊いのです(浄土宗:長谷雄蓮華さん)。

・仏花は仏さまにお供えするものであり、回向してこちらを向いていると考えていた(天台宗:小野常寛さん)。

・こういう解釈もありだとは思うけれど、仏さまへのお供えではないと否定している部分はおかしいのではないか(真言宗:塚越秀成さん)。

・真言宗的には、荘厳を整える(美しく飾る)という意味だと思う(真言宗:増田俊康さん)。

・我流だが、仏花はお浄土の美しさ、灯明はお浄土の確かさ・頼もしさ、お香はお浄土の清らかさをそれぞれ表していると説明している(浄土真宗:竹柴俊徳さん)。

・真言宗では場合によってトゲのある植物を使うこともある。また六種供養の考え方から花は忍辱を表すという教えもある(真言宗:色摩真了さん)。

・敬意を込めて物や行いを捧げ奉仕すること、またその善果を回向することの一環として捉えていました(浄土宗:伊藤竜信さん)。

・花は種から芽を出して暑さや寒さに耐えて花を咲かせることから、耐え忍ぶことを表しています。また、花を見る者の怒りを鎮める役割もあります。つまり、仏花を供えるということは耐え忍び、怒るなという教えにつながっています。六波羅蜜の忍辱です(真言宗:中村一善さん)。

それを踏まえて、大きく文章を変えず、より正しく表現すると以下のようになるでしょうか(もとの文案:天台宗:染川智勇さん)
仏花は仏さまにお供えするだけの意味ではない…ってご存知でしたか?
お供えを通して仏さまが説かれた「命あるものはいつか死ぬ」という命のはかなさを再確認させてらうために、生花を供えるのだともいえます。
仏花を見ることで、故人を想い生きている大切さを感じる。
仏花をお参りする人に向けて供えるのには、そんな意味もあるのです。


スーパーの店員さんに聞くと、この貼り紙はジェルフラワーという生花の会社が作ったものとのこと。
http://www.jelflower.com

連絡をとって色々とお伝えさせて頂いたので、そのうちより正確な内容に直っていて欲しいと願っています。

追記:花屋さんに連絡を取ると、この貼り紙を作った方は退職し、連絡の取れない状態とのことでした。どういった経緯で仏花について調べ、この文面を作ったかお聴きしたかったので残念でした。

追記2:禅の世界観では「美しい」と素直に感じた気持ちを尊重し、また「亡き方にお供えしたい」という素直な気持ちを大切にする。不立文字という言葉がある通り、説明より感覚を大切にする(臨済宗:藤尾聡允さん)

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

雨の大阪行 その2 [その他色々]

1日目はこちら

そんなこんなで2日目。
台風は日本海側に抜けたものの、大阪は朝から大雨です。

そんな中、「御堂筋」の名称の由来となった浄土真宗の東西本願寺別院をお参りさせて頂きます。
smallIMG_2425.jpg
こちらは大谷派(お東)の難波別院、通称 南御堂
あまり段差のない平たい作りになっていて、その部分が北御堂と対照的です。平成30年7月現在は大掛かりな工事が行われていて、宿泊施設を兼ねた山門を建築しているとのことでした。

smallIMG_2429.jpg
こちらが昨晩も訪れた本願寺派(お西)の津村別院、通称 北御堂
南御堂に比べ上方向に建築されていて、写真では巨大さがイマイチ伝わらない本堂はエレベーターでも上がることができます。

両御堂をお参りした後は、以前からお参りさせて頂きたかった東大阪市 往生院六萬寺さま。こちらはお坊さんQ&A hasunohaで親交のある川口英俊さんが副住職を勤めるお寺です。

往生院六萬寺HP http://oujyouin.com
hasunoha 川口さんページ https://hasunoha.jp/users/16

有名な花園ラグビー場の最寄り、東花園駅まで車でお迎えを頂戴し、大阪を一望できる高台のお寺へ。
smallIMG_2432.jpg

こちらの往生院六萬寺さま周辺は、古くは修験道の修行場だったそうです。しかも、そういった山は女人禁制という場合が少なくありませんが、こちらは男女平等に修行ができる珍しい場所でした。

ごく最近(平成30年4月)に滝行場の跡と思われる台石が発掘され、そこから整備を行い、長い時を経て滝行のお寺として6月末に復活したばかり。
「せっかくですので」とお誘い頂き、私も人生初の滝行にチャレンジさせて頂きました。
smallIMG_2436.jpg
お寺の奥の高台から、さらに山中に踏み込んで10分ほど歩くと滝行場に到着します。
白いふんどしと白衣に着替え、川口さんを導師として読経。

smallIMG_2437.jpg
先に川口さんが見本を見せてくださいました。
大音声で真言を称えていらっしゃるので、雄々しい表情です。

smallIMG_2439.jpg
見よう見まねで私。
真言は知らないので、浄土真宗のお経「重誓偈」を称えますが、フタ空けっぱなしのコーラみたいな表情(笑)
自分が普段、どんな表情で読経しているのかが分かりました (^_^;) 

雨とはいえ蒸し暑い時期でしたので、始める前は「気持ち良さそうだな〜」と思っていましたが、やはりそこは山の水。思ったよりも冷たくて、打たれ続けながら声を出すのは少し難しいほどです。こういう時は、淡々とした読経よりも、声を張って真言を称える方が適しているのだな、と感じました。


ということで2日間の大阪行。
結局プランを立ててて訪れたのは全てお寺でした(笑)。

台風の接近で一時は訪問も危ぶまれましたが、なんとか無事に往復することができました。
ただ、翌日から西日本を中心に記録的な大雨の被害が広がり、多数の犠牲者が出ております。
衷心より哀悼の意を表します。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

雨の大阪行 その1 [死の体験旅行]

大阪にはこれまであまり縁が無かったのですが、浄土真宗本願寺派の青年布教団から「死の体験旅行」のご依頼を受け、同宗派の津村別院に伺うことになりました。ちなみに大阪の方に「津村別院」と言ってもピンと来ず、「北御堂(きたみどう)」と言わなければ伝わりません。有名な歌『雨の御堂筋』は、この北御堂と、真宗大谷派の難波別院(南御堂)が面する大通り(関西では「通り」を「筋」と言うようです)を舞台にしています。

そんなわけで「雨の御堂筋だ〜〜」と大阪行を喜んでいたら、台風7号の影響で2日間とも悪天候になり、ホントに雨の御堂筋をウロウロする羽目になってしまいました (>_<)


それはともかく1日目。
ワークショップは夕方からだったので、早めに大阪に入り、まずは以前から一度お参りしたかった浄土宗の一心寺さまへ。
smallIMG_2412.jpg
一心寺さまは「お骨仏のお寺」として知られています。宗派を問わず参詣者から納められたお骨を預かり、10年ごとに仏像に加工しています。
smallIMG_2410.jpg
写真、白く見えているのが最も新しい14期(平成19〜28年)のお骨仏。先の大阪地震で光背が破損してしまい修復中とのこと。またその右にボンヤリ見えるのは13期のお骨仏。ロウソクのススやお香の煙で、徐々に色が濃くなっていくようです。

雨の中、多くの参詣者がお参りにやってきていました。
年配の女性とその娘らしき二人連れに「いま手を合わせていらっしゃる仏さまに、ご家族のお骨が含まれているのですか?」とお尋ねすると、母親は「そうなんや〜」と仰る。しかし間髪入れず娘さんが「お母さん、お父さんのお骨はあっちや」とツッコんでいて、さすが関西の方はお参りの時もユーモアを忘れないのだと感服しました(笑)。

ちなみにお骨仏は7〜14期までの8体しか無かったので、職員さんに「それ以前のものは?」と尋ねると「戦争で破壊されてしまい、その欠片を拾い集めて作ったお骨仏が7期のものです」とのことでした。


一心寺さまから徒歩で和宗総本山 四天王寺さまに移動します。
こちらは聖徳太子建立と伝わる、日本で最古の寺院のひとつです。もとは天台宗だったようですが、現在は和宗の総本山となっています。

古くはお寺としての機能の他に「四箇院(しかいん)」と呼ばれる人民救済の建築物があり、今風に言えば「総合福祉施設」としての面も持っていたお寺です。
これからのお寺や僧侶は、再びそういった機能を取り戻さなければならないと常々思っていますので、ぜひお参りしておきたいお寺でした。

講題な敷地に様々なお堂や尊像があり、その中には…
smallIMG_2415.jpg
親鸞聖人をまつる見真堂

smallIMG_2417.jpg
かと思えば弘法大師の像や…

smallIMG_2418.jpg
法然上人の像まで!

一心寺さまと同じく、宗派に関わらず多くの方が参詣されるとのことで、様々な方が手を合わせられるような環境が整えられていました。
いえ、整えられていたというよりは、雑然とした信仰を全て懐深く引き受けている、そんな印象を持ちました。


雨で蒸し暑い中でしたが、以前からお参りをしたかった二ヶ寺を巡り、満足感のある大阪行初日でした……
あっ!
も、もちろん夕方から始まるワークショップもしっかりと講師を勤めさせて頂きました。21名の熱心な僧侶の方々にお受け頂き、その後の懇親会も熱のこもったものになりました (^人^)

2日目に続く

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

W杯「他力本願」じゃいけない [その他色々]

久々の「いけない」シリーズ!

日本時間の2018年6月28日夜に開催されたサッカー・ロシアW杯。
日本のグループリーグ最終ポーランド戦を、「ああ、こりゃ明日のニュースは仏教用語の誤用が連発するだろうなぁ… (-_-;) 」と思いながら観ていました。

その仏教用語とは、『他力本願』
スクリーンショット 2018-06-29 06-29 21.18.51.png
翌日夜、Yahoo!ニュースのスポーツカテゴリーに限って「他力本願」を検索すると、62件の記事や写真がヒット。しかしよく見ると競馬や野球の話題も混じっているので、「他力本願 ポーランド」で検索しなおすと41件ヒット。これはほぼ全て、昨晩のW杯に関する記事のようです。

ほとんどの方がご存知と思いますが、4チーム中2チームが決勝ラウンドに進出できるという状況で、対戦国ポーランドに1点先制された日本が、他会場の試合の様子を見ながら、「1点差負けなら決勝ラウンド進出できそうだから、攻めずにパス回しをしよう」という戦術を選択しました。
他会場の試合の行方に自分たちの命運を賭けたその姿が「他力本願」と揶揄されているワケです。
(ちなみに、サッカーに詳しくない私はその戦術の是非についてとやかく言う気は全くありませんが、非難をする方の気持ちもわかりますし、逆に称賛する方の気持ちもわかります)


さて、ここで「他力本願」で辞書を引いてみましょう。
まずは大辞林。

①  〘仏〙 弥陀の本願の力に頼って成仏すること。
②  〔本来的な意味からはまちがった用法〕 他人の力に頼って事をなすこと。
①の最初の「仏」は「仏教用語」の意味です。そしてその言葉に複数の意味がある場合、最初に出てくる説明が本来の意味です。
けれどほとんどの人は、本来は誤用である②の意味で使っています。

次に世界大百科事典
阿弥陀仏が一切の衆生を救済しようとしておこした誓願。また浄土教で他力の弥陀の本願を頼むことをいう。
他力とはみずからの力によらないで,仏・菩薩の力によって救われること,とくに阿弥陀仏の四十八願,別しては第18願による救済をさす。
浄土教では浄土門・念仏行を他力とし,聖道(しようどう)門・余行を自力(じりき)とする。また他力を他力本願の意とし,本願によらないものを自力とする。
阿弥陀仏の本願力を名づけて他力とし,仏の本願力を頼む念仏を他力の念仏として,阿弥陀仏の本願力すなわち他力を頼んで,念仏による往生浄土を願うことを他力本願という。


なんだかややこしくなってきましたが、つまり本来の「他力本願」とは…
対象:他の誰かさんではなく、阿弥陀如来
目的:決勝ラウンド進出ではなく、成仏
この状況でのみ使うべき仏教の大切な言葉であって、野球とかサッカーとか政治とかで使ってほしくないんです!! (>_<)

とは言え、字面で誤解・誤用されてしまうのは仕方ないことだと思います。また辞書に複数の意味が載ってしまっている以上、誤用とも言い切れません。せめて昔のお坊さんが「阿弥陀力本願」とか「仏力本願」という言葉にしてくれていたら誤解も減らせたかもしれませんが、タイムマシンも無いので変えようがありません。

そこで「他力本願」の誤用を減らすため、新たな言葉を考えることにしました!
一般に願いごとをするのは神仏などです。
けれどサッカーの神さまなどいるのでしょうか…
Googleで検索すると…
pele.jpg
ペレ

ということで、今後はサッカーで「他力本願」という言葉を使いたい場合は…
「ペレ力本願」を使って頂けるようお願い申し上げます m(_ _)m

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog